軽井沢町と群馬県の県境に位置する熊野皇大神社は、八咫烏と樹齢1000年を越えるシナノキを祀る神社として、地元の方にだけでなく別荘や観光にいらっしゃる方たちにも、広く愛されて参りました。今回、老朽化で痛みが激しい社殿を建て替えべく、広くみなさまのお力をお借りしたく本プロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

熊野皇大神社は、群馬県と長野県の県境に鎮座し、長野県側の軽井沢町にあり、古来より軽井沢の総氏神様として信仰が厚く、災厄消除農作増産の守護神として公卿、武人農家の尊崇厚く、江戸時代より交通の要所として、参勤交替の諸大名をはじめ多くの方に参拝されて参りました。

「碓氷峠の権現様は主の為には守り神」と追分節に唄われ、その御神徳をたたえられているとおり、軽井沢町やその周辺の農家に、当神社の御神符烏午王を、毎年春、水田の水口に串をはさんで立て、農作物の豊作を祈願されています。


このプロジェクトで実現したいこと

以下の境内の図面に示したとおり3つの神社の施設整備を行います。

① 手水舎の新築

老朽化した現行の設備を整備し、御祭神の守護を得られる新しい手水舎を新築いたします。

② 祈祷殿の増築整備。

老朽化した祈祷殿を修復し、当熊野皇大神社にご参拝いただく皆様に安心してご祈祷を行えるように、祈祷殿の増築をいたします。

③ 御本殿屋根銅版葺替並びに壁の塗替

御本殿の屋根銅版は、軽井沢の土地の特徴として、霧等に覆われている時間が長く劣化がすすんでいるため、雨漏りなどが始まる前に銅版葺替を実施、あわせて経年劣化が進んでいる壁の、塗替え工事も行います。


私たちの地域のご紹介

日本で有数の避暑地である、長野県軽井沢町と隣接する群馬県安中市境界である旧碓氷峠の頂上に位置し、県境にまたがる国内でも珍しい神社です。熊野権現の象徴でもある八咫烏を祀ることでも知られ、サッカーの日本代表チームのエンブレムで有名になったこともあり、近年は参拝客が多く訪れるようになりました。また、樹齢約1000年のしなの木は、縁結びのパワースポットとしても知られております。


プロジェクトを立ち上げた背景

当神社は神社庁より特別神社に指定されており、21世紀をむかえ、平成から令和へとすすむ新しい年の新しい天皇即位の記念事業として、熊野皇大神社を今ある形を保ちつつ未来へ伝えていくために、今回のプロジェクトを実施することにいたしました。


これまでの活動

旧碓氷峠の上の県境に建っている神社として、どうしたら多くのみなさんにご参拝いただけるか、10年前から考え、まず初めにお守りのデザインを見直すことからはじめました。神社に足を運ばない若い方たちにも気に入っていただけて、常に身につけ神の力を感じてもらえるよう、和でありながら洋を取り入れたデザインに替えました。

その次に、境内にある樹齢1000年、その昔から軽井沢を見守っている『しなの木』の力と、由緒ある末社のヤタガラス社を広く知っていただくために、メディアや雑誌などで紹介をしていただくようにお願いしました。今でこそ『ヤタガラス=三本足のカラス』と知られていますが、その当時の周知度は低く『ヤタガラス=熊野皇大神社』の導きの神と知ってもらえるように、お守りのデザインにも取り入れ、今では御朱印にも使っております。

また、最近人気の御朱印についても、他の神社との違いを出して、遠く峠の上まで足をお運びいただいた参拝者のみなさまに喜んでいただけるようにと、『ヤタガラスの型抜きの御朱印』と、ご神木のしなの木をモチーフに、日本初の飛び出すしかけの『しなの木神社御朱印』(プロフィールのアイコンです)の頒布しております。

あわせて2か月毎に図柄をかえ、1日と15日のみ頒布する『特別花御朱印』は、季節ごとに色・花を楽しんでいただけるように考え、職員の手彫りによる花の印を、心を込めて一枚一枚、印を押しております。

その他にも、当神社に伝わる『太々神楽』も舞い手不足で伝統が消えないようにと、平成24年に『軽井沢御神楽保存会』を結成。現在会員約10名で活動しております。御神楽を単に保存するだけでなく、継続させていくために、年3回、その他依頼があれば可能な限り御神楽を披露し、周知に努め参加者を募っております。


資金の使い道・実施スケジュール

今回を含め、社殿の改修にむけて3度にわけたクラウドファンドを実施する予定でおりますが、クラウドファンドだけに頼らず、地域の方々の応援と支援、宗教法人の自己資金なども合わせて改修工事を実施。12月現在、基本設計が完了し実施設計にはいっております。今後、改修工事の進捗状況については、逐一活動報告にて、お知らせしてまいります。


リターンのご紹介

どのリターンも今回のために用意したものであると同時に、由緒ある神社として、今までもこれからも、クラウドファンドにご支援いただいた方々へのリターン以外に、当社の御守、御札、御朱印などを通信販売などすることはございません。ですので、どのリターンについても、ただのモノをお送りするのではなく、ご支援いただきましたみなさまに祈祷を奉仕し、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事を行って、遠方より、当方にご参拝いただくのと変わらぬコトとしてリターンをお返しいたします。


最後に

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。前述のとおり社殿の改修工事は、プロジェクトの目標金額に満たない場合も実行されますので、応援いただいた皆様には、各リターンをつつがなくお届けいたします。

また、今回のクラウドファンドにおいては、単に、ご支援を募るだけではなく、軽井沢町を望む旧碓氷峠の上から長年見守ってきた熊野皇大神社のことを、広く皆様にお見知りおきいただく機会の一つになればと願っております。よろしくお願い申し上げます。


  • 2020/03/27 16:01

    熊野皇大神社の水澤です。昨日は、応援していただいた皆様へのご祈祷の様子をお知らせする映像を公開しましたが、今日は、皆様から応援とともに頂いた願い事を巫女が手書きした絵馬の準備が完了したので、それを公開いたします。おくられた願い事は、ご家族の健康などの他に、今回の社殿の工事の成就を願われたものも...

  • 2020/03/26 18:23

    熊野皇大神社の水澤です。リターンのうち、なんとか今月中にご用意できたTシャツとステッカーについては、ご祈祷の上本日発送いたしました。(以下はご祈祷の様子のダイジェスト版です、後ほど5分に及ぶ完全版も公開予定です)数日中には、お手元に届くと思います。お手元に届きましたら、お手数ですが、ツイッター...

  • 2020/03/23 12:18

    熊野皇大神社の水澤です。先日リターンの発送の準備を進めているという活動報告をアップいたしましたが、ここへ来て、ご支援のリターンの製造元が、今回のコロナウイルスの感染拡大防止による従業員などの出社自粛の影響をうけ、工場を予定どおりに稼働できず3月中の納期が遅れるとの連絡がありました。リターンをお...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください