みんなで作って、みんなで食べる。食卓のシェアで子どもの「生きる力」を育みたい!

集まった支援総額
¥383,000
パトロン数
61人
募集終了まで残り
終了

現在127%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、2017/12/09に募集を開始し、61人の支援により383,000円の資金を集め、2018/01/30 23:59に募集を終了しました

「みんなで作って、みんなで食べる」孤食や所得格差による欠食など、現代における「食」の問題は深刻です。家族や仲間、地域とのコミュニケーション機会を創出しながら、未来を担う子どもたちへ「食べる力」を継承していきたい。じぶんたちのまちをじぶんたちで良くしていく「食卓のシェア」の取り組みです。

目標金額達成!更なる意思表明を集めています!

ここまで応援いただき、本当にありがとうございます!

本プロジェクト終了まで残り数時間となりましたが、これから新たにネクストゴールとして下記の目標を設定することに決めました。

パトロン:100名
目標金額:600,000円

当初からお伝えしていた通り、私たちはこの「あえる」を通じて「まちの課題を、まちの人たちの力で解決する」ということをミッションに掲げておりました。
そのためには、地域に生きる人たちの、地域に対する「無関心」を取り払わなければいけません。

ひとりでも多くの人が、まちに対する理解の目を持ってもらうこと。
まちの抱える問題に関心をもち、「ジブンゴト」として考えていくこと。

そんな人たちの決意表明として、100名分の声を集めていきたいのです。

追加の300,000円は、「あえる」2拠点目の立上資金および普及用のマニュアル冊子作成に活用させていただきます。

まちキッチン「あえる」は、ひとつの拠点で行っていても意味がありません。
なぜなら、私たちがこの取り組みに参加してほしい層-地域の子どもたちや高齢の方々-は、必ずしも電車や車で好きに移動できるわけではないからです。
じぶんの足で来られるエリアで、そのまちに根付いた共同体として「あえる」を作っていかなければなりません。

今後私たち普及委員会を中心に「あえる」ネットワークを築いていく予定です。
全国の各地で「給仕係」が生まれて、その土地に合った「あえる」を展開していく。
そのためのマニュアル作成を行っていきます。

この挑戦を最後までみなさまの応援と共に進めていきたい。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

まちキッチン「あえる」給仕長
高島 聖也