はじめに・ご挨拶

はじめまして。会社員として働く土屋と申します。

昨年6月の第一子の誕生の前に、ずら丸を家に迎え入れました。娘とも仲良く過ごしていましたが、突然のFIP疑診。ウェットタイプで腹水が溜まってしまい、まともに生活を送るのが困難な状態になってしまいました。今回の診断を機にこのプロジェクトを立ち上げています。



このプロジェクトで実現したいこと

猫伝染性腹膜炎は今まで猫の不治の病とされていました。通院していた動物病院の先生より、FIPに有効かもしれない薬を処方できる病院があるとの紹介を受け、MUTIANについて詳しく調べました。多くの猫のFIPを治した実績のあるこの薬は、日本ではまだ認可されておらず、保険適用外の為非常に高価な薬です。腹水・胸水の状態を見ても、時間があまりないずら丸の為にも、未来を与えては頂けませんでしょうか。



プロジェクトをやろうと思った理由

FIPという診断を受けた時に、あらゆる手段を使いこの病気について調べました。動物病院の先生やネットで調べた結果、外猫・野良猫のほとんどが持っているコロナウイルスが突然体内で変異し、FIPウイルスになるということが分かりました。FIPウイルスは一度発症してしまうと元に戻ることはありません。原因はストレスのことが多いと言われており、ずら丸にストレスを与えてしまっていたと日々嘆くばかりです。現在の症状としては腹水・胸水の貯留、食欲減退、便秘、黄疸、脱水症状です。動物病院への通院で脱水症状については収まりを見せていますが、その他は改善の兆しが見えてきません。




ずら丸の体重は約4kg、MUTIANの1日の投与量は400mgです。1日の薬代が9,400円、1クールの84日間を続けるとなると80万円程の概算となります。体重が増加していけば1日に必要な薬の量も増えてきます。その間の血液検査等、通院の費用も多々掛かってきます。だからと言って簡単に諦められません。ずら丸は家族の一員です。もし治療の支援をして頂ける方がいらっしゃれば幸いです。



ずら丸の腹水が溜まっているのを見た際、リンパ癌や心臓の病気など様々な病気を疑いました。しかし考えていたよりも状況は重く、不治の病と言われるFIPでした。世界中にFIPで苦しんでいる猫、オーナー様はいらっしゃいます。MUTIANの治療で完治し、1つの道しるべとすることが出来れば、FIPの診断で悲しむ方は減るのではないかと思います。


資金の使い道

全て通院費用、お薬代に充当させて頂きます。


リターンについて

支援を頂いた全ての方に感謝の気持ちを込めてメールとお写真、小物、ポストカードをお送りいたします。治療の際には必ず活動報告を致します。


実施スケジュール

3/14 FIP発症

3/16 MUTIAN協力病院にて診察、処方

MUTIAN処方中です。


最後に

ずら丸は私の娘のお兄ちゃんとして家族へ迎え入れました。妹より先に天国へ行かせる訳にはいきません。

家でPCのキーボードを叩いていると邪魔をしてくるずら丸、日向ぼっこが大好きなずら丸、チュールが入った箱を触るとすり寄ってくるずら丸、以前の人懐っこい元気なずら丸に戻れる日を夢見ています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/06/27 18:03

    いつも当プロジェクトを支援して頂きまして、誠にありがとうございます。再挑戦のプロジェクトも昨日0時で終了致しました。最後の日には前回のプロジェクト同様、40人近くの方に支援をいただくことができまして、感謝申し上げます。プロジェクト自体は終了致しましたが、活動報告にてずら丸の寛解まではご報告させ...

  • 2020/06/18 20:40

    いつもこちらのプロジェクトを応援して頂きまして、本当にありがとうございます。近況のご報告をさせて頂きます。投薬終了後、再発の可能性が高いと言われている1週間を無事に経過することができました。食欲も旺盛で、今のところは再発している様子も見られず、一安心しております。最近は暑い日が続いておりまして...

  • 2020/06/09 20:50

    皆様、いつもこちらのプロジェクトを応援して頂き、誠にありがとうございます。6月7日をもちまして、84日間の投薬が終了致しましたので、ご報告をさせて頂きます。2ヶ月半前、ずら丸がFIPを発症した際には、本当に目の前が真っ暗になる思いでした。まだ1年ちょっとしか一緒にいないずら丸が、いきなりいなく...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください