11月2日(土)・3日(日)に青山学院記念館行われる関東大学バスケットボールリーグ戦にて「青山学院大学ホームゲーム」を開催!体育会だけでなく、多くの学生を巻き込み、バスケを通じて青学がひとつになるイベントを目指します!応援よろしくお願いします!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

この度は弊部のプロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。
青山学院大学男子バスケットボール部は、選手21人、マネージャー3人の24人と他の強豪校と比べると少ない部員数ながら「日本一厳しい」と言われる練習に裏付けられた豊富な運動量を武器に大学4冠(トーナメント、新人戦、リーグ戦、インカレ)を目指して活動しています。

1992年創部の弊部は、インカレ優勝4回リーグ戦優勝8回の実績を持ち、2010年-2011年には2年連続大学4冠を達成。長きにわたり、大学バスケ界をリードしてきました。Bリーグや日本代表で活躍するOBを多数輩出し、比江島慎選手(13年卒・宇都宮ブレックス)、安藤周人選手(17年卒・名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の2選手は9月に行われたワールドカップにも出場。今後も日本を背負う活躍に期待がかかります。

このプロジェクトで挑戦したいこと

なぜこのプロジェクトを立ち上げようと思ったのか書きましょう。
私たちはこのホームゲームを通じて、「青学をひとつに」することを目指します。

青学では株式会社電通と大学の包括契約に基づき、今年4月に新入生に向けた「The Ivy Green Match」というバスケットボールとバレーボールのホームゲームを開催しました。これは、大学に入学するタイミングで大学スポーツの応援を経験し、大学スポーツを応援する文化を根付かせるためのものでした。

4月に行われた「The Ivy Green Match」の様子

今企画はその「The Ivy Green Match」を踏襲し、その理念でもある「スポーツの応援を通じ、愛校心や一体感を育む」という目標を引き続き掲げ、男子バスケットボール部のホームゲームを応援することを通じ、「青学をひとつに」することを目指します!

青学にはスポーツビジネスを専門に学ぶ学部もなければ、部だけでホームゲームを運営できるほどの部員もいません。だからこそ、win-winの関係の下、体育会の枠に収まらない、サークルや学生団体を巻き込んだホームゲーム運営を行い、「青学をひとつに」するイベントを目指します!

具体例としては、アナウンス研究会にMCを依頼する(出演依頼中)、ハーフタイムショーを学内団体と一緒に作り上げていく、ホームゲームTシャツのデザインを学生に依頼するなど、それぞれにできる範囲でホームゲームに参加いただき、「みんなのホームゲーム」作りを目指します!

資金の使い道・実施スケジュール

頂いた支援金は、ホームゲーム開催費用として使用させていただきます。

ホームゲームは

11月2日17時00分 対法政大学(本学青山キャンパス記念館・渋谷駅徒歩10分/表参道駅徒歩5分)

11月3日13時40分 対専修大学(同上)

の2試合です!

リーグ戦を戦う選手たちにとって声援は大きな力になります。アクセスも抜群ですので、ぜひ現地でのご声援も併せてよろしくお願いいたします!

リターンのご紹介

選手ブロマイドコース(2,000円)
プレー中の選手を収めたブロマイドを3枚お送りいたします!どの選手が出るかはお楽しみ!サイン入りが入っていることも…?

サイン入りポスターコース(4,000円/40枚限定)
ご希望の1選手のサイン入り2019年ホームゲームポスターをお送りいたします!

サイン入りホームゲームTシャツコース(5,000円/35枚限定)
ご希望の1選手のサイン入り2019年ホームゲームTシャツをお送りいたします!

全選手サイン入りホームゲームTシャツコース(15,000円/5枚限定)
5枚限定!選手全員のサインが入った2019年ホームゲームTシャツをお送りいたします!

最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

私たちはこのホームゲームを通じ、人と人をつなぎ、「バスケで青学をひとつに」することを目指します!応援よろしくお願いいたします!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください