ヒーローショーの悪役専門として創業し、これまで一切オリジナル作品を持たずヒーローの引き立て役として殴られ、日の当たらぬ生活をしてきたヤバイ仮面にビッグビジネスのチャンスを与えてあげたい…。

プロジェクト本文


“悪”に本気で向き合ったからこそ描ける物語をアメコミに―

悪の秘密結社初の作品化としてアメリカンコミックを製作致します!悪の秘密結社の誕生秘話、そして3年間「悪」に本気で向き合ったからこそ見えるノンフィクションの怪人の姿を徹底的に盛り込んだ作品です。これまでヒーロー側に設定を合わせ、自身のキャラクター性を押し殺してきたフラストレーションを作品化し東京コミコン2019でブチかまします。

日本語版だけではなく英語版も発行―

悪の秘密結社のツイッターは外国人の方にも大変人気があります。しかし社員の低学歴が祟り、英語での応対が出来ず大変悔しい思いをしてきました。初めての作品だからこそ世界中の人々に見て欲しい。当コミックは専門の翻訳家様に依頼し、僭越ながら日本を代表する作品にしたいと考えています。…そしてあわよくばアメコミ企業の偉い人に「君たち…いい目をしているね」とアメリカンドリームを掴む妄想まで完璧です!!

コミックを発行だけだったら今までと同じ―

悪の秘密結社は常に金欠の中で活動してきました。その結果が応援のきっかけとなる作品を持たず、ヒーローショーを行う現在に繋がっています。その反省を活かし、コミック発行に関する宣伝活動をしっかり行います。具体的には熊本の日本一有名なゆるキャラが行った戦略をパクり、全国を社用車で行脚するZENKOKU戦略を行います。

ZENKOKU戦略:熊本県の公式キャラクターであるくまモンがあえて関西方面で神出鬼没に登場し、その後日本国内に知名度を浸透させた「KANSAI戦略」のパクリ。くまモンの初年度予算は8000万円とされるが絶対に無理なので労働基準法に引っかからない弊社会社役員が10日間ぶっ通しで全国を福岡発で日本海側から行脚し、その報告をツイッターで随時行う労働基準監督署涙目の戦略。


メインアーティスト

JIN:1985年12月生まれ。悪の秘密結社デザイナー。2次元デザインを“ショーとして現実的に”表現することを得意とし、社内キャラクター全ての怪人デザインの他、ご当地ヒーローのデザイン等も幅広く手掛ける。

ゲストヒーロー

キタキュウマン:福岡県北九州市の観光大使を務めるヒーロー。体が硬いのであまり戦いたくないらしい。中身がイケメン(自称)で今作一部シーンで登場。ギャラが高いので一部登場。

ゲストアーティスト

ミヤザワ・タケシ :トロント出身、日系カナダ人コミックアーティスト。マーベル・コミックス、ブーム・エンターテイメント、キックスターター等で数多くの作品を担当し、マンガタッチの絵柄で知られている。 


2019年 6月 12日(水):プロジェクト始動
2019年10月 11日(日):「ZENKOKU戦略」開始【全10日間】
(福岡発で日本海側から可能な限り各都道府県を行脚し、グリーティングを実施します)
※期間中の天候・交通状況等によりスケジュールが変動する場合があります。
2019年11月22日~24日:東京コミコン2019出展・コミック販売開始


使用用途―

・コミック印刷発行費(日本語3500部・英語版各1500部)
仕様:A4判/4C(フルカラー)140P
・翻訳費
・カバーアーティスト依頼費
・東京コミコンブース設置費
・ブース装飾費
・各輸送費
・スーツ制作費
・「ZENKOKU」戦略遠征費
・各宣伝POP等制作費

※誤って目標金額以上にご支援頂きました場合には、ご支援頂いた方々の更なる満足となれるよう本作クオリティ向上・広告宣伝費として使用させて頂きます。


社長のヤバイ仮面です。当時(今でも?)日本初の表情が変わるシステムを搭載した怪人として話題となりました。そしてヤバイ仮面の「ヤバイ」という言葉は現代の日本の喜怒哀楽を全て表現できる言葉であることから名付けられたそうです。


2018年10月に公開したPVです。予算の都合で曲の1番までしか映像化出来ませんでした。逆に創業から2年間、イメージ映像すら無い中でも応援頂いた皆様に改めて御礼申し上げます。


2016年以降、3年間で目まぐるしい進化を遂げております。「さも儲かっているかの如く」の演出に長けた当社はこの技術を駆使し、数多の銀行から融資を受けることに成功しました。その結果、これ以上借り入れしたら減価償却がマジヤバイ感じになっております。今回クラウドファンディングに踏み切った大きな要因が、この必殺技名みたいな減価償却というもののせいです。


ヤバイ仮面サービス残業モードの可動式ビジョン型アイ 通称「支払いサイト」です。Ver2.00の表情が変わる技術をさらに昇華させ「動き、変わり、喋る」を実現させたシステムで、コミック版「YABAI」の原案デザインとなります。満額達成時のYABAIスーツも同システムを採用予定です。


①サービス残業モードの圧巻の大きさと恐怖②職質を受けることもしばしば③知名度が無い頃は「みつ結社」と呼ばれていました④ヒーローと仲良く戯れる社長⑤I'll be back


※本プロジェクトはAll-or-Nothing形式で行います。募集期間内に目標金額を達成できなかった場合、プロジェクトは不成立となります。皆さんからの支援金の決済は行なわれません。

【オリジナル壁紙コース】1,080円 数量制限なし

【コミックコース】3,240円 数量制限なし

【コミック+戦闘社員コース】5,400円 数量制限なし

【コミック+怪人コース】10,800円 数量制限なし

【ガチ書籍コース(社長コース)】32,400円 数量制限なし

【コミック+ウェポンコース】108,000円 数量制限なし(造形職人涙目)

【悪の秘密結社がやってくるコース】162,000円 数量20点限定

【ヒーローショー開催コース】324,000円 数量20点限定

【10人集まれば終了コース】881,000円 数量10点限定


Q:一般発売はありますか?クラウドファンディング以外で手に入りますか?
A:アメコミ専門店「versecomics」様で販売予定です。また弊社通販サイト・イベント会場でも購入可能となります。

Q:リターンの送料はかかりますか?
A:リターンの価格は送料込みとなります。

Q:配送先の住所変更はできますか?
A:住所変更の受付は10月末日までとさせていただきます。配送先の住所変更は「マイページ(右上〇アイコン)>支援したプロジェクト>右へスクロールしたお届け先>確認する」で行うことができます。
12月以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。

Q:間違ったリターン(特典)を選んでしまいました。キャンセルできますか?
A:お申し込みいただいた後のキャンセルはいたしかねます。予めご了承ください。

Q:日本国外からプロジェクトを支援することはできますか?
Q: Is it possible to back from outside Japan?
A:大変申し訳ございませんが、支援は日本国内在住の方に限らせていただいております。
A: This crowdfunding project is limited to backers with residence in Japan.

Q:続編出ますか?
A:売れたらね


最後に

「人様からお金を頂戴する事の重さ」をひしひしと感じております。金額もかなり高額となり正直厳しいかな…と何度も書き直しました。でも初めての作品化…本当にいいものを作りたいです。日本の皆様だけでなく、今まで「コイツは誰なんだ!?」と興味を持った世界のすべての人を驚かせたい。日本の悪ここにあり!!と言いたい。悪の秘密結社が創業して4年目。ようやく「打って出ることが出来るタイミング」でこれまでのショークオリティ向上のツケ(現金の無さ)がベンチャー企業である私たちの足止めになっています。本当にお恥ずかしい限りですが力を貸してください。万一金額が足りなくても僕が逆立ちしてどうにかします。ですので胸を張って悪の秘密結社に投資してください…絶対に良いものを作ります。末筆となりますが最後までお読み頂き、本当に有難うございます。

株式会社悪の秘密結社 副社長・原作 笹井 浩生

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください