神職有資格者の近藤薫さん監修による、日本神話を舞台にした本格的なカードゲームを作っています!! ※ここで言うカードは物理的なものを言います。  電子媒体によるアプリではありません

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

発起人は駒虎という名でグラフィックデザイナーとして活動しております、私です。

公立中学校で先生として務めた経験を活かして、日本の固有文化である日本神話の面白さを広めていきたいです。

監修していただきますのは、神職有資格者で日本神話に詳しい近藤薫さんです。


▼このプロジェクトで実現したいこと

カードプールが増えすぎて新規のプレイヤーが敬遠しがちな既存の有名カードゲームに一石を投じ、子供たちだけでなく、日本の大人たち、かくなるは世界に日本神話の魅力を伝えたいです。
各地のカードショップはもちろん、神社や境外のお土産屋さんなどでも販売し、

五輪などで来日する外国人さんなどの需要も期待しています!!


▼プロジェクトをやろうと思った理由

先生として働く中で、子供たちは意外にも日本神話の神様の名前は知っており、そして興味もあるということが解りました。それはゲームなどの影響なのでしょうが、その神様1つ1つがどのような神様なのかまでは知らず、また日本書紀や古事記にまで手が伸びないという声も多く聞きました。
このカードゲームなら遊びながらザックリ日本神話を知ることができます

▼資金の使い道

【デザインに関する費用】

専用ソフトのライセンス(1年につき70000円)

使用フォントのライセンス(1年につき100000円以上)

【人員に関する費用】

デザイナーやイラストレーターの増員費用

【広報に関する費用】

フライヤー製作費用

グッズ費用

訪問営業の旅費交通費

【商品に関する費用】

初期印刷代見込み 約1000000円

ゲームに必要なアイテムの完備 約200000円

▼リターンについて

造りながらの募集なので、魅力的なリターンを逐一作って増やしていきます!!

もちろん商品化したカードの販売、限定版カードの販売なども企画中!!


▼ゲームについて

既存のカードゲームと同じように自分で編成したカード40枚組のデッキを持ち寄って

プレイします。

霊力や穢れなどの簡単かつ奥深い独自要素が白熱のゲームを演出します。
カードにはそれぞれ固有の能力があり、強いカードから弱いカードまで、多彩な特徴があります!!

直感性を重視しており、一目で場の状況が掴めるようにゲームデザインしております

詳細なルールをまとめた冊子なども発行予定です!!

▼実施スケジュール

4月上旬までにカードプールを整備

同月中に生産ラインの確保

▼最後に

事業を鑑みてよく吟味した結果、All-or-Nothing方式での募集とさせて頂きました。

絶対に面白い企画に致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください