Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

「台風15号、倒木被害」房州びわを守りたい。

現在の支援総額
309,000円
支援者数
27人
募集終了まで残り
終了

現在41%/ 目標金額750,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2020/02/18 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2020-01-07に募集を開始し、27人の支援により309,000円の資金を集め、2020-02-18に募集を終了しました

2019年9月に千葉県を直撃した台風15号により、歴史あるびわ農園が倒木被害などを受けました。再建に10年以上の月日がかかり、復旧には多額な費用も必要で、自分たちの力だけではとても困難な道のりです。このプロジェクトでぜひ皆さんのお力をお貸りできたらと思い応募しました。

はじめに・ご挨拶

千葉県南房総市富浦町で、明治時代から続くびわ農園を営んでいる、和泉澤と申します。

和泉澤農園は、現在70歳を超える両親と私たち夫婦と子供2人で暮らしています。

びわ栽培と販売を中心に、「房州の代表花」である金魚草やストックなども育てて出荷しています。

毎年5月下旬から6月中旬までの間、露地栽培をしている「房州びわ」を収穫し、全国各地へ初夏の味をお届けしています。

南房総では、毎年選ばれたびわ農家が皇室に「房州びわ」を献上していましたが、そんなびわの産地に台風15号が直撃。民家はもちろん、農産物にもひどい被害をもたらし、廃業を考える農家さんも...

千葉県では初めて経験する台風の大きさで、まさかこんなになるとは、誰も思っていなかったと思います。実際私も、「いつもの台風だろう」としか思ってませんでした。

夜中にものすごい音がしましたが、まだその時は気持ちの余裕がありました。

でも朝起きて外に出てみると・・・「えっ?なに?」と思うぐらい酷い状況でした。

花を育てるビニールハウス

      
このプロジェクトで実現したいこと

そのためには苗木購入はもちろん、びわの生育に必要な資材や肥料が必要です。

そして、作業場の屋根に穴が開いて大雨で水没してしまった配送用資材なども購入したいと思っています。

そして今ではほとんど出回らない幻のびわも再生して、全国へ房州びわの味をお届けしたいです!


プロジェクトをやろうと思った理由

台風15号で自宅は瓦が飛び、作業場の屋根に大きな穴が開いて雨が滝のように流れ込み、作業場に保管してあったびわの資材が全て使えなくなりました。

それだけでもかなりのダメージでしたが、外に出ると、山への道も土砂崩れや倒木被害で通れず、農園の被害確認ができたのが台風が過ぎた1ヶ月後でした。

これから花が咲き、実がなるまでの間にはいろいろな作業があり、6月には収穫時期になります。

でも、いまだに土砂崩れで車で上がれない山もあり、道具を持ちながら徒歩 で行かないといけません。

それだけでも一苦労 ですが、山に着いてもまずは倒れた木の片づ けから 始まるので、なかなか通常の作業までできず、先に進みません!

台風後、びわの状況を確認したとき、自分たちで再生するのは厳しいと思いました。

変り果てた山にショ ックでやる気がなくなり、農家を辞めようか ...と一瞬気持ちが揺れました。

でも、今まで続いた家業を私の世代で 終わりにしたくない、子供たちの為にも続けようと思い直しました。

そして  何よりも、うちのびわを、毎年楽しみに  待っている方々 もいるので、何としても元の山に戻したい!と考えています。

びわ山再建には、長い年月と多額の費用がかかるため現実的に考えると、私個人でやれる事にも 限界 があり、そこで皆さんの力をお 借り出来たらと思いプロジェクトに応募しました。

みなさんのご協力とともに、和泉澤農園は前に進んでいきたいと思います。 

次世代に残したい。 全国の皆さんにびわの味を伝えたい! そんな気持ちでこのプロジェクトに挑んでいます。どうぞ応援よろしくお願いします。    


 
これまでの活動

和泉澤農園では、毎年5月下旬から6月中旬まで(天候  によて  前後する収穫時期) の間、露地びわを収穫して全国配送をしています。 

栽培している品種も10種類という多さで、100年以上作り続けています。

皇室に献上するびわにも、過去数回選ばれたことのある、歴史あるびわ農園です。

びわの  授業ではびわの栽培過程から収穫をして、子供たちが道の駅で販売をするところまでをお手伝いしています。


資金の使い道

皆さんからの支援金は

びわの苗木と台木を30~50本

びわを出荷するための資材や育てるための肥料

びわの実にかける専用の袋

などの購入にあてる予定です。みなさんの支援金ですべてを補う事はできませんが、一部でも支援金で購入したいです。

リターンについて

支援して頂いた方に

「¥3.000を支援していただいた方」

感謝の気持ちメールまたは、お手紙を送らせていただきます。

※ご支援の際に、お手紙をご希望の場合はお名前と住所を備考欄にご記入ください。
ご記入がない場合はメールを送付させていただきます。

「¥5.000支援していただいた方」

感謝の気持ちメール

和泉澤農園直送「季節の花束」限定20名様

3月~5月までの間で開花した花を使用して花束をお送りします

時期によって内容が異なりますが金魚草・ストック・葉物・スターチスなどを入れた

花束になる予定です。準備が整い次第発送いたします。

「¥5.000を支援していただいた方」

感謝の気持ちメール

農家直送新鮮ひまわり10本(開花次第順次7月ごろ発送予定)

(和泉澤農園では、花の栽培もしています。そこで育てた新鮮なお花をお届けする予定です。)


「¥10.000を支援していただいた方」

感謝の気持ちメール

和泉澤農園から大事に育てた房州びわ2Lサイズ1箱 

12粒入り

(収穫し配送準備が整い次第6月中の発送)

リターンのびわに関して

全体の半分以上が被害にあいましたが、被害が少ないびわの木から収穫できるびわを送りたいと思っています。通常の年と違い、すべてがきれいな状態で収穫できるか、わかりませんが、多少の傷も含めリターンの対象となりますのでご了承ください。


最後に

南房総市だけに限らず、後継者問題を抱えている全国のびわ農家の為にも、この被災に負けずに、伝統ある房州びわを次世代に残していきたいです。

びわにあまり馴染みのない方もいると思いますが、この機会にびわの魅力や自然豊かな南房総のことを知ってもらえたらと願っています。




<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください