2018年10月から新橋で営業している紹介制コミュニティバーsunaBA。この度、諸事情により急遽移転することが決まったのですが、移転資金が足りません。新しい地である代々木にて再スタートを切るsunaBAに是非ご支援ください!

プロジェクト本文



みなさん、こんにちは!
三度の飯より日本酒が好き、健康診断では毎回肝臓の数値が引っかかるタカヤマと申します。

普段は、とある会社でマーケティングの責任者をしながら大学で非常勤講師をしたりと、パラレルに働いています。

今回は私と素敵な仲間たちが昨年からやっている住所非公開の紹介制BAR「コミュニティバーsunaBA」の移転資金について、みなさんからお力添えを頂きたく、プロジェクトを立ち上げさせてもらいました。


コミュニティバーsunaBAは2018年10月に新橋で営業を開始しました。
紹介制・住所非公開にも関わらず、OPEN日にはキャパ20人のところを約50人の方々に入れ替わり立ち替わり来ていただきました。2019年3月時点でのべ350人ほどの方々に遊びに来ていただいています。

※ オーナーのタカヤマがsunaBAを立ち上げた経緯などは下記noteをご覧ください!
「ぼくは実験が好きだ -sunaBAをはじめた理由-」

※ OPEN初日、完全に運営メンバーがキャパオーバー

※ この日は起業家やNPOのメンバーが多く来店、熱い議論が交わされていました

※ 来店していただいた方に強制的にプレゼンをやってもらっている図


<sunaBAのコンセプト>

Be Naked

あの頃、砂場で無邪気に遊んでいた頃を思い出してください。
そんな”飾らない自分”でいられる場所をみなさんはお持ちでしょうか。 

sunaBAは、そんな素な状態で人と繋がれる場所。遊びに来るみなさんもお迎えする我々もこの空間ではフラットな関係です。 

ただお酒を出すだけではない、そこはBARというコミュニティを使った実験場。そのため、その日のバーテンダーによって営業形式や空気感も違ったり、はたまた特殊なルールが設けられていたり。 

また、密なコミュニティを維持するために住所は非公開にさせていただいています。

カウンターの中から話しかけたり、他のお客さんとコネクトしたりとたくさん”お節介”をさせていただきますので、おひとりでしっぽり飲みたい方には不向きかもしれません。ただ、普通のBARとは少し違う体験をしたい方は是非とも「素な場」sunaBAに足を運んでください。
※ Webサイトより引用

<sunaBAの基本情報>

営業日:週3〜4日不定期営業(Webサイト上で告知)
場所:港区新橋某所(住所非公開)※ 4月より代々木に移転
料金設定:アルコール類500円〜、ソフトドリンク300円(チャージ500円)
座席数:10席(最大20名)

<sunaBAの特徴>

●住所は非公開の紹介制
sunaBAでは物理的には「バーテンダー」と「お客さん」と立ち位置が異なるものの、フラットな関係性の基に成り立っています。そのためコミュニティの質を担保すべく住所非公開で営業しており、基本的には運営メンバー・月1バーテンダーと繋がりのある方、もしくはその方々からの紹介者のみに住所を共有させてもらってます。

●BARという名の実験場
sunaBAはバーテンダーがコミュニティの実験を行う場所、いわば来店いただく方々はその実験の共犯者です。
なのでその日のバーテンダーによって雰囲気も全く異なります。これまでの実験例を2点ほど紹介します。

その壱「It's my treat!!」
It's my treat!!は「奢りあいからコミュニケーションが生まれるか?」の実験として実施しました。特に初めて1人で来店された方はなかなかコミュニティに入ることも難しいので、奢るという行為をトリガーにしようと考えました。
ただ、帰ろうとしているタイミングで奢られると飲んで帰らなければいけないので辛いという意見もあり、現在は行なっていません(笑)
移転後はまた少し方法を変えてチャレンジしようかと考えています!

その弐「微ハプバー」
バーテンダーが意図的にハプニングを起こし、来店いただいたみなさんがどういう反応を示すか、そこから生まれるものはあるのかを観察するという完全に大学生の悪ふざけのような企画です。「バーテンダーがいきなり出血」「突然の祝い先不在の誕生日ケーキが出てくる」「バーテンダー呼び出しボタンから水が噴射される」など、美大出身のクリエイターの方とハプニングを仕込み、ある意味好評のまま終了しましたが、ハプニングとは何なのかという疑問のもと1回で終了しました(笑)

その他、コミュニティに対して制約条件を付けることでどのような反応が起こるか、日々実験と検証を繰り返しています。

●日本酒へのこだわり
オーナーの高山が唎酒師ということもあり、日本酒のラインナップはメニューの中で一番こだわっています。一般的な飲食店にある銘柄は一切置かず、まだまだ知名度は低いものの味に特徴のある銘柄を買い付けて揃えています。常連さんの中には日本酒目当てで来てくださる方もいます。



メンバーはそれぞれ本業の傍らsunaBAの運営に関わっています。
その他、運営には関わっていないものの、月に1度sunaBAのバーテンダーとして関わっていただいている方々もいらっしゃいます!詳しくはWebサイトをご覧ください。

■ Takayama Michinobu(アナリスト)
■ Nakao Idalia(コミュニティマネージャー)
■ Hoshi Miki(栄養士)
■ Kaga Takeshi(マーケター)
■ Mizutani Ryoko(フリーランス)
■ Oikawa Akihisa(プランナー)
■ Kikuchi Ayaka(コンサルタント)
■ Hayashi Yohei(フリーランス)



まだ営業開始から半年も経っていないにも関わらず、たくさんの方々に支えられコミュニティ内で良い循環も起こり始めてきました。そんな矢先、急遽3月末で現物件から移転しなければいけなくなるという事態に。

有難いことに友人の紹介で代々木の素敵な物件に巡り会うことができたものの、現物件が居抜き物件だったために新物件では設備投資が必要となります。また、新物件は店舗用の物件ではないため内装工事も必要となります。
※内訳は下記に記載

移転自体は前向きに捉えており、これを機に来ていただける方々にもっと満足してもらえるよう、お店の土台となるコンセプトからメニュー含め見直し、新たなスタートを切りたいと思っております。
ただ、営業日も少なく営業時間も短いため、正直なところ毎月プラマイゼロ。移転資金に関してメンバー内で出せる額も多くはありません。このままでは4月からの営業が難しい状態です。

ちなみに移転先予定の物件は代々木駅、新宿三丁目徒歩4〜5分、新宿駅徒歩7〜8分という好立地です!

今回代々木のスペースを紹介いただき、一緒にsunaBAを盛り上げてくださるAnbai株式会社の品田さん。もう足を向けて寝れません!崇め奉ります!



・現物件撤収(運送費、退去費用など):約100,000円
・移転先物件 初期費用:約300,000円
・移転先物件 内装工事費:約200,000円
・設備、備品代:約100,000円
・その他:約100,000円

合計:800,000円 (内自己資金300,000円想定)



① オリジナルステッカー + サンクスレター
3,000円
遠方の方や豪華なリターン不要という方へ
オリジナルステッカーと運営メンバーからのサンクスレターを配送いたします。

② オリジナルステッカー + 来店時1ドリンク無料
5,000円
sunaBAオリジナルステッカーと来店時に1ドリンクを無料でご提供します。
※初回来店時のみです
※ステッカーは来店時にお渡しします
※チャージ料金500円は別途かかります

③ オリジナルグラスタンブラー + オリジナルステッカー + サンクスレター
8,000円

sunaBAロゴ入りオリジナルグラスタンブラーとオリジナルステッカー、運営メンバーからのサンクスレターを配送いたします。

④ オリジナルグラスタンブラー + 来店時2ドリンク無料
10,000円

sunaBAロゴ入りオリジナルグラスタンブラーと来店時に2ドリンクを無料でご提供します
※初回来店時のみです
※グラスタンブラーは来店時にお渡しします
※2ドリンクは、ご自身だけで飲んでもお連れの方と1杯ずつでもOKです
※チャージ料金500円は別途かかります

⑤ 半年間チャージ無料
10,000円

半年間チャージ料金500円が無料になります。
期間中であれば何度でも適用されます。
※有効期間 2019.5〜2019.11

⑥ 1年間チャージ無料
15,000円
1年間チャージ料金500円が無料になります。
期間中であれば何度でも適用されます。
※有効期間 2019.5〜2020.5 

⑦ オリジナルメニューの作成
20,000円
ヒアリングのうえ、オリジナルメニューを作成しラインナップに加えます。
また来店時に該当ドリンクを1日1杯まで無料でご提供します。
※有効期間 2019.5〜2019.11

⑧ 1年間チャージ+1杯目無料
25,000円
チャージ料金500円と1杯目ドリンクが無料になります。
1杯のみの注文も問題ありませんので、その場合1年間無料でご来店いただけます。
※有効期間 2019.5〜2020.5

紹介制BARのため、①③以外は基本的に来店されたことがある方、もしくは運営メンバー・月1バーテンダー・来店されたことがある方と繋がりがあることが条件です。該当する方はこれを機に是非とも遊びにいらしてください!リターンへの返礼メールと共に住所も共有いたします。

ただ、来るもの拒まずスタイルではあるので上記に該当しない方でも是非お願いいたします。その際、お手数ですがメッセージもしくはオーナーの高山のfacebookアカウントまでご連絡ください。



今回クラウドファンディングに挑戦するのは移転資金集めというのが主目的であるものの、①もっと多種多様な人々を巻き込みsunaBAをつくりあげたい②我々のチャレンジを知ってもらい、誰かの背中を押したいという目的もあります。

sunaBAはたくさんの人に支えられてここまでやってきました。現物件も場所探しで困っていたところ、タカヤマの友人が仲介に入って通常よりも安価で借りることができました。また店内で出しているサングリアも来店していただいた方の紹介で関西からオリジナル商品を仕入れることができています。ここまでは飲食店としてのマネジメントに注力しすぎて、まだまだ実験不足。今後は「sunaBA寄り合い」という名前で運営メンバー以外にsunaBAコミュニティの皆さんも絡めて、アイデアを出し合いsunaBAというコミュニティに色付けをしていく予定です。

また私たち運営メンバーも前述のとおり、日中はそれぞれ本業を抱えながら平日夜や土日の時間を割きsunaBAの立ち上げ、運営を行なってきました。運営メンバーの中に飲食経験者もおらず、当初はお酒の味が毎回違うと指摘を受けることもありました。まだまだ課題はあるものの、障壁を乗り越えてここまできました。活動報告では過去の失敗エピソードから学んだことも記していきます。是非、時間やお金という制約がありチャレンジすることを諦めようとしている方々に届くことを願っています。

sunaBAを拠り所として来てくださる方のためにも、ここで途切れさせるわけにはいきません。
是非、sunaBAコミュニティを一層盛り上げるべく、ご支援お願いいたします!
そしてこれを機に、是非sunaBAへ遊びに来てください!

最後に、私(タカヤマ)以外の運営メンバーからのメッセージも添えさせてください。

Idalia「本当にありのままの自分でお越しいただいて大丈夫な環境です!みんなの居場所であり、あなたの居場所です!」

Miki「この半年間sunaBAには沢山の方々が来店して頂き、お客様とお話出来るのが至福の時間でした。皆さまと共有する大切な空間を途絶えさせたくはないので、是非ご支援・ご協力宜しくお願い致します。より一層素敵な空間にします。」

Takeshi「絶えず変化してアップデートし続ける実験場のsunaBA。フラッとsunaBAに来て、飲んで話して、偶然居合わせた人と友だちになって、バイバイして、またsunaBAに集う。そんなゆるーい繋がりが作れる場所にしていけたらなと思います。ぜひご支援頂ければ幸いです!」

Ryoko「私たちだけでなく、関わってくれるみなさんと一緒に、 “ふと帰りたいと思えるようなあったかい空間を作りたい” と思っています。応援よろしくお願いします!そして、ぜひふらっと遊びに来てください!」

Akihisa「みんながやりたいことを実験できる場、こんな空間ができると思うと"ワクワク"します。ぜひ、共犯者になってください!よろしくお願いします。」

Ayaka「いらっしゃる方にとって、いつでも素の自分を受け止めてくれる場所でありたいと思っています。お客様によって日々違う顔を見せる空間を楽しんでください!」

Yohei「お酒が好きですが、一人で飲みに行くのはちょっと苦手です。やっぱり友達とが良いし、その上で新しい出会いがあればもっと良い。そんな場所が、少しずつ作れている気がします。是非遊びににきてください!」


※ 今回、こちらのプロジェクトはAll-in方式で行います。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください