2018/08/14 19:04

どうも、竹重です!

 

いよいよラスト5時間となってしまいました!

本日になってからもたくさんの方々からご支援を賜り、こうして最後の活動報告を執筆中にも、じわじわと、目標達成に向けて伸びています!

 

ラスト5時間となってしまいましたが、今回は、改めてビジョンの共有をさせていただきたいなと思い筆をとりキーボードに向き合っています!笑

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エチオピアが地方から変わるべき理由。

 

エチオピアは、人口約1億人!

近年は二桁成長が続いていたりと急速な発展を遂げつつある国です。

 

しかし、こうした経済成長の恩恵は、残念ながら、首都アディスアベバをはじめとした、都市部に一極集中している印象です。。。

 

地方に暮らす多くの方々は、こうした都市部の発展とは一線を画していて、教育すらまともに受けられない子供達が多くいるのが実情です。

 

本来、生産活動に従事している地方の農村の方々がなぜこのような状況に陥っているかというと、生産した一次産品が市場に届くまでに幾重にもブローカーが登場し、最終小売価格にしめる利益の大半をこうしたブローカーが持って行ってしまっている。

 

そして、こうしたブローカーは大都市アディスアベバで農村の方々とは乖離した生活を送っている。

 

これって、どう思いますか?

 

真面目で、一生懸命働くエチオピアの地方の農村の方々。

 

本質的な国の成長を生み出すためには、絶対に地方の80%の方々の力が必要だと信じています!

 

20%の都市部の方々だけでは、持続的な成長を牽引することは難しいでしょう。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チーム農村を創り出す!

 

真面目で、真面目で、真面目すぎるが故に搾取されてしまうこともある農村の方々。

 

彼らには、知識が足りない、情報へのアクセスが足りない、教育が足りない。

 

足りないものを挙げ始めたらキリがありません。。

 

しかし、彼らが唯一持っているもの。

 

それは、”人間らしさ!”

 

僕自身、エチオピアの農村の方々に惹かれる理由はここにあります。

 

地域全体で地域全体のことを考える、困っている人がいたら助ける。

 

愛情の深い彼らから僕自身多くのことを学んでいますし、彼らと共に過ごす時間はすごく貴重で、幸福を感じます。

 

これまでも、事業の開始に向け幾多の問題にぶち当たってきましたが、その度に彼らは僕を助けてくれます。

 

そんな彼らの優しさに触れるたびにより好きになっていく。

 

そんな彼らと共に”チーム農村”を立ち上げて彼らに足りないものを少しでも補って恩返しができたら、そんな想いでこのプロジェクトを実施しています!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕たちが目指す理想像!

 

Food for Future Plc では、雇用の創出はもちろんのこと、その先に目指すビジョンがあります!

 

それは、”エチオピアで一番豊かな村”の実現です!

 

どうしても、都市部、都市部と都市部に集中する資源。

 

あまのじゃくな僕と、ググマ村・カタナ村の農村の方々で、地方はすごいんだぞ!

 

生産者は偉いんだぞってムネをはって誇れる村づくりをしていきます!

 

ともすると、教育の機会にすら恵まれない、農村の方々、あらゆる意味での豊かさを求めて、事業の実現に全力投球していきます!

 

平等な社会なんてないのはわかっています、ただ、最低限の機会をググマ村・カタナ村の方々と創り上げることで、”今後の開発途上国のロールモデル”になれたらすごいですよね!!

 

皆さんのご支援は、こうしたビジョンに繋がっているんです!!

 

さぁ、残り5時間!

ご支援よろしくお願いします!!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?