小学生を対象としたプロ野球選手による野球教室を開催し、当日、参加する小学生に憧れであるプロ野球選手からグッズを1人でも多くの子供たちにプレゼントしていただき、最高の思い出となる1日になればと考えています。それらの野球グッズ費用として、少しでも多くの方にご協力をいただければ幸いです。

プロジェクト本文

本プロジェクトを閲覧いただき心より感謝申し上げます。私は中小企業の代表者であり、野球が大好きで昔から野球に携わってきました。

近年、少年野球人口は年々減少し、軟式チームならびに硬式チームも減少の一途をたどっています。

野球というスポーツは、これまで日本のスポーツ界における中心的なスポーツとして存在し、古くより日本を盛り上げ、そして日本人を元気にするチカラを持っていました!

しかし、近年は、野球人口も減少し、また子供たちが野球をする場所も次第に減少し、ココ数十年で野球に対する環境は大きく変化したと痛感しています。

しかし、野球を愛する子供たちは、場所や時間は限られるものの、まだまだ数多くおり、TVなどで流れるプロ野球選手を見て、「いつか僕もプロの世界で!」という夢を持ち頑張っているのです。

しかし、プロ野球界は、選手個人の契約金の高さや、広告料などに関する球団のロイヤリティが高額であることから中小企業が非常に関与しにくい体制であることもあり、他のスポーツと違って、直接プロ選手と子供たちが触れ合えるイベント自体が少なく、憧れの選手に会うためには球場でネット越しに観戦し、応援するしかないのです。

そこで、私どもは中小企業ではあるものの、少年野球を頑張る子供たちに対して、少しでも憧れのプロ野球選手と触れ合える夢の時間と思い出を提供してあげたいと考え、今年からプロ野球選手お1人をお招きし、毎年、野球教室を実施する企画を立ち上げました。

サッカーやバレーボール、バスケットなどのプロスポーツ球団は、野球と比べて新興スポーツ球団が多く、ファン獲得へ向けて、選手もチームも運営のひとつとして、子供たちと接するイベントを数多くしています。また、地元球団ということで、中小企業でも応援しやすい体制が確立されており、プロ野球と比べて非常に身近な存在である場合が多いのです。しかし、日本伝統スポーツの王者であるプロ野球は、前述の通り、高額な契約金、高額な球団ロイヤリティなど、気軽にイベントを開催しようとしても、想像以上に費用的負担が大きいということです。

そういった背景から、憧れのプロ野球選手に子供たちが会うためには、大手企業が主催するイベントに決められた人数の子供たちが参加するしかないのです。そこで、私たちは、1人でも多くの子供たちに、憧れであるプロ野球選手から直接指導を受け、そして、時間もある程度の時間を確保し、思い出として野球グッズを選手から子供たちへ手渡してあげて、夢のような最高の一日を提供してあげたいのです。

しかし、中小企業である私たちは、選手をお1人ご招待するだけの費用で精一杯で、それらのグッズ費用まで捻出するのは、正直なところ非常に難しいのが現状です。そこで、お取引先各位に対する善意による協賛金のお願いと、こういったクラウドファウンティングに頼らざるを得ない状況です。


資金の使い道・実施スケジュール

集めた支援金は、子供たちにプレゼントする野球グッズに使用します。それ以外には一切使用いたしません。プロジェクトの実施スケジュールとしましては、12月末に、第1回として、パリーグ球団で年間を通じて活躍したレギュラー選手に参加のご承諾をいただいております。

本プロジェクトは2019年12月20日頃に既に実施が確定されております。
本プロジェクトは、「All in方式」での募集となり、目標額に到達しなかった場合でも、野球教室は開催され、ご支援いただいた方にはリターンが発生いたします。

金額が達成されなかった場合は、抽選方式にて子供たちにグッズをプレゼントする形となりますが、1人でも多くの子供たちに行き渡るように支援をお願いしたいです!



リターンのご紹介

リターンにつきましては、ご支援額1口2000円に対して、ご支援いただいた口数によって設定させていただいております。


最後に

是非、野球を頑張る子供たちに、夢と最高の思い出を与えてあげたいと考えております!一人でも多くの方々にご支援をいただき、子供たちの無邪気で最高の笑顔を与えてあげたいと願っております!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください