三重からJリーグ昇格を目指す、私たちヴィアティン三重は、JFL昇格のチャンスを掴むために、愛媛県で開催される全国大会「第52回全国社会人サッカー選手権大会(全社)」に出場します!全国から集った32チームがトーナメントで闘う熱い5日間、地域とともにJを目指す私たちと想いをひとつにし、共に闘いましょう!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

私たちは三重県からJリーグ入りを目指して活動する「ヴィアティン三重」というサッカークラブです。2012年にクラブを創設し、現在は東海社会人サッカーリーグ1部に参戦しております。

この度、10月に愛媛県で開催される全国大会「第52回全国社会人サッカー選手権大会」の出場に際して、クラウドファンディングを利用してファン、サポーターの皆さんにご支援をお願いすることを決めました。

★このプロジェクトで実現したいこと★★★★★

開催地・愛媛県までの交通費+遠征中の宿泊費
約90万円〜160万円の一部となる60万円を目標額
に設定し、ご支援を募ります。

1試合で負けた場合と、5試合勝ち続けた場合を想定して
金額に幅を持たせております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
▼プロジェクトをやろうと思った理由

第52回全国社会人サッカー選手権大会(以下・全社)は2016/10/21(金)~2016/10/26(水)の6日間(初日は開会式のみ)、愛媛県にて開催されます。愛媛県内の6つの会場で試合が行われるこの大会は、JFL昇格に繋がる11月に行われる全国大会「全国地域チャンピオンズリーグ2016(通称・地決)」への出場権を勝ち取るための重要な大会です。

※地決への進出条件は割愛します。JFAのホームページをご覧ください。
 全社詳細:JFAホームページ
 地決詳細:JFAホームページ

昨年、岩手県で開催されたこの大会(第51回全社)に出場しましたが、残念ながら初戦を突破することが出来ず、無念の1回戦敗退となり、地決に進出することができませんでした。

今年も4月の三重県選手権、7月に行われた東海地区大会を勝ち抜き、本戦出場を決めることができましたので、日頃から応援してくださっている皆さんと、四国・愛媛の地で共に闘い、昨年の岩手での無念を晴らしたいと思っています!

三重県からJリーグ入りを目指すためには絶対に超えなければならないハードルのひとつに、三重のみなさんと共に闘い、共にチャレンジし、共に目標を達成したいと強く願っております。

▼資金の使い道

昨年、岩手までバス移動で往復し、交通費と選手・スタッフの宿泊費で100万円近くの費用がかかりました。今回、距離は幾分近くなりますが、およそ90万円〜150万円ほどの旅費がかかる見込みです(移動手段は検討中)。

今回はこの旅費の一部となる60万円を目標額に設定し、ファン・サポーターの皆さんのご支援をお願いするべくクラウドファンディングにチャレンジすることとなりました。

※なお、目標額の60万円を超えた金額については、遠征先での食事代・補食代、今後の活動資金として有効活用させていただきます。予めご了承ください。

☆リターン品について☆☆☆☆☆☆
① 3,000円
「熱い想いをダンマクに込めて、愛媛で共に闘おう!」

横断幕(ダンマク)に支援者全員のお名前を入れ、試合会場に掲げて共に闘います!遠征終了後、横断幕を掲げた選手の集合写真をお送りさせていただきます。

② 10,000円
「全社2016愛媛・記念Tシャツ(非売品)+ ①ダンマク名前入れ」

非売品の全社2016愛媛出場記念Tシャツをお送りします!1年に一度の負けられない闘いのメモリアルアイテムです!

あわせて①と同様にダンマクにお名前を入れさせていただきます。

※リターン品のTシャツのサイズごとに項目が分かれております。ご希望のサイズの項目にてお申し込み下さい。S〜XLサイズからお選び下さい。

③ 50,000円
「限定10名!選手全員のサイン入りボール」+①ダンマク名前入れ」

サッカーボールに選手全員のサインを入れて限定10名様にリターン!(※記念プレート付き台座が付属します)

あわせて①と同様にダンマクにお名前を入れさせていただきます。

▼最後に

私たちヴィアティン三重は、三重県からJリーグを目指し、地域の沢山の企業様、ファンの皆様に支えられて日々活動しております。ひとことで「Jリーグ入り」と言っても、超えなければならないハードルがいくつもあります。この全社(全国社会人サッカー選手権大会)もそのひとつです。

チームの悲願はもはや私たちだけのものではなく、三重県でサッカーに関わる全ての人、そしてヴィアティンに関心を持って頂いている全ての方々の悲願だと感じています。そんなみなさんの想いと共に、力の限り最後まで闘い抜く所存です。「三重県にJにリーグチームを!」三重の誇りを胸に、私たちと共に闘いましょう!いざ、共闘。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください