発達障害のお子さんご家族の方が安心してなんでも相談できる場所になるような事業所にしたいと思っています。相談したいけどどこに相談すればいいか?分からず悩んでいる方が多いと思います。まずは支援相談員に話してお子さんや家族にとって何が必要かどうしていきたいかなどお話を聞いて進めていきたいと思います。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

一般社団法人 calm 代表菅原亜樹子

発達障害通所療育教室で2歳〜小学生の療育の指導員をしていました。

現在は保育園にて障害のあるお子さんの担当として保育補助をしています。

このプロジェクトで実現したいこと

発達障害者支援相談事業所を設立し、色々な悩みを抱えているご家族の支援をしながら信頼関係を築き、新たな道を開けるようご家族・本人と考えていきたいと思います。

私たちの地域のご紹介

荒川区には相談事業所が少ないため、どこに相談したらいいのか?分からない方や療育教室を決めてから相談に来る方がたくさんいらっしゃいます。

まずは相談できる場所があるということを知ってもらい、その子にあった療育や生活習慣を進めてあげたいです。 

数年後には児童相談所もできる事から少しでも多くのお子さんの力になってあげたいと考えています。


甥に発達障害のあることがわかり、いろいろと調べたり役所に相談をしたりしましたが何がいいのか?何があっているのかわからず、とにかく甥の気持ちを聞く話し相手になるところからはじめました。


療育教室では人と目が合わない・言葉が出ない・一人遊びばかりしている・お友達との関わりができないなどいろいろ症状のあるお子さんがいることがわかり、心理カウンセラーと強度行動障害の資格を取得して療育やプログラミングをおこなってきました。


資金の使い道・実施スケジュール

事業所の場所の契約 50万円

内装費 60万円

鍵付き車庫の購入 20万円

事務所専用のパソコン 10万円

事務机・相談室の机の購入 20万円

ポスターの作成 10万円

リターンの購入費 10万円

人件費 20万円

2020年2月末までに準備しポスターの配布などを行い、4月スタートを目指しています。


リターンのご

睡眠障害がある方にはアロマパッチ(6日分)を提供させていただきたいと思います。

無料相談券 90分 (10名さま)相談予約はメールにて承ります。

タオルハンカチ2枚セット (10名さま)

最後に

話を聞いてあげることの重要さを知り、悩んでいる方の話を聞き新たな道が開けるよう一緒に考えていきたいと思います。

話を聞いてもらうこと話すことで、気持ちも和らぎいつもとは違う気持ちでお子さんに接する事が出来るようになったり、今まで知らなかった一面が見えてきたりもします。

一日も早く相談が出来るよう設立して、悩みを解消してあげたい。

皆様のご協力・ご支援をお待ちしております。

宜しくお願い致します。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください