失礼します。恥を忍んで「お金をください」。富山市で梨を2019年11月より始めました。必要な資材を支払うためです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

皆様のご支援をご協力お願い致します。かき ゆういちと申します。大阪生まれの41歳。 

2019年にサラリーマンを辞めて、富山市で梨栽培を始めました。

2019年は、とやま農業未来カレッジという農業の基礎的な栽培実習や視察、座学、研修、合宿を1年通学し、今年2020年より新規就農する者です。

このプロジェクトで実現したいこと

肥料に使用します。

プロジェクトをやろうと思った理由

非農家から農家へ転身する中で、働いた時間の対価として「お金」を当たり前に頂いていました。それが、自分で「お金」を作る=商品を売る側になった途端に、あまりに無知で貯金も底につきかけています。

こういう追い込まれた状況になると、恥も外聞も関係なく「頂けるチャンスがあるならいただこう」と思いを切り替えて、プロジェクトを立ち上げました。

これまでの活動

いきなり、梨栽培をするのではなく、19年4月より先輩農家さんへ学校休みの土日を活用して、摘蕾・受粉・摘果・収穫・肥料・せん定などをしてきました。今年も継続して先輩農家さんへ指導や作業のお手伝いはしていきます。

資金の使い道

肥料約10万 

足りない場合は自分でなんとかします。


リターンについて

5000円で梨を贈ります。5000円未満の場合は、すみません。御礼感謝のメールでご勘弁ください。5000円以上も5000円と同じ量の梨をお送り致します。ご了承願います。5000円の判断は、仮に10万円で、20人の支援者様に自分一人で梨を収穫して発送できる限界と決めました。

実施スケジュール

2020年4月に肥料代をJAに支払います。


最後に

40歳からの転職は、正直しんどいです。しかし、農家というプライドは日に日に高まっています。がんばります。よろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/03/26 02:16

    花が咲き始める前の状態。花芽と呼ばれる芽の皮が落ちて、写真のような状態になります。毎度ありがとうございます。かきです。防除も始まり、春が近づき数ヶ月には実が成るという今年。梨の実を育てることに努めていきます。

  • 2020/03/20 00:39

    毎度ありがとうございます。かきです。春です。なしです。かきです。タイトル「防除」なんぞや?ですかね。農薬を樹に付ける作業です。まいとし毎年、行っている作業です。写真は「SS=スピードスプレイヤー、乗用型動力噴霧器ですかね」予防接種という表現が近いと、かきは思っています。ここをご理解する気持ちを...

  • 2020/03/14 14:44

    毎度、ありがとうございます。かきです。今日は雨日和で作業を早く切り上げました。頑張りすぎると燃え尽きた症候群になりそうなので。現在、誘引をしております。3/1から始めて現在36本終了です。剪定の時よりは早いペースで進んでおります。来週から病害虫に対する防除が始まります。経験を積み重ねて梨を育て...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください