ダイエットをしていても、糖尿病でもきにせずに満足できるランチを始めたい!糖尿病に罹患していて何が辛いか?その一つが食事です…!「こんなに食べることが好きなのに、好きなように食べることができない!」そんな方にも安心して食べることができるランチを始めたい!店主は入院中にそんなことを考えました。

プロジェクト本文


●ご紹介


はじめまして。わたしは、東京の高円寺で日本酒専門居酒屋「伏龍石沢亭」を営んでいる石沢一磨と申します。たくさんのプロジェクトから、このプロジェクトに目を止めていただきありがとうございます!



飲食一筋25年。蕎麦屋、和食、酒屋などを経て日本酒の素晴らしさを広めるべく「日本酒専門店」を開業。現在、自称・高円寺一日本酒の品揃えが多い店「伏龍石沢亭」を経営しております。


 


●プロジェクト経緯 


みなさんは、食べることは好きですか?


私は居酒屋亭主ということもあり、お酒も食べ物も大好きです。

ただ、最近あることがきっかけで自分が「糖尿病」であることを知りました。

国民の三大成人病とはいえ、実際に罹患してみるとわからないことが沢山あり、いろいろなことでひっかかりつまらないことで悩むことも多いです。


何が辛いか?その一つが食事です。「こんなに食べることが好きなのに、好きなように食べることができない!」飲食店でもカロリーの表示はあっても「糖尿病の方もOK!」という表示はありません。私自身、「おなかすいたあ~何食べよっかな~」と思っても、「食べるものがない」のです。正しくは、「何を食べたら正解なのかが、分からない」のです。


元気な時?は松屋・吉野家・マクドナルド・ラーメン屋などその日の気分で食べるものを決められる自由がありましたが罹患して以降はカロリーやら塩分やらを気にして外で食べることはめっきり少なくなりました。というかほぼないですね。


「食べる」は大切です。人の欲求の一つで一説には、人は満腹になると悩んでいることも忘れてしまうこともあるとか。実際おなかが減っていればイライラしちゃいますしねぇ(笑)


そこで、思い付きました!


「そうだ!ダイエット中でも糖尿病の人も気軽に食べられるランチサービスをはじめよう!」

単にあたえられたものを「食べられる」だけでは私は満足しません。

「低糖質」「低塩分」なのに!「高品質」「野菜たっぷり」「大満足」なランチを考えています。思わず、ダイエッターであることも、糖尿病であることも忘れちゃうような。

その実現にお力をお貸ししていただきたいのです!

銘打つと、「石沢亭 低糖質・低塩分ランチプロジェクト!~みんなでたっぷりおいしい~」

 


プロジェクトの詳細は以下を考えています。


1。栄養士監修であること。(現在交渉中ですが管理栄養士さんのご協力が頂けそうです)

2。1食700kcal(実際は550~650位を目指しています。700はあくまでも最大値)以下。塩分3g程度。カリウム(塩分排出成分)多め意識



※提供予定の野菜炒め定食は約600gの野菜を使用!一日に必要な野菜量は350gが理想といわれていますが・・・余裕でクリアしちゃいますね。

3。メインを含めた3~4品構成(ご飯・吸物除く)に果物付。

4。メインメニューは随時2種~3種(できうる限り肉と魚の選択ができるように)


ブリ焼き定食(例)ご飯はまだ資金が来てからの提供ですので低糖質ご飯ではありません。


冷しゃぶ定食(仮)スイカ・バナナ・ブロッコリー・ほうれん草はカリウムが多く塩分排出に極めて有効です。

5。ダイエット目的・糖尿病罹患者でも何も気にせず食べられること。


※こちらが野菜炒め定食です!一日に必要とされている野菜量350グラムを余裕でクリア!

「もう、もりもり食べれちゃう!最高においしい野菜炒めです!」(実際食べた人/WEB担当談)蒸し炒め蒸し炒めにしてありますので塩分・油分も少なく量は多く感じますが余裕で完食できます。

6。最新家電の低糖質炊飯器による低糖質ライス使用。

7。甘味成分は砂糖不使用でラカンカ・ラカンカ/ステビア・オリゴ糖を100%使用。塩は「やさしお(塩分50%カット塩)」を使用します。店内の醤油は減塩生醤油使用。




低糖質炊飯器とは?

https://thanko.jp/shopdetail/000000002958/

ご飯100g(コンビニおにぎり約1個分)には糖質36.8g含まれており『糖質カット炊飯器』を使って炊くことで、食物繊維はそのまま、約33%糖質をカットすることができます。ご飯150g(お茶碗約1杯分)の場合、含まれる糖質は55.2gと多く、37.2gまで糖質を落とせ、お茶碗1杯でも低糖質なご飯を食べられます。(商品HPより流用)


★すでに常連さんたちに試食していただいております。

Aさん(野菜炒め定食試食)

最初野菜の量を見たときは「えっ?こんなには食えないんじゃ。店主俺の食の細さ知ってるのにこれだすかな?」と思ったのですが意外や意外?たべてみたらあっという間にペロリでした。ビールのおつまみでもいいかと思ったくらいなのに塩分は控えめ。肉よりも野菜が高くなりがちな昨今こんな風に野菜をしっかり食べさせてくれるとは・・・やるなぁと店主の多才ぶりを再認識。食べ続けてあきたらカレー味バージョンもあるという話。次回はそれを(笑)

Wさん(ブリ塩焼き定食試食)

もともと店主は魚の目利きには定評があり、夜は大きめのお魚を食べさせてくれます。この定食はたまたま時期外れであろうブリでしたが、天然ものではなく養殖のもので脂をしっかり乗せつつ、一食の量としては十分な大きさのブリでした。味噌汁は塩分が多くなりやすいからとカツオ出汁のきいたお吸い物というところも工夫が分かります。これで低カロリーで量も満足ならば男女問わず機能性の食事としても優秀だと思います。

Sさん(茹で豚定食試食)

炒めると油を多めにとることからゆで豚という選択をした店主。バサバサになりやすい食材をさっとゆでた手でしかもおいしいポン酢。肉好きとしてはたまらないです。夜のほうでも食べていますがお昼のランチのほうは量は控えめですが、野菜などの副菜を増やすことで物足りなさをしっかりとカバーできています。果物(デザート)付きなのもGOOD




集まった資金の使い方

リターンなどの実費や配送料などの雑費を除いたすべてを店舗の一部機材改装・購入、協力栄養士へのお礼に充てます。

現在の想定ですと・・・

低糖質炊飯器 購入費用(複数台) 約100,000

店内の機材等一部改装  約10,000

協力してくださる栄養士さんへの謝礼その他 約50,000

キャンプファイヤーへの手数料 約80,000

他リターン配送料・準備費用・広告費等 

合計 約50万  募集金額45万(他、自己資金で10万出します)




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください