まちづくりの活性化にはいろんな方法があります。私たちが住む山口県周南市は「周南コンビナート」を擁する「工業都市」。地域活性化策のカギは毎日多く訪れる「ビジネス出張者」だということに気づきました。この街には美味しいものがいっぱい。そういったお店を紹介するグルメ豆本を作りたいと皆で話し合いました!

プロジェクト本文

山口県周南市には毎日、ビジネス出張者が訪れています。でも、生かし切れていない!

山口県周南市中心市街地活性化協議会タウンマネージャーの平義彦です。
同市は人口14万人。瀬戸内海を代表する「周南コンビナート」を擁し、毎日、大勢のビジネス出張者がお見えになります。「わが街のお客様は出張者」。しかし、市民が愛する地元グルメ店は、案外分かりづらい場所にあり、出張者にはまだまだ知られていません。そこで、市民アンケート「100人に美味しい店を聞きました」を実施して、お昼ごはん・夜ごはんのベスト5を紹介する「周南グルメ豆本」を発刊することになりました。

私と一緒に、取材編集作業に当たってくれるのは、山口県立徳山商工高校の生徒有志の5人。

2020年春の発刊を目指して、現在取材に取り組んでいます。

▪️地元メディアにも応援してもらっています。2019年12月27日付読売新聞より

▪️山口県東部に位置する周南市は人口14万人。山陽新幹線徳山駅や、山陽・中国両自動車道が整います

わが街のお客様は出張者!

実際、徳山駅を利用する出張者にインタビューをしてみました。

「地元の美味しいものを食べたいのですが、なかなか店が分からなくて」

「出張に行く前に、事前にネットで調べたのですが、グルメ情報が出てこなかったです」

「飲食店マップを見ましたが、どこが1番美味しいの?」

出張者は、地元の人がよく行く名店の情報を求めています。


▪️瀬戸内海に面する「周南コンビナート」。365日1日も休むことなく、操業している

周南コンビナートとは…

周南市の臨海部には、石油化学をはじめ、無機化学、鉄鋼、セメントなどの多彩な基礎素材型産業が集積し、全国有数のコンビナート群が広がっています。周南コンビナートは、県経済を牽引する中心的な役割を果たしており、製造品出荷額は山口県の約5分の1を占めます。

近年では、工場群の幻想的な夜景を見て楽しむ工場夜景鑑賞が全国的に脚光を浴びてきており、本市も工場夜景を貴重な観光資源として位置づけ、平成23年から陸上や海上から工場の夜景を鑑賞するツアー商品が造成されるなど、官民が連携して夜型観光の推進に取り組んでいます。

現在では、本市の工場夜景は「日本11大工場夜景都市」に数えられ、晴海親水公園から眺める工場夜景が日本夜景遺産の認定を受けるなど、全国的にも高い評価を得ています。(周南市ホームページより)


「出張者向け周南グルメ豆本」の制作スタート!

▪️銀南街商店街で市民アンケートを行う山口県立徳山商工高校の生徒

出会い。

私が、山口県立徳山商工高校1年生約80人に講演したのは、2019年5月。周南市のタウンマネージャーに着任した直後だった。「周南のおススメ」と題したグループディスカッションを試みたところ、最初「周南市には何もない」と言っていた1年生だが、お互いによく話してみると、ふるさとのよいところがいろいろと見えてきた。

家族で行った美味しい洋食レストランやラーメン店、メロンパンの名店、徳山駅、徳山動物園、道の駅、市役所新庁舎、工場夜景、神社の巨木など、誇るべき名所がどんどん出てきた。

後日、生徒からいただいた感想文には「ふるさとの魅力再発見」の文言も。中でもうれしかったのは「まちづくりに参加したい」と申し出た生徒が複数いたことでした。2019年8月には、徳山駅前で開催された「徳山あちこちマルシェ」に、同校の1年生と3年生の5人が合同チームで出店。地元ケーキ店に自ら交渉して、焼き菓子を販売代行し、完売しました。

高校生が参画したまちづくり活性化策第2弾として、情報誌を作ります。

周南市民が愛する飲食店は、どこなのか?

昼ごはん、夜ごはんのベスト5を探る「市民100人アンケート」を実施することにしました。

市民がおススメのお店を選び出し、出張者に実際に足を運んでもらうのが狙いです。この取り組みは初の試みです。高校生も私も、どこが1番に輝くのか、注目しています。

販売計画では、出張者が多く立ち寄る、徳山駅前図書館や、市内のビジネスホテルを予定しています。


体裁

A6判フルカラーP40を予定
ビジネススーツの内ポケットに入るサイズを想定


販売価格

1冊 200円の予定


資金の使い道

印刷費 500,000円
デザイン制作費 250,000円
取材経費 200,000円
PR費用 50,000円

ーーーー

合計 1,000,000円



リターンについて

2,000円 周南コンビナート工場夜景ポストカード

3,000円 周南グルメ豆本1冊

5,000円 周南グルメ豆本2冊

10,000円 周南グルメ豆本3冊&ご当地レトルトカレー



実施スケジュール

2019年12月プロジェクトスタート

2019年12月26日 徳山駅市民アンケート実施
2019年12月30日 徳山駅前商店街市民アンケート実施

2020年1月15日 周南グルメ昼ごはん・夜ごはんベスト5決定(発刊時に公表)

2020年1月26日 銀座商店街「カメラのワタナベ」の協力の下、料理写真撮影

〜2020年3月 デザイン制作

2020年4月 グルメ本発刊 マスコミ発表


▪️新幹線のぞみ号に乗って多くの出張者が徳山駅に降り立つ

山口県周南市に訪れる出張者の皆さんに市民おススメの飲食店を知って欲しいとの想いでこのプロジェクトを進めていきます。未来を担う地元高校生が「経済活性化」を目的とした新たな試みに新風を吹き込んでいます。ご協力よろしくお願いします。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/02/18 07:24

    2月18日付中国新聞「潮流」より。まちづくりを継続支援してくれるコラム記事。いつもありがとうございます。朝刊を目にし、元気をいただきました!

  • 2020/02/16 14:39

    2月16日、タウンマネージャーの私は山口県周南市櫛ヶ浜地区で、市民向け講演会を行いました。私のスローガンでもある「楽しい美味しい美しいが人の心を動かす」に基づき、参加した30人と一緒に各地区の魅力を話し合いました。その中で、現在クラウドファンディング中の「出張者向け周南グルメ豆本」を紹介しまし...

  • 2020/02/16 00:18

    事務局の平義彦です。「出張者向け周南グルメ豆本」のプロジェクトに対し、地元メディアが力強い取材応援をしてくれています。本日は「徳山大学」のご協力のもと、「しゅうなんFM」に生出演。山口県立徳山商工高校の1年生3人が少し緊張しながら、豆本制作に懸かる思いを熱く語ってくれました。取材ポイントや事業...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください