沖縄で唯一のプロレス団体を率いるグルクンマスクが、生まれ故郷の大阪府枚方市で「夢を叶えた大人」の講話とプロレスの試合を観てもらい、子供達に夢を見る楽しさ、好きな事は好きって言っていい!という事を伝えたい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

皆さんこんにちは!

僕は沖縄で唯一のプロレス団体、琉球ドラゴンプロレスリングの代表でありますグルクンマスクと申します。

どうぞ宜しくお願い致します。

琉球ドラゴンプロレスリングは2013年4月に沖縄の真ん中当たりにある嘉手納町というところで旗揚げをしました。

スローガンは「プロレスで沖縄に夢と勇気と感動と笑顔を!」。

僕自身がプロレスからもらった言葉を、そっくりそのままスローガンにしています。

御陰様で7年の間に県内色々な場所や地域で試合をさせて頂きました。

リングさえ置けばそこが試合会場!なので、国際通りや商店街、イオンモールやショッピングセンター、

はたまたハンバーガーショップや離島や洞窟や海の上でも!

県内のみならず県外、海外でも皆さんにプロレスで笑顔になって頂いております。


このプロジェクトで実現したいこと

僕は選ばれた人間ではありませんでした。

幼少期からプロレスラーに憧れるものの、喘息をわずらい、たびたび学校を休むいわゆる”病弱少年”でした。

勉強や体育の成績も部活の成績もとりたてて良い訳でなく、本当に普通の、いや普通以下、運動をするとすぐ喘息の発作が出て学校に行けなくなる落ちこぼれ、コンプレックスを抱えた少年時代でした。

そんな僕の心の支えはプロレスを観る事でした。アントニオ猪木!藤波辰爾!長州力!タイガーマスク!スタンハンセン!アンドレザジャイアント!ジャンボ鶴田!天龍源一郎!・・・当時はプロレス黄金時代といわれ、金曜夜8時に放送され日本列島に一大ブームを巻き起こしました。

僕はプロレスに夢中になり、いつしか「プロレスラーになりたい!」という淡い夢を抱きます。しかしながら、前述の通り持病の発作に悩まされる日々。いつしかその思いは胸の奥にしまったまんま、約20年の月日が流れました。

プロレスラーになる夢も諦め、普通の仕事に就いていた30歳の時に、転機が突然訪れました。

当時運動不足解消のため、キックボクシングのジムに通っていた僕に「プロレスのリングに上がってみないか?」という誘いが舞い込んで来たのです。

立場は「プロレス団体に殴り込む格闘家」。それでも、夢にまで観たプロレスのリングに上がれる事になり、くすぶっていた夢が突然叶ったのです。

それから紆余曲折を経てただいまプロレスラー19年目。沖縄に住まいを移し、この場でさらに大きな夢が叶いました。

子供の頃に観ていた選手との対戦。藤波さん、天龍源一郎さん、越中詩郎さん、獣神サンダーライガーさん、船木誠勝さん、タッグで組ませて頂いた長州さん・・・ほかにも、数えきれないくらいの夢が、この沖縄で叶いました。

いろいろあるけど、僕はとっても幸せです。

好きな事を好きで居続けて、ずっと好きだって言い続けてたら、こんなに素敵な経験が出来た。

48歳のオッサンなのに、です。

そんな僕の想いや経験を、僕を育ててくれた故郷枚方の地で、未来を担う子供達に伝えたい。

夢見る事の楽しさを、みんなに感じてもらいたい。

そう思って、今回の企画に至りました。


私たちの地域のご紹介

僕の生まれた大阪府枚方市は大阪と京都の中間地点、「ひらパー」があるベッドタウンとして有名です。

しかしながら住んでいた頃はコレといってパッとした所がなく・・・良くも悪くも「無難」な地域性でした。

それならば枚方に縁もゆかりもある僕がみんなに元気を伝えよう!それが生まれ育った枚方市に出来る恩返しだと、考えました。


プロジェクトを立ち上げた背景

今現在僕が住む沖縄では深刻な教育問題を抱えています。

子供の貧困、教育レベルの低下。大人の世界では就職難や離職率全国一位、平均収入ワースト1位なんていう不名誉な結果も出ています。

そんな中僕たちは県内でプロレスを通じ、教育機関や公共団体で夢を見る楽しさを伝えてきました。

実際にプロレスを観てもらうのはもちろんの事、選手の体験談や子供の頃の話等の講演活動も何度か開催しています。

将来に不安があるなら「夢」を観よう!そして希望を見いだそう!

今はいましかないし、未来は光しかないのだから!

そういった活動を続けてきました。

それを、生まれ故郷でもやりたい。そして何かを感じてもらえたら幸いだな、と思ってプロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

沖縄県内では、

・沖縄市グッジョブ連携協議会主催による小中学校での社会人講話

・うるま市グッジョブ連携協議会主催による小中学校での社会人講話

・嘉手納町社会福祉協議会による講話

・立命館大学各学舎における講話「地域社会と観るスポーツ」客員講師

・豊見城市上田小学校PTA主催「夢を叶えたプロレスラー」(集団学習活動の一環)

他高校、倫理法人会等でも多数講演。


資金の使い道・実施スケジュール

僕の団体「琉球ドラゴンプロレス」の主要選手全員で、僕が沖縄でやっている夢のカタチをそっくりそのまま観て頂きたい。そのために

・選手の移動費、宿泊費等経費

・リング設置費用、人件費

が必要となります。

現在会場である枚方市津田生涯学習センターとは既に打ち合わせ済ですので、以下が開催要項となります。

<イベント名>

青少年育成・子育て応援「夢を叶えよう!講演会とプロレス」〜弱虫だった長尾の少年が沖縄でプロレスラーに〜

<日時>

2020年3月20日(金祝)13:00〜(観覧無料)

<会場>

津田生涯学習センター

<開催概要>

先着予約制80名

<開催スケジュール(予定)>

11:00 絵本読み聞かせ

13:00 リング上で講演開始

13:45 講演終了〜休憩〜

14:00 ちびっこプロレス教室

14:20 プロレス試合開始(2〜3試合)

15:20 試合終了〜質問コーナー、写真撮影会

16:00 終了


リターンのご紹介

◇2,000円・・・開催記念ステッカー

◇5,000円・・・開催記念ステッカー、グルクンマスクからの御礼メッセージ動画

◇10,000円・・・開催記念ステッカー、特製Tシャツ、協賛枠掲示(A4サイズ1枠)

◇30,000円・・・開催記念ステッカー、特製Tシャツ、協賛枠掲示(A4サイズ2枠)、リング上でグルクンマスクと記念撮影

◇50,000円・・・開催記念ステッカー、特製Tシャツ(2枚)、協賛枠掲示(A4サイズ3枠)、リング上でグルクンマスクと記念撮影

◇100,000円・・・開催記念ステッカー、特製Tシャツ(2枚)、協賛枠掲示(A4サイズ4枠)、リング上でグルクンマスクと記念撮影、当日使用(または使用済)マスク



最後に

「今の社会は子供達が夢を見られない社会になりつつあります。だから君たちが、夢を見せられる大人になって下さい。」

団体旗揚げの際に、嘉手納町長・當山宏様に頂いた言葉です。

僕はずっとそう思って、沖縄県内で活動してきました。

沖縄で培ったこの想いとチカラを、沖縄で集まった仲間とともに、僕の故郷に伝えたい。

何卒ご支援の程、宜しくお願い致します。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/03/23 12:02

    皆様こんにちは。グルクンマスクです。此の度は当プロジェクトをご支援頂きまことに有難う御座いました。御陰様を持ちまして、329,000円もの金額が集まりました。皆様のご協力、本当にありがとう御座います。本来でしたら先日20日に開催される筈でした。代わりとして、山口県柳井市にて大会を開催致しました...

  • 2020/02/25 09:26

    皆様このたびはこちらをご覧頂き頂き誠にありがとうございます。昨今多数報道されております通り、新型コロナウイルスの拡散防止のため国内外のイベントが次々と中止・延期の措置を取っております。今イベントも例に漏れず、公共施設を利用してのイベントという事で市の意向に伴い開催されないことが決定致しました。...

  • 2020/02/14 12:06

    こんにちは!グルクンマスクです。先日会場である、枚方市津田生涯学習センターに打ち合わせに行ってきました。東京から夜行バスで弾丸です!笑この会場は枚方在住時、図書館に通ったり催しで立ち寄った場所。隣には市役所の支所がありますので、受験のときや引っ越しの際に手続きに度々訪れたりしていた事もあります...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください