多くの地方の酒蔵 には、市場に中々出回らない”希少な日本酒”が存在します。それは、品質の維持のために生産量を確保できないという問題から一般流通では出回りません。そんな日本酒を知って頂きたいと、東京農業大学(日本国内の酒蔵の半数以上がOB/OG)の学生である我々が本プロジェクト立ち上げました。

プロジェクト本文

<蔵の継承者✖CAMPFIRE=限定プロジェクト=>

 今回のプロジェクトでは、現役の大学生でありながら、将来の日本の酒蔵を引っ張るその後継者が中心に挑戦します。5つの蔵が、独自の造りを生かすための工夫を凝らし酒造りに挑戦します。ぜひこの日本酒を飲みながら、新たな時代の始まりを楽しんで頂きたいです。

*限定70名様、11月10日(日)に大試飲会を開催(詳細は下記)!!

*ラベルデザインは後日、発表します
*取り扱う日本酒はCampfire限定です


 日本酒は、 米・米麹・水 という単純な原料で造られるにも関わらず、味は無限の多様性を有しています。*上述の3つ以外を入れた場合、その他のお酒(雑酒)に分類されます。

 日本酒の味は、①に麹、②にもと、③に造り、で決まると言われているように、これら3要素における様々な組み合わせが日本酒の味や香りに多様性を生み出しているのです。つまり日本全国各地に存在する酒蔵それぞれの意思やこだわりによって造られる日本酒は全てが唯一無二の酒なわけです。それは「好みは人それぞれ」のニーズに応えることのできる可能性を秘めています。しかし、利便性の向上した現在でも、蔵元の人出不足や流通の面から、全国各地の人々が全国各地の日本酒を楽しむという環境は未だに整っていません。

 日本酒造りには、良き水の下で清酒酵母を働きやすい環境を作らなくてはいけないため、酒蔵の多くは地方に存在します。こういった酒蔵は、古くから地酒などの地元の人に愛されたお酒を造ると共に、観光客に対してはその地域の名産品としてその代表銘柄として古くから愛されてきました。一方で、主要都市への人口集中などにより、これらの日本酒に触れる機会は徐々に減ってきており市場に中々出回らないローカルな日本酒として一般消費者には手の届かない日本酒が増えてきています。

 他方で、我々は、そんな酒蔵の息子が集まる東京農業大学の特徴に着目しました。東京農大には、全国の大学で唯一「醸造」をその名に持つ学科があり、全国から醸造に関して学ぶことを強く志す学生が集まります。そんな全国の特徴的な酒蔵の日本酒を楽しんで頂くための第一歩として、地方を代表する蔵元の息子たちと共に、本プロジェクトを立ち上げました。



 皆さん、「実家が酒蔵だったら・・・」と思ったことはないでしょうか。

 日本酒好きな人であれば、一度は思ったことがあるはずです。今回のプロジェクトメンバーは、東京農業大学の現役の学生であり、酒蔵の息子が中心です。

 私たちは、先代を超える日本酒を作るために、日本で唯⼀の“醸造”をその名に持つ東京農業大学に進学しました。実家は、青森県・山形県・茨城県・鳥取県と、東京からかけ離れたところから上京し、在学中の4年間で必死に酒造りの神髄について学んでいます。

青木善延(青木酒造・茨城県) 醸造科学科3年

青木酒造は天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に、茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業しました。現在では古河唯一の地酒を造る酒屋として、小規模ながらも家族で営み、代々受け継いできた土地や伝統を守っています。清酒御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したのです。代表銘柄「御慶事」では、茨城県の酒造好適米「ひたち錦」や県産の酵母、茨城のブランド米「ふくまる」などを使用して酒造りを行っています。

主な受賞歴:令和元年全国新酒鑑評会 金賞

代表銘柄:御慶事

他の蔵の好きな銘柄:出羽桜 雪漫々・田中六五 純米・磯自慢 特別本醸造

本プロジェクトで提供の日本酒の特徴(味わい芳醇タイプ)
 茨城県産の酒造好適米「ひたち錦」、茨城県の醸造試験場で分離された酵母を使用した爽やかな香りとジューシーな味わいが特徴のお酒。


梅津久敬(梅津酒造・鳥取県) 醸造科学科2年

 実家の梅津酒造は1865年から初代・平蔵が地元に密着した酒づくりを行ってきました。三代目では代表銘柄「富玲」が生み出され、四代目・清酒の研究者でもある雅裕は地元の長芋を使った砂丘長いも焼酎を造り、わたしの父である五代目・雅典は地元特産の完熟梅を使った日本酒仕込みの梅酒「野花」を造りました。そして、清酒の原点に戻るべく生酛仕込みにも熱を注ぎ、酒造りに喜びと難しさを感じながらもを行なっています。

代表銘柄:冨玲(フレー)

他の蔵の好きな銘柄:新亀酒造 ひこ孫

本プロジェクトで提供の日本酒の特徴(燗酒・甘味系)
 地元「ジゲ酒の会」が、田植えから酒搾りまでを手掛けたお酒です。味わいがあり、名前の通り〝うまいがな〟(鳥取の方言)と好評。いかにも地酒らしい愉快なお酒です。どっしりとした味わいがあり、常温から燗酒がおススメです。うちのおさけは特に燗酒が美味しいので一手間かけて温めてお召し上がりくださいませ。


高橋かおり(高橋酒造店・山形県) 醸造科学科2年

 実家の髙橋酒造店は明治35年(1902年)に創業し、出羽富士と賞される鳥海山の伏流水を仕込水に使用し、全量特定名称酒のみの製造販売を行っています。滑らかで丸みのある酒造りをし、香り控えめな食事に合う酒造りを先代の社長の時から目指しています。全国新酒鑑評会で10年連続金賞をいただきました。今回このプロジェクトに参加させていただく私は大吟醸 芳 から名付けていただきました。

主な受賞歴:全国新酒鑑評会で10年連続金賞受賞

代表銘柄:東北泉

他の蔵の好きな銘柄:新政 No.6・田酒 特別純米

本プロジェクトで提供の日本酒の特徴
  酒造好適米「山田錦」を50%まで精白し、長期低温発酵で仕込んだ純米大吟醸です。鳥海山系伏流水の仕込みによるやわらかな含み、山田錦が持つしっかりとしたハバのある旨み、また山形酵母による香味のバランスの良さが特徴です。


鳴海季輝(鳴海醸造店・青森県) 醸造科学科3年

 実家の鳴海醸造店は1806年から続く造り酒屋です。代表銘柄は「菊乃井」「稲村屋」。2代目が菊の花を愛し、また吟醸作りの搾りの際に槽口に菊の枝を置いて成功したことから「菊乃井」が生み出された。また父である7代目が家の屋号である「稲村屋」を銘柄にし沢山の人から愛される日本酒を作っております。酒造好適米、酵母には青森県産のを主に使っており、新たに地元の新品種や復興米での酒造りにも挑んでいます。

主な受賞歴:令和元年全国新酒鑑評会 金賞

代表銘柄:菊乃井

他の蔵の好きな銘柄:写楽の純米酒・喜多屋の特別純米酒

本プロジェクトで提供の日本酒の特徴(華やか・淡麗スッキリ)
 甘口のお酒で華やかな香りでスッキリとした味わい。鶏肉の料理や洋食にも合うシャインマスカットを連想する香りが特徴の日本酒です。


 多くの蔵元には、市場に中々出回らないローカルな日本酒が存在します。それは、品質の維持のために生産量を確保できないという問題から一般流通では出回りません。こういったお酒は蔵の代表銘柄として古くから地元の人には愛されているものの、全国の消費者には入手するハードルが高いものです。さらに、数ある日本酒からどれを選べばいいかわからない故に(名の知られているものを選べばいいかになる)、その日本酒に手を出しにくく、日本酒をより知ってもらう為の仕組みづくりが必要です。

本プロジェクトでは、我々が選抜した5本の日本酒がリターンの品です。

全体的な特徴としては、老若男女問わず、しっかりとした味わいを持ちます。

詳細は、以下になります。


農学原酒(松岡醸造)とは・・・

特徴(パイン香・甘さすっきり・初心者向け)

 東京農業大学のエースが醸す日本酒です。これまで、二度のクラウドファンディングを実施し、共に目標達成額(310%など)を大きく上回ったシリーズです。昨年度の東京農業大学の”収穫祭(学園祭)”では、開始2時間足らずで120本が完売しました。造りは、全国新酒鑑評会 にて17回の⾦賞(県内最多8年連続⾦賞)や、IWC2018でGOLD賞を受賞したことでも有名な埼玉県比企郡小川町の松岡醸造様に全面的なご協力を頂いております。パインのような香りが特徴で、スーッと甘さが入ってくるものの、硬水で醸しているためキレの良い日本酒です。

フード・アクション・ニッポン アワード 2019(主催:農水省)で入選(1500品目中100品以内)が確定し、2019年10月17日@東京ドームシティでの最終審査会(品評会)を受けます。

*保存:すべての商品が常温保存が可能ですが、品質維持のため冷暗室での保存を推奨しております。


 今回の日本酒の良さを引き出す方法を皆さまに知って頂きたい。そこで、私たちはCampfire様の全面的なご協力のもと試飲会を開催します。試飲会では、日本酒の試飲やその説明はもちろんのこと、今回の日本酒と相性の良いおつまみなどをご提案します。また、当日は、日本酒を学ぶ学生(一番最後の写真に写る学生)と様々なお話をすることができます。この機会にぜひお越しくださいませ。

日時: 2019年11月10日(日)17:00~19:00
会場: Campfire 本社(アクセス:渋谷駅から徒歩2分)
住所: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22−3 渋谷東口ビル 5F
内容: ラベルデザインの発表・リターンの日本酒・おつまみとのペアリング(別途、持ち込み可能)
条件: 限定チケットの購入者

<タイムテーブル>

16:45- 受付開始
17:00- 試飲会開始
17:10- 代表挨拶&乾杯
17:30- 蔵元の息子の紹介など
19:00- 終了

*当日はプレスの方が参加される予定です。
*提供する量には限りがございます。


全ての商品は12月中の配送を予定しております。(試飲会は別途参照)

そのため、個人で楽しむ方はもちろんのこと、大人数で集まられる機会や、クリスマスへのプレゼント、年末やお正月にご親戚が一堂に集まるこの機会に日本酒を飲みながら、新たな時代の始まりを楽しんで頂きたいです。


 皆様からご支援いただいた資金は、リターン品はもちろんのこと、2019年6月より運営中の日本酒定期配送サービス「サケチョク」の活動資金などに充てさせて頂く予定です。よろしくお願いいたします。

 大学という大きなコミュニティーの中で、“農”という共通のキーワードから多くの人に恵まれ、本プロジェクトは発起に至りました。この場をお借りして感謝申し上げます。日本酒業界、および日本を背負っていける存在として頑張って参ります。皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください