G-splashのGには輝くという意味の”glowing"育つという意味の "growing"栄えるという意味の
"glory"の3つの意味が1代目によって込められています。1993年から長い年月を積み重ね、26周年を迎えます。


私たちの活動内容

①4月 新入生歓迎イベント
②6月 関東大学学生ダンス連盟Σが主催する春パーティー
③7月 G-Splash主催のGイベント
④8月 サークル内のショーケースバトルやダンスバトル
⑤11月 ソフィア祭(学園祭)への出演と引退公演
⑥2月 Vintom主催 全国のダンスサークルの中からNo.1を決める、Japan Dancers' Championshipに出場


一年を通して主な活動はこのようになっています。その他個人でダンスイベント出演やバトル出場をするなど精力的に活動しています。

11月のソフィア祭並びに引退公演は一年間サークルを引っ張ってきた執行代のラストステージでもある為、公演に向けての練習量や計画プログラムが増えるだけでなく、サークル内の仲間意識や熱量が更に高まる大きなイベントでもあります。


25周年を迎えた昨年にはサークル史上初めてクラウドファンディングを実施し、48万6000円ご支援いただき、たくさんの観客の方に引退を見届けていただきました。公演は成功し、大きな反響をいただきました。ありがとうございました。

そして今年11月も26代の引退公演を企画しています。

公演を開催するにあたり、

演出費、映像製作費、コロナウイルス感染対策費用等、必要な資金を皆様から募りたいと考えています。


新型コロナウイルスの影響で予定されていたイベントはできなくなってしまいました。

それはもちろん私たちG-splashだけではありません。「エンターテインメント」というものが大きな打撃を受けました。その価値とは何なのか、本当に必要なものなのか、全ての人が考えるきっかけになったのではないでしょうか?


私たちに関しては上半期に予定されていたイベント(上の表中の①〜③)が中止となりました。今まで熱心に取り組んできた練習の成果を披露する場がなくなりました。一緒にダンスをする時間、サークルの仲間と交流する時間を奪われました。悲しみに暮れる中で、最後のイベントである引退公演は、どうしてもやりたい!!その想いで外出自粛期間を過ごしてきました。改めて自分とダンスというものの関係性を考え、それぞれがやはりダンスというものが必要だと、ダンスに対する愛G-splashに対する愛を深めてきました。ステージに立つ「そのとき」に備えて準備をしてきました。

単に踊るだけなら個人でもできます。オンラインでもできます。それでも一緒に汗水流して切磋琢磨してきた仲間と立つステージは格別です。生でしか味わえない感動がステージにはあるということを私たちは知っています。そしてその感動を皆さんにも味わっていただきたいと考えています。


舞台に立てることへの感謝、日頃応援してくださっている方への感謝、自分たちに希望を与えてくれるダンス、エンターテインメントそのものへの感謝、全てをこの舞台に捧げたいと考えています。


今公演のコンセプトは『豪華な演出や華やかな結果だけでなく、過程も大切にして、等身大の私たちを表現する』です。昨年度は25周年という節目の年だったこともあり、G-splashの歴史を振り返った上でその記念すべき年を祝う華やかな公演でした。今年は、その素晴らしさを踏まえつつ、1つ1つを丁寧に、そしてこのコロナによる自粛期間で見つめ返した、自分たちのありのままの姿にフォーカスしたいと考えています。舞台で踊る時間だけが全てではありません。そこにたどり着くまでに「どのような過程を辿ったのか」が舞台の上で滲み出るような、心の温まる公演を目指しています。大きな声では言わないけれど心の底ではお互いのことを認め合い、いつでも等身大のリラックスした自分でいられる、そんな26thらしい公演を目指しています。


そのコンセプトを踏まえて浮かび上がったテーマは『   mirror    』です。今年はキャンパスに入れない期間が長く外部のスタジオで練習する機会が多かったのですが、私たちのホームはこれまでもこれからも、上智大学の第一体育場です。そしてそのホームにある一面の鏡は、ダンスに打ち込む私たちの等身大の姿をずっと映し出していてくれました。鏡に映る自分とにらめっこしながら、ああでもないこうでもないと体を動かしたり表情を変えてみたり…そんな風に日々努力を積み重ねてきた人の集まりがG-Splashです。あの鏡の前に初めて立ったときのことを思い出して、また前に進みます。


「なぜ引退公演をやるのか」の項で述べましたとおり、たくさんのイベントが中止になりました。よって当初予定されていた収益を得ることができず、現在G-splashには資金が不足しています。

それでも
8月  公演宣伝ムービー撮影
9月  練習開始
10月 合宿
と準備を進める必要があります。

さらに、公演本番でベストパフォーマンスをし、それをベストな形で観客の皆さんにお届けするため、照明を含む演出費が必要です。こうした状況を踏まえ、いただいた支援金は以下のように大切に使わせていただく予定です。

[内訳]
演出費・映像製作費・感染対策費用         約250,000円

リターン製作費・クラウドファンディング手数料 約100,000円


どうかお力添えいただけないでしょうか。




このプロジェクトは皆さんや社会にどんな影響をもたらすでしょうか?

1ダンスサークルの1つの公演で、何ができるのか?それは「新しいエンターテインメントの形の提案」だと考えています。従来のスタイルから変化を求められる今回の公演でどのように従来以上に観客の皆さんに楽しんでいただけるか、そして変わらないG-splashの良さをどう守ることができるのか模索しています。その上で私たちがたどりつく公演スタイルが実現する、歴史的瞬間に観客、支援者の皆さんもぜひ当事者として参加いただけないでしょうか?


・お手紙

全てのコースにてご支援に対する感謝のお手紙をご自宅に郵送いたします。


・ステッカー 

今回のクラウドファンディングのために製作します。


・Tシャツ

公演中現役生が着用するTシャツと同じものとなります。サイズ表は以下をご参照ください。


・招待席

1つのお申し込みにつき1席もしくは2席ご用意いたします。オプション欄にてご希望の座席数をどちらかお選びください。座席数による支援金額の変更はございません。1席でも2席でも同じ金額になります。
座席位置については、招待席ブースの中(画像赤枠で囲まれた部分)で当日お選びいただく形になり、指定席という形ではございません。ご了承ください。
別途チケット代は不要です。10月以降に招待席用チケットを郵送いたします。


※コロナウイルスの影響等で公演を実施できなくなった場合、Tシャツへのリターン変更を想定しています。ご了承ください。


・DVD

公演内容を記録したDVDをお届けします。年内のお届けを予定しています。
※DVDに関する権利はG-splashにあります。許可なく賃貸業に使用することや、ネットワーク等を通じて放送できる状態にすることは禁じられています。


・エンドロールにお名前の記載

公演会催時、エンドロールムービーにお名前をお載せします。

支援時に表示される「備考欄」に、必ずご希望のお名前をお書きください。



さらに企業様向けに50000円でCM放映をするコースと、100,000円で企業様のご要望にお答えするコースをご用意しております。


※発送作業完了時にはメールにてお知らせいたします。また、公式SNSにおいてもアナウンスいたします。必ずご確認ください。
※支援に伴い記載していただいた個人情報は、リターンの郵送以外の目的では使用しません。


2020年11月4日(水)  夜 @ルネ小平

※国のルールに従い、定員を半分にして実施する予定です。


【公演実施に向けた感染対策】

・入場時の検温の実施

・消毒用アルコールの設置

・座席数削減
国の方針に基づき半数にする予定ですが、感染状況を考慮しさらに削減する可能性もございます。

・観客の皆様にマスクの着用をお願い

・こまめな喚起の実施

以上を想定しております。

ご支援いただいた資金を大切に使いながら、状況に適した対策を取り、公演を実施する所存です。



ここまでご覧いただき、ありがとうございました!
今回の公演、クラウドファンディングに対する私たちの熱い想いは伝わったでしょうか?
今できること、今やりたいこと、今やらなければならないことを模索しながら、私たちにしかできない引退公演実施に向けて、今後とも努力していきます。ぜひともご支援のほど、よろしくお願いいたします。


<All-or-Nothing方式とは?>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください