Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

熊本地震 ドキュメンタリー映画『西原村』をつくり、まるごと村へ譲渡します!

5a922d76 5b84 481c 9b75 432d0aba8295.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
2,730,000円
パトロン数
165人
募集終了まで残り
終了

現在68%/ 目標金額4,000,000円

このプロジェクトは、2018-02-27に募集を開始し、165人の支援により2,730,000円の資金を集め、2018-05-17に募集を終了しました

熊本地震から2年。震度7の激震に襲われた阿蘇のふもと「西原村」では、村民と役場職員が復興への道を切り拓こうと懸命な歩みをつづけている。足掛け3年にわたる取材をもとに、その苦悩と奮闘ぶりを記録映画にし今夏、村や熊本市で上映する。制作は「ガスコイン」グループ。完成後は作品を村に譲渡します!

福岡・うきは市「きふね」さんでの上映会(9/29)開催!

きふね上映会

先月9/29土 福岡・うきは市「きふね」さん主催、
映画『西原村』上映会がありました。すばらしいきふねさんの環境のもと、いい時間が流れました。
https://kifune-fukuoka.com/

当プロジェクト広報部長・松本千和氏の盟友・鍋島崇暢氏(きふねの顔)が店を切り盛りするご同僚の熊本夫妻や大和氏、さらに市の弥吉氏をまきこんで、完璧な準備をされていました。

あいにく嵐(台風24号)を呼んでしまい、屋外上映をあきらめ、室内上映に。

そんな悪天候をものともせず、うきは市の方々(ほとんどが西原村にボランティアで出向かれている、ご縁のある方々)や福岡市からご来場者… 村への寄付金も11000円に。

関わってくださった皆様と、熱く語りあえました。

ほんとうに、ありがとうございました!

翌朝の帰路は、暴風雨のさなか。

宮崎に入り、国道10号線には倒木や看板の破片やなにやら、いっぱい。何度も死ぬかとおもいました。

改めて自然災害の怖さを、心身にきざみました。

映画『西原村』PJ、上映会を開きたいかたはご連絡ください。ただし、もう寄付金や支援金は不要ですので、お気軽に、お問合せください。

熊本地震の被災地「西原村を、広く長く知ってもらう」ことが唯一の目的です。 ご一読感謝!

当PJについて詳しくは:
https://sites.google.com/view/nishiharamura-eiga