姫路にvintageを扱う古着屋は数件あるのですが、高校生や大学生が買える価格帯の古着屋がありません。そこで古着を自ら買い付け、販売をしたいと考えています。加えて知り合いの服が好きな高校生や大学生に店頭に立ってもらい私服を販売→接客経験や服好きな人との繋がりを増やしていって欲しいと考えます。

プロジェクト本文

自己紹介


初めまして。吉村風哉です。現在は姫路にある兵庫県立大学に通う学生です。大学では服飾サークルを作り、他大学との交流や他団体が主催するファッションショーへの衣装製作と提供などを行っております。


企画内容 

・姫路にはvintageを扱う古着屋は数件ありますが、高校生や大学生が買えるような価格帯(例えばシャツ1枚2000円ほど)の古着屋がありません。

・加えて所謂‘個性的’な服を扱う店もなく、服に熱をかけようとしても「姫路にないし、三ノ宮までは電車で50分、交通費もかかるし諦めるわ」や「姫路でそんな服装してたら周り普通やから浮くやん?」という声を多数聞きます。

★そこで、姫路駅周辺(みゆき通りという商店街の中を予定)で古着屋を経営したいと考えております。扱う商品としてはベーシックなものから奇抜なもの、低価格のものからハイブランドのものまで、私自身が買い付けてきたものを販売しようと考えています。

★さらに服を通じて様々な繋がりや経験を欲しいと考えているので、不定期ではありますが知り合いのファッション感度の高い高校生や大学生に店頭に立ってもらい私服を販売してもらう予定です。それによりアパレルの接客という経験や服が好きな人との繋がりを広げていって欲しいと強く願っています。


プロジェクトを立ち上げた背景

私自身姫路でアパレルのアルバイトをしているのですが客層の影響で高校生や大学生の接客をよくします。その中で皆口を揃えて言うのが「姫路にはお城しかない」です。 

それを聞いて姫路を盛り上げるためになにか私にできる私なりの方法はないかと考えたところ、今回のプロジェクトを立ち上げようと思いました。



これまでの活動

不動産屋に連絡を取り物件を探し目星はつけましたが、月家賃6万+2万(商店街費)と伺い費用の面で断念しました。

資金の使い道・実施スケジュール

家賃の支払い、服の買い付けに使わせて頂きます!

2020年2月末クラウドファンディング終了

   3月上旬物件契約完了

   4月末までに古物商取得&open

          5月末までにリターン発送

リターンのご紹介

5000円以上


シャツ1枚+店頭で使える1000円offクーポン+お礼の手紙

10000円以上

ジャケットorコート1枚+店頭で使える2000円offクーポン+お礼の手紙

を基準に臨機応変に対応させて頂きたいです!


なおクーポンの使用回数は1度のみ、使用期限はございません。


最後に

昔から何か一つのことに熱くなれなかった私自身ですが服に関しては熱くなれました。服を通して様々な人の価値観を知ることもありました。あと一歩踏み出す自信がないとき、好きな服を着ると自信が湧き心がワクワクして一歩踏み出すことができた時もありました。


だからこそ次は自分が、大袈裟かもしれませんが服を通して誰かの人生を1%でも良い方向に変えられればなと思います。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください