十勝は、北海道内でも特に女子サッカー人口が多い地域です。幼稚園保育園を経て小学1・2年生でも女子サッカーが取り組める環境が必要では…中学生になったら女子サッカーに取り組める環境が乏しい…そんな環境を変革すべく、十勝が舞台【なつぞら】の機運高まる、この時にクラウドファンディングを立ち上げました!

プロジェクト本文

【リターンに関して 訂正とお詫び】
10000円、30000円、50000円の衣服のリターンについて全てサイズの「O」が設定されておりませんでした。お詫び申し上げます。つきましては衣服のサイズ「O」をご希望の方は備考欄にご記入ください。対応させていただきます。
----------------------------

NEXT GOALの達成に大感謝!大感動!

まさか…NEXT GOALまで達成できるとは…
支援者のみなさんのおかげです。
いつも言っていることですが、当たり前ではありません。
感謝しています。本当に!!
残り10日を切りましたので3rd企画!
次を目指して目標を立てさせていただきました。
3rd GOALは777000円です!わたし7が好きです

ここを達成できれば、
5000円以上の支援者全員にオリジナルスティックバルーンを1セット送らせていただきます。
・選手たちにエールを送ります。さらに応援グッズ購入資金にあてさせていただきます。

サポーターの皆さんの応援グッズをさらに検討しました。
メガホンは皆さんがよく使います。
さて、スティックバルーンはどうでしょう?
わたしは北海道のサッカー界では直に見たことはありません
作成、チャレンジしてみたいです!
しかもチームのオリジナルです!デザインは検討します♪
※ググると、どんなものかイメージできます。
さぁ残り10日を切りました。約一週間、わたしは様々あってマレーシアにいってきますが、
現地から、画像付きで活動報告をどんどんあげていきます。
ROCCAFORTE TOKACHIのチームロゴを所持して撮影ガンガンしてきます。
最終週は注目が高まる傾向があります!支援者のみなさま、また閲覧して気になった方々、
何もない荒野に華が咲こうとしています。チーム創設です。
子どもたちの未来のために、終盤までよろしくお願いいたします!

----------------------------

開始から半月での達成に大感謝しております!

次を目指して目標を立てさせていただきました。NEXT GOALは450000円です!
ここを達成できれば、
5000円以上の支援者全員にオリジナルタオルマフラーを1本送らせていただきます。
・選手たちにエールを送ります。応援グッズ購入資金にあてさせていただきます。
※タオルマフラー案です。1本の発送です。

タオルマフラーも、応援グッズもともにサポーターとしての必需品です。
パーカッションを鳴らして、メガホンで歌って、リズムよく声かけしていくサポーターを想像するとたまりません!!地域の女子サッカーにはそのような文化は今のところ見たことがありません。
男子サッカーではよく見る光景ですが…応援していくと選手たちのモチベーションの上がり方はハンパない!!です。

さらなる拡大に残りの日数をかけていきます。わたし自身のメディアへの露出もありますので、チームとして大きなチャンスを迎えております!終盤までよろしくお願いいたします!

----------------------------
はじめに・ご挨拶

私は、北海道十勝の私立高校で勤務をしております、吉田勇介と申します。小学校3年生からサッカーを取り組み始めて、28年間が経過しました。男子サッカーの指導を13年間続け、ここ数年で女子サッカーに関わるようになりました。高校で勤務している中、クラウドファンディングをSTARTしていいのか!?について職場を含めて関係機関にも相談をしたなかで、GO!のお返事をいただけたのでこの度、挑戦を決めました。

クラブチーム名は
【 ROCCAFORTE TOKACHI U-15 】

スクール名は
【 ROCCAFORTE TOKACHI U-8スクール 】です。


ROCCAFORTE(ロッカフォルテ)とは…
堅固な要塞 というイタリア語です。簡単には相手にプレーさせない!しぶとく執念深いプレーにチャレンジしていきます!イメージ通りのチームへ成長していけるように努力しています!

このプロジェクトで挑戦したいこと

端的に言うと【女子がサッカーを取り組める環境づくり】です。
わたし自身、サッカーは、男子が中心になって取り組むスポーツである思っていました。学校側からチャンスをいただき、女子サッカーに関わらせてもらうようになったとき、一所懸命に努力している女子が多くいることを目の当たりにしました。サッカーは女子だって取り組めるスポーツです。今ではそう感じます。

さて、私がかかわってきた中でよく耳にする言葉があります…

男子と一緒に取り組む環境がほとんどで、サッカーを続けようか悩んでいる

これは何とかしてあげたい!と強く感じるようになり、自身にできることは何か模索していくなかで、この度、女子がトレーニングできる環境を創設して、スクールとチームを作りたいと心に決めたました。もちろん、男女一緒のトレーニングを否定するつもりは全くありません。一緒のチーム内において男子に負けない心で取り組む女子もいます。
(少し前の図ですが、見てもらってもわかるようにキッズ年代・中学生年代はサッカーを続けていくのが難しいのです。)
※図はJFAのサイトより転用【U-8スクール】は小学1・2年生女子が対象です。
6歳までの子どもたちが、そのまま小学校にあがってもスムーズにサッカーを続けていけるように創設します。十勝ではキッズ対象の取り組みが活発でイベントも豊富です。その中で女の子もいます。サッカーに取り組んでいる女の子たちは、男子に比べて少ないです。その女の子たちは、小学校にあがるとそのまま地域のサッカー少年団に入っていくのが最初は難しい状況があると感じています。
 
今まで一緒にボールを蹴っていた仲間とサッカーができない…」という部分です。 
 
小学校に入学すると、ほとんどがバラバラになってしまいます。せっかく楽しんで取り組んできた経験があるのですから、まずはここをつなげていきます。小学校でもサッカーをやる、その最初のきっかけ作りになるのがこのスクールになればいいと今は思っています。3、4年生以降は公式戦もでてきますので、各地域でサッカーを続けていってほしいと願っています。そして、十勝管内の4~6年生は十勝地区サッカー協会の指導のもと、地域女子トレセン活動があって、日頃から女子同士でトレーニングをするために一同に集うことが可能になります。
(本スクールでは現状は3年生以降の組織作りの予定はありませんが、未来にはできるかもしれません)

サッカーは脳から一番遠い足をつかってプレーするスポーツです。私は、サッカーが脳の活性化にも良い影響を与えていけるスポーツであると思っています。状況判断、直感力に加え、あらゆる面が問われます。サッカーは面白いです!世界のサッカー人口や注目度がそれを裏付けています。トレーニングの頻度は、まずは月に数回(週末)からスタートする予定でいます。また、スクールの運営ですが保護者の方にお願いしたいのは送迎です。娘が「サッカーをしたい」と言っている。…どうか送迎の面でご尽力いただければと思います。ほかにお手伝いしていただくことは緊急時以外はありません。
(ちなみにサッカー・フットサル経験者の女性が指導にかかわってくれます)


【Uー15クラブチーム】は中学1年~3年生の女子中学生が対象です。
新規でチーム化していくなかで、より高いレベルのトレーニングをおこなっていけるように狙っていきます。2020年度から北海道でU-15の女子リーグが出来上がります。それに出場を目指します!トレーニングできる環境は、ある程度整っております。学校内の敷地(芝生があります)を使うことが可能です!中学校の勉強を終えて、放課後にみんなで集って、強くたくましく成長していきたいです!冬にはフットサルも取り組みます。

U-15クラブチームについてのトレーニングやビジョンについて(少し長く書きます)

広域なこの北海道十勝において一カ所に集中して皆で集ってサッカーに取り組むのは本当に大変なことです。できる限りですが、保護者の方々と歩み寄りながらすすめていかねばならないと思います。
トレーニング・ゲームに関しては、4日or5日/週7日で考えています。ただし、月曜は除きます。平日のトレーニングは基本は放課後の16:50開始で考えています。ただし、この時間からの開始になると参加できない家庭も出てくることから、すべてのトレーニングをこの時間帯にするのではなく、18:30以降開始で室内でトレーニングしていくことも考えています。(例1・2を参照ください)このように時間設定していくことで工夫ができると思っています。チームの運営に関しては、保護者の皆さまで後援会(仮)を発足していただき、話し合いで運営費・予算を決定していければと思います。
(トレーニング会場へのバス送迎は、金銭面で男子の他のクラブチームのような運営はできないので、現状はありません)

トレーニング会場は、基本は高校の敷地内ですが、地域の協力を得ながら近隣の芽室町や音更町の施設をお借りすることも可能になってくると思います。現段階で興味深いお話を聞くことができています。

出場する大会に関しては、シーズン中は【U-15北海道リーグ(仮名)】がメインとなります。北海道協会関係者によるとトーナメントの大会が今後、減っていく予定だそうです。リーグ戦にかぶっていない日程の中で出場できる大会に関しては積極的に出場していこうと考えています。
オフシーズンは、【フットサル選手権(基本は道大会)】がメインになると思います。この他、【全十勝フットサル大会】に出場予定です。
展望を描いています。近い未来、大きい舞台でパフォーマンスを発揮してもらいたいと思っています。
(9/9 追記:クラウドファンディング成功時にはU-15にも女性コーチが配属決定となりました!)

私がこのスポーツを始めたきっかけ

女子サッカーをはじめたのは、大きく2つの活動ビジョンがあったからです。
それは…

1 〈 ひたむき・芯が強い・明るい・礼儀正しい 〉
2 〈 励ましを大切にする 〉
 

1は、日本サッカー協会のHPにも若干の記載がある部分ですが、次世代を生きていく女性ということを考えると、こういったことがサッカーの中でも鍛えていけるようになったら素晴らしいと感じたからです。

2は、自分自身がポジティブなコーチングをこころがけ、未来に向けて前進させるために日頃から大切にしていることです。日本は自己肯定感の低い国という調査結果があります。ネガティブな部分よりポジティブにかかわっていくことが、21世紀において必要なことなのではないだろうかと感じています。励ましがチームの根幹です。

これまでの歩み・軌跡

わたし自身、この十勝でいくつか女子のチームやスクールにかかわらせてもらうことができ、ここまできました。取り組む中でうまくいかないなと感じることが多くありました。男子サッカーでの常識はすべて通じません。また、女子の姿勢に学ぶことが多くあります。全てをここで述べることはできませんが、いろいろ…孤軍奮闘の部分が多いです。そんな中、クラウドファンディングを知って拡大に挑戦しようと決めました。

確か、ガンジーが言ってました。
「善いことはカタツムリの速さですすむ」
 
地道に歩みをすすめていくしかないです。このような女子サッカーの環境を求めるひとたちがいると確信しています。

資金の使い道・実施スケジュール

2019 夏秋 クラウドファンディング成功へ
2019 秋冬 広報活動と体験トレーニング会の開催へ
2020 春  スクール・クラブチームの始動!と支援者の皆さまへのお礼★

資金は、スクールとクラブチーム始動のために必要なアイテムの購入に20万円を考えています。2つの団体分のアイテムとなります。広報広告活動をする際にポスター、配布用ビラ、広告掲載を仕掛けたいので2万円を考えています。体験トレーニング会はより楽しいものを企画したいので運営に2万円を考えております。当日の保険、ケガ処置対策もしなければいけません。参加者の心をつかむためのおまけも企画したいです。そして、支援の皆さまへのリターンに5万円と考えております。


リターンのご紹介

金額に応じて…お礼をさせていただきます!
詳細はリターンについて画像をつけてある部分を参照ください。

●感動と真心こめたサンクスメールをお届けします。
●スタッフ手書きのお手紙をお届けします。
●広報活動の発行物に氏名を掲載させていただきます。
●戦いへの決意を込めた動画(選手とスタッフ)をお届けします。 
●ROCCAFORTE TOKACHI 応援ポロシャツをお届けします 。
●クラウドファンディングを考えている方へのアプローチをします。
●選手とスタッフの集合写真をお届けします。
●ROCCAFORTE TOKACHI U-15 創設記念レプリカユニフォームをお届けします。
●直接、お礼をさせていただきます。

最後に

新時代を拓く、新しいスタイルで女子サッカーに取り組ませてください。サッカーというツールを使って、子どもと共にスタッフも成長していけるチャンスをください。

戦いは劣勢です。しかし、この荒野を開拓するパイオニア精神で、この北海道十勝から希望をもった選手を未来へ送りださせてください。
NHKの連続テレビ小説【なつぞら】の機運高まる、この時!女子サッカー選手で構成される人材集団で城を組み立てていきたいのです!やがて簡単には崩れない、芯が強い、人材城をこの十勝で!
あなたの支援をスタッフ一同、こころよりお待ちしております!

<All-or-Nothing方式でファンディングします>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません

  • 2019/10/19 18:43

    さあ1週間!といっても、あとは告知していくのみの期間です。期待したいのは十勝毎日新聞への記事の掲載。実は取材してくれた記者の方も、いつもこのクラウドファンディングのページを見てくれていることがわかりました。スポーツ記事担当だそうです。多忙なことでしょう…気にかけてくれてありがたいです!写真はS...

  • 2019/10/18 21:42

    マレーシアにはまだおります。中学高校セットの学校へお邪魔しました。昼食時間の空き時間を利用して、女子生徒や校長先生に様々きいてみたところ、ここの学校には男子サッカー部しかないとのこと。バドミントンやボーリングは取り組んでいる女子生徒もいますけど、といったところ。わたしの女子サッカーのチームロゴ...

  • 2019/10/17 18:00

    残り9日です!画像からはよくわからない…ココナッツを直に飲みながら、持ち込んだチームロゴを撮影!マレーシアでも、いろいろ企んでます!というアピールです。ここ、女子サッカーの普及はどうなってるのでしょう?…あれ?気になってきました!!!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください