★プロジェクト期日迫ります!5/5(祝)まで★ 皆さまの情報拡散のご協力お願いしますm(_ _)m 他界した養父(享年50歳)への恩返しとして、品川区に2008年9月よりオープンした認可外保育園。しかしながらこの近隣に昨年2園、そして区内に多くの認可新設園がオープンしたため今正に存続の危機です!

プロジェクト本文

▲ご挨拶 m(_ _)m
ご覧頂きありがとうございます。 私オーナーはもの心ついた時にはシングルマザーと私という生育環境でした。小学校に入る頃、家にはなぜパパは居ないのか?そんな幼少期を過ごし11歳の時に、今は亡き養父(享年50歳)と母は再婚しました。やっと訪れた憧れのパパの存在。共働きの両親の姿を見て育ち、そんな働くママやパパを応援したい!と、2008年9月に品川区で認可外保育所をオープンさせ今年で12年目となります。
▲実現したいこと…(^人^)

2020年3月末日まで、なんとか保育園を運営したい!現在4月入園児が定員割れのため赤字です。そのために数ヶ月の運営費及び人件費のが必要です。そのリターンとして我が園で子どもや社会的意義のある活動やイベントをして世のお役にたてて頂きたい!認可外だからこそ自由な情報発信が出来るのです!

▲プロジェクトをやろうと思った理由

「日本死ね」の投稿以来、数々の認可、認証保育園が日本中にオープンしています。しかしながら今まで影で支えてきた我々の様な認可外保育所は無残にも次々と閉園していきました。資本主義に勝ち目の無い認可外保育所。もう限界です!けれども最後の最後まで、今ご縁のある親子のためにも諦めたくない…藁をもすがる思いでクラウドファンディングに名乗りを上げました。
▲これまでの歴史

養父が病で2004年に他界。血の繋がりのない絆。大好きな大好きなパパでした。その悲しみを糧に、2008年9月より認可外保育施設「なないろ保育園」をオープン。今年で12年目。認可に入れなかった品川区・目黒区・大田区・港区などご縁のあるファミリーたちを受け皿として養護させて頂きました。認可外の特色を利点に外遊びを多く取り入れ、ママやパパの応援団として保育サービスを運営。1番成長の著しい乳幼児期の0〜2歳児を養護してきました。

▲資金の使い道

なんとしてでも2020年3月末日まで運営したい!今年度の保育運営を乗り越えるための4月5月6月の人件費、運営費として使わせて頂きたい!

昨年オープン以来初の多額の赤字を出しました。しかしながら資金繰りを乗り越え今の今まで運営維持に当たりましたが…今年もその波は止まらず。。。今すでに不受託の理由で入園を決めて下さったご縁のあるご家族達を見捨てたくありません!無責任な事はできません!ここ数ヶ月持ちこたえる事ができれば2020年3月末日まで、保育が必要なご縁のあるご家族をサポートできます!どうか、ご支援下さい。

リターン実施スケジュール

保育室の提供など : 2019年6月〜2020年3月末日の土日祝日

※利用時間や他のリターンは別頁参照。

▲最後に

認可外保育施設は、助成金無しで運営をしている保育所です。

我が街、「武蔵小山」周辺の認可外保育所は次々と閉園になりました。しかしながら、待機児童の受け皿として2020年3月末日まではなんとしてでも運営します!最後の1年間。SNSやクラウドファンディングを通して我が園から、虐待のニュースが絶えない『子どもの人権』や『持続可能な世の中』にするための活動や情報発信がこの機会にできたらとても嬉しいです!最後に、地域以外の広い情報発信の場としてお役に立ちたいのです!

どうぞ宜しくお願いします。

〒142-0062 品川区小山4-8-12 なないろ保育園

http://nanairo-hoikuen.littlestar.jp/

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください