2020/03/01 08:00
30年ほど前に助産師として大学病院で働いていました。様々な事情で亡くなっていく赤ちゃんやご家族に関わってきましたが、この時代は、赤ちゃんやお母さんの尊厳が守られておらず、私にとって苦い経験となって今も残っています。今、少しずつではあり...
2020/02/28 08:00
疾患が理由で赤ちゃんとのお別れを決断した方のグリーフサポートの会を運営しております。私自身、2007年に母体の感染症が原因(原因菌は特定されませんでいたが、おそらく生肉による食中毒によるもの)で妊娠5か月で男の子を死産。母体の状況が悪...
2020/02/26 08:00
2年半前に最愛の妹を病気で亡くした経験はあるものの、こどもを授かった経験がないわたしが、このプロジェクトに関わらせていただいているのは、Angieの菅美紀さんとの出逢いがあったからです。妹が辛く苦しい時にも、死の瞬間にもそばにいてあげ...
2020/02/24 08:00
赤ちゃんとのお別れから、1年3年5年10年20年……時の流れだけでは、心の傷は癒えないと感じています。喪失悲嘆から20年以上経過している方でも、心の蓋を閉めて生きている当事者もいます。社会では笑顔で過ごしていても、実は、心の居場所はな...
2020/02/22 08:00
私は恥ずかしながら助産師になって「妊娠すること」・「赤ちゃんが生まれる」事は奇跡だということに納得しました。周産期の赤ちゃんの死に向き合う事により、どんなに科学が進歩しても生命だけは人間の手でコントロールできるものではないという厳しい...