━━━━━━
▼ 自己紹介
━━━━━━

初めましてor改めまして。本橋尚土と申します。
自己紹介はコチラにまとめさせていただきました。
リンク先をご覧いただければ幸いです
。 

本プロジェクトは複数名で取り組んでおります。
本橋以外は、所謂「裏方稼業」につき、
当人たちの意思を尊重し、
公表は控えさせていただきます。
事情をご賢察の上、ご容赦頂ければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ このプロジェクトで実現したいこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

保育士さんや、図書館の司書さん、
小さなお子様がいらっしゃる方から…

「子供に絵本を読み聞かせたい。」

「読み聞かせのコツを教えてほしい。」

「既存の読み聞かせ講座は回数も多いし、
何より、参加費用の捻出が大変。」

…というご相談をいただいております。

そこで、昨今の状況もふまえまして、
Zoomを利用して、オンライン上で、
簡単な絵本の読み聞かせ講座を開催し、
ご要望にお応えしようと思っております。

皆様からは「参加費」などは頂戴せず、
当該講座を、無料で行わせていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ プロジェクトをやろうと思った理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、先述のとおり、多くの方々から、
「絵本の読み聞かせ講座をやってほしい。」と、
ご要望をいただき、本橋がお手伝いできるなら、
ぜひとも務めさせていただきたいと思いました。

昨今の「コロナ禍」と呼ばれる状況において、
全国の子供たちのストレスは計り知れず、
子供であるが故に、そのストレスを抱え込み、
笑顔を失いつつある現状も、目にしています。

子供たちの、口角を上げるお手伝いがしたい、
その一心で、ご依頼をお受けしました。

…とは言え、恥ずかしながら、後述の諸費用を、
全て当方が工面することは難しいことや、
様々な要素をふまえ、今に至ります。


━━━━━━━━━
▼ これまでの活動
━━━━━━━━━

「絵本講座」という経験はありませんが、
ボイストレーニングスクールのお手伝いをし、
その実績は、延べ10000時間超です。

また、ドナルド・マクドナルドの「中の人」として、
子供たちの前で、読み聞かせを行うなど、
プレイヤーとして、絵本に携わってきています。


━━━━━━━━
▼ 資金の使い道
━━━━━━━━

今回は皆様からは「参加費」などは頂戴せず、
当該講座を、無料で行わせていただきます。

題材は、本橋が選ばせていただくこととなり、
「えんとつ町のプペル」とさせていただきました。

受講なさる方に、ご負担をおかけしないため、
「えんとつ町のプペル」を当方が購入し、
皆様にお届けいたします。

(※おひとりさま=1冊です。)

当該講座の受講をご希望下さっている方が、
現時点で「約40名様」となっておりますので…

【絵本の代金(2200円)×人数(40名様)】

…をふまえ、目標金額を【100000円】とし、
そこから、諸手数料を差し引かれた分と、
40名様分の「えんとつ町のプペル」の購入代金が、
近似値と感じたことや、キリのいい数字なので

目標金額はこのような設定となっています。


━━━━━━━━━
▼リターンについて
━━━━━━━━━

これといったリターン(返礼品)は、
現時点では御用意できていないのですが、
順次、追加していく予定です。


━━━━━━━━━━
▼ 実施スケジュール
━━━━━━━━━━

クラウドファンディング終了日は、
8月27日(木)です。

「絵本講座」自体は、
8月初週から動き出します。
伴いまして、まずは当方で、
必要な費用は持ち出しいたします。

クラウドファンディングで、
ご支援いただけましたら、
持ち出し分に充てさせていただきます。


━━━━━
▼ 最後に
━━━━━

本来であれば、当該講座に参加費を設定し、
皆様から頂戴してもいいのかもしれません。
当方が負担しなくても、いいのかもしれません。

そこまでするのであれば、クラファンを利用せず、
全て自力でやりとげるべきなのかもしれません。

ただ、当方の気持ちだけでは、
実現できないのは事実ですので、
当該講座の運営メンバーを代表して、
プロジェクトを立ち上げ、
皆様に、お願いさせていただきました。

お読みくださりありがとうございました。

(※本プロジェクト内で使用しているの画像は、
全て著作権フリーのものとなります。)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください