長野市権堂「古民家 dining BAR GOFUKU」がクラウドファンディングに挑戦!お客様を再び笑顔で迎えるため。大好きなスタッフたちとともに働くため。街に賑わいを生み出すため。このクラウドファンディングを通じて、GOFUKUとつながりの深いお店についてまずは知ってほしいです!

プロジェクト本文

 

ページをご覧いただきありがとうございます!長野市権堂にある飲食店「古民家 dining BAR GOFUKU」で店長を務める 徳丸 映美(とくまる えみ)です。

このたび発生した新型コロナウイルスの影響により、3月上旬よりお客様の来店が激減。それでも来店してくださるお客様のため、時間短縮などをしながら営業をしていました。しかし、お客様やスタッフへの感染のリスクを考え、4月中旬からは完全休業に入っています(6/2のランチ営業より段階的に再開予定)。

休業してからというもの、静まり返ったお店で普段は手が回らなかった事務作業を進めたり、掃除をする毎日。またお客様を迎えるための準備をしながらも、これからのことを考えると不安ばかりが募ってきました。


また、あの賑やかなGOFUKUはつくれるのかな…。

賑やかな夜の街は戻ってくるのかな…。


それでも、いま自分にできることを考えた末、クラウドファンディングにたどり着きました。取引先の方々や関わりのある近隣のお店の方々のお力を借りながら、そして皆様にも関わっていただきながら、笑顔のあふれる時間をまた作っていきたいです!


長野駅から善光寺のほぼ中間に位置する長野県随一の歓楽街、権堂町。2015年4月にオープンした「古民家 dining BAR GOFUKU」は、この街にある築100年の元呉服問屋をリノベーションしたお店です。長い時間が醸し出す隠れ家のような雰囲気のもと、デートやファミリーでのご利用から、会社・団体のご宴会、結婚式の二次会など、幅広いシーンでお使いいただいています。

一番人気のメニューは、自家製のスパイスでマリネして専用のオーブンでじっくり焼き上げた「ロティサリーチキン」。いずれのメニューも素材や調味料、仕込みにこだわり、お手頃な価格感で美味しい料理を楽しめる空間づくりに励んでいます。

GOFUKUは、権堂アーケード沿いの脇にある開けた敷地「権堂パブリックスペースOPEN」内にあります。呉服問屋兼住居だった建物、それに続く納家、白と黒2つの蔵。いずれも大正時代に作られた貴重な建物で、リノベーションをしてパティスリーやサロン、古着屋、シェアオフィスなど、様々な業種の方々がこの場に集っています。敷地中央の大きな木がシンボルで、夏には新緑が生い茂り、冬には古びた建物のもとに絨毯のような真っ白な雪が広がり、まるで絵本の様な世界観が広がります。

OPENの敷地内。日中はあたたかい光が差し込みます

夏場には店外のデッキと広場を使ってビアガーデンを実施。毎年たくさんのお客様にお越しいただき、この光景は夏の風物詩となっています。そのほか、この広場やGOFUKUのある建物の2階を使ってのマルシェやイベントを定期的に開催しており、季節問わず賑やかな風景が広がっています。

毎年6月中旬から8月末までビアガーデンを実施(本年は未定…でも庭を使ったお食事プランを企画中!)

敷地内をフル活用して様々なイベントも実施してきました

私は知人の紹介でオープン当初からスタッフとして働き、この5年間のGOFUKUの変化を身近に見てきました。当初はこぢんまりとやっていたお店も、時間の経過とともにお店の認知も上がり、定期的に顔を見せてくれる常連のお客様や、団体やイベント利用のご予約も増えてきました。

オープンして間もない頃の様子。懐かしいー!!

仲間も増えていきました。オープン当初は指で数えられるほどのスタッフでお店を回していたはずが、気づけば法人化して、系列店ができて、社員もこれだけの人数に。各店舗のアルバイトやパートの方々も含めれば、30人規模の大所帯となってきました。

山ノ内町「HAKKO YAMANOUCHI」
温泉街に訪れる国内外のお客様に発酵食文化を発信しています

山ノ内町「CHAMISE」
地元産のフルーツを使ったシェイクやフレンチトーストが自慢です

長野市「HAKKO MONZEN」
大正時代建造の商家をリノベーションした”HAKKO”2号店

そして、私も気づけば店長に就任。いままでアパレルや飲食を転々としてきましたが、お店を任されるのは初めてです。経理やシフトの調整、取引先の方々との連絡や発注、スタッフのケア…。責任者になったことで見えてきた店舗運営業務にいまも苦労していますが、社長はじめ仲間たちに支えられ、ここまでやってくることができました。

社員のみんなと。仲間もどんどん増えています。

ここで働いていて思うことがあります。それは、【人との繋がりの大切さ】。飲食店というのは、平たく言えば食事をする場ですが、その環境をつくっているのは料理や空間だけではありません。お客様やスタッフ、取引先の方々、近隣のお店の方々。そうした方々と交わした言葉が、GOFUKUのあたたかな雰囲気を生み出しています。また行ってみたい、そう思ってもらえる空気感を大切にしています。

店長業務や仕事のリズムにも慣れて、繁忙期のひとつである年度末を迎える頃。コロナの脅威が降り掛かってきます。


2月下旬、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「学校の休校」「飲み会の自粛」「テレワークの推進」など、外出自粛の動きが拡大していきました。3月には送別会利用といった大人数のご予約を複数いただいていましたが、ある日を境にキャンセルの電話が鳴り止まず、1日に合計100名ほどのキャンセルが入った日もありました。

直接来店のお客様もガクッと減ってしまいましたが、それでもお越しくださるお客様のため、感染防止に努めつつ営業時間やシフトを工夫して店を開ける、我慢の日々が続きます。しかし、世間の状況は悪くなるばかり。ついには、4月中旬に発令された緊急事態宣言の対象地域拡大に合わせて、全面休業を余儀なくされました。

5月現在のGOFUKUの様子。片付けをしてからしばらく時間が止まっています

多くの飲食店が営業縮小や閉業を迫られたことで、卸売店である肉屋さんや酒屋さんも売上が激減。そして生産者の方々も収入が減っている状況です。私たちが生活する上で「食」は欠かせませんが、外食産業の衰退は食にまつわる事業者に漏れなく打撃を与えています。そして、その他の業種の店舗も例外なく大きな影響を受けています。

街の景色も一変してしまいました。G.W.にはたくさんの観光客でごった返す長野駅ー善光寺間のメインストリートでさえ出歩く人はほとんど見られませんでした。緊急事態宣言が解除された5月下旬現在、日中には少し人通りが見られるようになったものの、夜の街は相変わらず静かなまま。営業を再開しても、コロナが落ち着いても、お客様が来てくれるのか…。不安は募るばかりでした。

多くの飲食店が並ぶ権堂アーケード内も人通りはまばらです


私にとって一番悲しかったのは、家族のように大切なスタッフたちと会えなくなってしまったことです。GOFUKUにはたくさんの学生がアルバイトとして働いてくれていますが、その約8割が女の子。たくさんの妹(だと勝手に思ってる)に囲まれて仕事をさせてもらっています。

スタッフの女子たちと!

特に、私が店長になった時期から働いてくれているこの4人(通称「女子ーズ」)は、私のダメな部分もよく知ってくれていて、その気遣いに何度も救われています。本当に感謝してもしきれません。

大学入学からずっと働いてくれている4人。気づけば3年生です。

店舗業務のほとんどをこなしてくれる彼女たちですが、苦しい経営のなかでは、人件費を削るほかありません。3月からは一緒に仕事をする時間がめっきり減ってしまいました。そしてついには店舗休業。再開の目処も立ちません。これじゃあ、もう彼女たちに会えないかもしれないーー。そんな思いも募らせながら、休業を彼女たちに伝えると


「私たちはずっとGOFUKUのスタッフです」


そんなメッセージを送ってくれました。まだハタチ過ぎで、県外出身の子がほとんどで、心配なこともたくさんあったはずなのに、また支えられてしまいました。泣きそうになりながらも、カッコ悪いので堪えました…笑。

またみんなと一緒に仕事がしたい。そして営業再開したとき、この子たちが働きやすい環境にしておきたい!そんな想いが芽生え、諦めずに前を向くきっかけを作ってくれました。


それからというもの、店舗も営業してお客様を迎え入れることも、スタッフたちと会うこともできない状況下で、それでも私にできることを考えました。そして、まずは自分たちのお店や周りの環境が賑やかさを取り戻すことが、一緒に働く仲間やつながりのある方々、そして街のためになるのではないか、と思いました。

まだまだ先行きは見通せず、気苦労は増えるばかりです。それでも、GOFUKUや、GOFUKUの取引先の方々や、GOFUKUの周りで店舗を営む方々が、少しでも不安を減らして、お客様を笑顔で迎え入れられるように。楽しさを生み出せるように。そうしていけばきっと、街全体に活気が戻ってくるんじゃないかな…と。そのきっかけづくりとして、クラウドファンディングを行なうことを決めました。

クラウドファンディングを通じて、GOFUKUやつながりのある店舗の売上を作りながら、私たちのことを知らなかった人にも足を運んでもらう機会を作る。コロナ前の風景に”戻す”のではなくて、もっとたくさんの方々とつながる”未来の”風景を作るきっかけにしたい。そんな想いを込めて、自分たちのお店に縁ある方々にも協力をお願いしました。

各店舗の様子を伺いながら、クラウドファンディングへのご協力をお願いしました


今回、たくさんのお店にお声がけをさせていただきましたが、突然のお願いにも関わらずみなさん快く参加してくださいました。私の大好きな方々を、簡単ではありますが紹介させてください。

鳥喜代肉店 さん
新鮮で高品質の商品がたくさん揃ったお肉屋さん。いつも親切に対応していただいて、GOFUKUのお肉もほとんど鳥喜代さんから仕入れています。看板商品は信州プレミアム牛!今回のクラウドファンディングでも自慢のお肉をご用意いただきました!HP:http://torikiyo.net

丸本洋酒店 さん
NAGANO WINEはもちろん、世界各地の洋酒が揃う酒屋さん。素敵なご夫婦が親切におすすめやお酒の知識を教えてくれます。今回はご夫婦チョイスのワインとスパークリングをご用意いただきました。大切な人への贈り物する際にはぜひ丸本さんへ!!HP:http://www.maruhon-youshu.com

Foret coffee さん
珈琲に恋した店主が営む自家焙煎のお店。店内提供のコーヒー用にGOFUKUオリジナルブレンドを作ってもらっています。店内に広がる珈琲の香りと、店主の松澤さんのセンスの良さが光る、とても居心地のいい空間です!instagram:https://www.instagram.com/foretcoffee/

Le ciel bleu さん
OPEN内の白蔵にあるパティスリー。笑顔が素敵な店主のこだわりが詰まった、とてもおしゃれなお店です。ここのお菓子をもらった人は幸せな気持ちになること間違いなし!今回は自慢のクッキーとコンフィチュールをご用意いただきました!HP:https://leciel-bleu.info

El pelo さん
店長エミも通っている、OPEN内の黒蔵1階にあるヘアサロン。親身なカウンセリングや適切なケア方法などが印象的です。実はまだオープンはしていないのですが、準備期間にも関わらず対応してくれる優しいお店!9月に正式オープンをお楽しみに!今回はおすすめのヘアケアグッズをご用意いただきました!

Claire さん
黒蔵二階にあるネイルサロン。一歩店内に入ると、センスのいい家具が並んでいて、とてつもなく良い匂いがします!初めての方でも、優しい店主さんがゆっくりとリラックスできる空間を演出してくれます!クラウドファンディングにはネイルケアグッズをご用意いただきました! HP:http://claire.salon

古着屋TRAIANGLE さん
長野県立大学の学生3人が運営する古着屋さん。地域の方々から着なくなった古着を寄付していただき、若い世代へと引き継いでいく、新しい形のお店です。品揃えも豊富で、お気に入りが必ず見つかります!今回は学生限定のお得な割引パスポートをご用意いただきました!instagram:https://www.instagram.com/triangle.furugiya/

IVY PRODUCTS さん
長野市南長野にある、古民家をリノベーションした革細工店。店主の高橋さんが作り出すアイテムや世界観に惚れ、今回のクラウドファンディングを期にコラボを依頼しました!ここの商品を手にしてよかった。と必ず感じてもらえると思います!HP:http://www.ivy-products.com

TOM&HEROさん
GOFUKUの常連さまでもある、気さくな人柄のアーティストさん。ペン一つで仕上げる彼の作品は見るひとを魅了します。今回はGOFUKUオリジナルグッズ用にイラストを描いていただきました! Facebook:https://www.facebook.com/TOM-HERO-633859153416388/


コロナは怖いです。まだまだ安心して外出もできません。そんななかでも、頑張って美味しいお弁当を提供する姉妹店の仲間。休業中とはいえ、お店のために協力してくれた仲間。励まし合いながらこの企画に協力してくれた店舗や業者さん。今回、改めて【人との繋がりの大切さ】を本当に感じました。そして一人ではないんだと再認識できました。

次は恩返しをしていきたい、みんなに笑顔になってもらいたい!そう思いながら頑張っていきたいと思います。最後まで読んでいただき有難うございます!!

お店を再開し、また皆様にお会いできることを、最高なスタッフと共に心待ちにしております。

ご支援、ご協力よろしくお願いします!


■ 実施方式と資金使途について
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額である300万円に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。皆様からいただいた資金は、各店舗のリターン品仕入れ費、発送費、クラウドファンディング実施手数料と、GOFUKUの店舗再開費および人件費に充てさせていただきます。


■ スケジュールについて

2020年5月26日 クラウドファンディング開始
2020年6月2日 店舗のランチ営業再開
2020年6月29日 クラウドファンディング終了
2020年7月中  店舗のディナー営業再開(予定) / リターンを順次発送
2020年7月末  クラウドファンディングの支援金入金


■ お問い合わせ

本クラウドファンディングへのお問い合わせは、本ページ「メッセージで意見や質問を送る」ボタン、または下記メールアドレスを通じてご連絡ください。なお、本クラウドファンディングに関する各店舗への直接のご連絡はお控えください。

古民家 dining BAR GOFUKU
住所:長野県長野市権堂町2300
TEL / 026‐217‐7391
mail / gofuku.7391@gmail.com
instagram  /  Facebook  /  Hotpepper



  • 2020/06/25 00:29

    5月末からスタートしたクラウドファンディング、100万達成いたしました!!日頃お世話になっている皆様、関係者の皆様そして支援してくださった皆様、本当有難う御座います( ´◡͐︎`)目標金額まではまだ程遠いですが、本当に嬉しいです!!クラウドファンディングの実施については、色々な意見があると思い...

  • 2020/06/16 10:00

    こんにちは。GOFUKU店長のエミです!クラウドファンディングにご協力いただいている皆様に感謝いたします!!終了するまで支援してくださった方のお名前がわからないため、お礼ができていない方もたくさんいるのですが、皆様からの応援のメッセージや、あたたかいお言葉に勇気づけられています。まだ通常通りに...

  • 2020/06/03 09:00

    今日からGOFUKUランチ再開しました!( ´◡͐︎`)約1ヵ月半ぶりの営業。なんでしょうかこの気持ちは…うまくいい表せないのですが。ひさしぶりに看板を出してOPEN!!!休業中は色々なことをして過ごしました。クラウドファンディングへの挑戦や、店内清掃や、これからのお店のこと、今まで後回しにし...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください