皆様からいただいたご支援で【犬猫不妊手術助成制度】を運用し、不妊手術を受けていない犬猫に不妊手術を施し、より多くの犬と猫に快適で健康的な生活と寿命の延長をもたらします。健康に長生きする犬猫が日本中にあふれるよう、どうぞ皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

プロジェクト本文

▼私たちについて

私たちは「全ての犬猫が適切な医療を受けられるように 」をコンセプトに、
2019年3月 千葉県松戸市新松戸に【動物愛護医療センター】を開院しました。


▼このプロジェクトで実現したいこと

皆様からいただいたご支援で【不妊手術助成制度】を運用し、不妊手術を受けることが困難な「飼い主不在の犬と猫」に不妊手術を施し、快適で健康な生活と寿命の延長をもたらします。


▼動物愛護医療センターとは

世界的な動物福祉の基準である【5 Freedom(動物の5つの自由)】の理念には、
「痛み・傷害・病気からの自由」が掲げられており、人間が動物を管理する上で、全ての動物に病気にならない為の健康管理と予防医療、疾患発現時の治療が求められています。

しかしながら、様々な事情により適切な医療を受けられない多くの犬猫たちがいます。
この問題を解決すべく、私たちは「動物愛護医療センター」を設立しました。

「全ての犬猫が適切な医療を受けられるように」
考えられるすべてのことを実施します。


私たちの主な活動内容

■予防医療
全ての犬猫が「適切な予防医療」を受けられるよう、ジェネリック薬の取扱い等により低価格で予防医療を提供し、飼い主様の経済的負担を軽減します。


■選べる診療
飼い主様の経済状況やご希望を伺った上で、様々な診療方法を提案させていただきます。ジェネリック医薬品を積極的に活用し、医療費の低減に努めます。


■動物保護団体支援
犬猫の飼い主様をお探しする動物保護団体様の活動を支援します。


■輸血ネットワーク
犬猫には公の輸血バンクが存在しないため、輸血が必要な治療や手術の際に、輸血用の血液が確保できず処置を行えないケースが少なからずあります。
犬猫の輸血ネットワークを運営する「一般社団法人 動物共生推進事業」と連携し、大切な犬猫の命を救うための献血・輸血システムを運用しています。


■不妊手術支援
飼主不在の犬猫に対し、疾患を予防し、犬や猫に健康的な生活の提供と寿命の延長をもたらす不妊手術を支援するため【不妊手術助成制度】を行います。

飼い主様のいない、保護団体などが保護している犬猫に対して、1頭あたりのご負担金 
5000円で不妊手術を行える助成制度です。

 

▼ご支援の使い道

5000円のご支援で、1頭の不妊手術を行います。


▼リターンについて







 0円からできる支援

 ・Facebookをシェアする 

 ・ツイートする



▼動物愛護医療センターの基本情報

URL:https://www.ani-wel.com/
住所:〒270-0035 千葉県松戸市新松戸南1丁目352
電話番号:047-701-8270
Mail:info@ani-wel.com

▼最後に
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください