「自分たちを育てていただいた大好きな【広島】に何か恩返しがしたい」 東京オリンピック、大阪万博を控えた今、世界中の人達に広島の魅力、そして平和のメッセージを届けたい。豪雨災害の爪痕のこる広島をライブで巡りみんなに笑顔に元気になって欲しい。今こそアーティストとしてできることがあると考え、始動しました

プロジェクト本文

数あるプロジェクトの中から、本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

僕たちは、
作曲家でありギター奏者の「森本ケンタ」
そして、日本の伝統楽器である和太鼓とドラムのユニット「我龍」
広島を拠点として活動し、広島を愛しているアーティストです。

2005年、それぞれのフィールドで音楽活動をスタートさせ、広島のみなさんに育てていただきました。
同じ時に生き、同じ場所で活動しながらも、僕たちはこれまで一度として出会うことはありませんでした。
しかしお互いの活動開始から14年目の昨年、縁と使命に引き寄せられるかのように出会いました。
「大好きな広島の地に、何か恩返しできることはないか」
という、共通の思いを感じとり『森本ケンタ×我龍』プロジェクトを立ち上げました。

1,世界と広島をつなげる
広島を、世界の人達にもっと知っていただく為
『森本ケンタ×我龍』のCDやMVのロケを、広島県内の名勝や景勝地などでおこない、その魅力を込め制作する。
また、実際に全国世界でライブツアーを敢行し、ライブを通じて直接広島の魅力を伝える。

2,広島を笑顔に元気にする
豪雨災害から復興のさなかである広島をもっと元気にする為
『森本ケンタ×我龍』が県内のイベントやお祭りをキャラバン隊で周る。

広島を広い世界にもっと知っていただくこと、そして、一日も早い復興を遂げることが、
広島に対する恩返しだと考え、これを目的とします。

森本ケンタ、我龍は、共に広島を拠点に活動をおこない広島に育てられました。
平素から広島の人達に対する感謝の気持ち、広島への畏敬の念を持ち、
それぞれの活動で、地域に根ざし、地域が盛り上がる一助になることを大きな目的の一つとし、積極的に活動しておりました。

結成から14年が過ぎ、いよいよ恩返しが出来るのでは、と思っていたさなか、
昨年の西日本豪雨災害が起こりました。
今まで経験したことのない災害で、身近なところでも大きな被害を蒙り、
メンバーも消防団など、復旧や救助活動に尽力しました。
まだ、復興の目処も立たない地域もありますが、
来年には、東京オリンピックが迫り、
今、多くの人々が広島を訪れ、日本の広島の見られ方にも変化が起こっています。

世界が目まぐるしく動いているそんな中、森本ケンタと我龍は初めて対面しました。

出会ってすぐ、共通の思いを感じ取りました。
それは、
『大好きな広島の地に、何か恩返しできることはないか』
ということです。

一人だけでは出来ないことが、お互い一緒に取り組めば、もっと出来るのでは、、、
みんなを巻き込んで、みんなで大きな塊になれたら、届くのでは、、、、
広島を元気に笑顔に、もっと世界とつながることができるのではないか。
そんな共通の思いを感じとりプロジェクトが動き始めました。

◉森本ケンタYouTube


◉我龍youtube


小学生時はヴァイオリンでユースオーケストラに参加、中学2年生でギターと出会い、クラシックからポピュラー ミュージックの世界へ移行。
2005年からシンガーソングライターとして活動し、リリースしたシングルの数々がインディーズ週間ランキング1 位を記録。
独学で始めたフラメンコギターの演奏が評価され、2014年6月にはスペインマドリードにて「日本スペイン友好400 周年記念」地元ビール メーカーMahou協賛での単独公演を開催。
現地のフラメンコダンサーをバックに迎え、フラメンコギターを情熱的に演奏。国境を越えて大きな喝采を得た。
2016年11月9日には、ソニーミュージックパブリッシング制作でフラメンコギターのインストゥルメンタルアルバム「Julieta」をリリース、続いて2018年4月には第2弾「life ensemble」をリリース。
発声障害の病いのため、シンガーソングライターから、作曲家・ギタリストとして新たにミュージシャン活動を始めた。
これまでのシンガーソングライターとして歌で培った歌心を指先に込めて、独自の世界を作り出している。

タレント活動も多く、企業のイメージキャラクターやCM 出演・CM ソングなどの楽曲提供、さらに地方テレビやラジオにレギュラー番組をもつなど幅広く活動中。
阪神淡路大震災に遭った経験から、東日本大震災で被災した子供たちのために「足ながおにいちゃんプロジェクト」を発足し、年に数度は被災地に足を運び、現地でコミュニケーションを計らいながら、細く長く支援を続けている。

我龍は、和太鼓とドラムのユニットです。
なかなか交わることの難しい楽器ですがそれに挑戦すること、融合、調和、そしてロックがテーマです。

活動としましては、全国そしてイスラエル、フランス、NY、シンガポール、台湾、韓国など、世界を巡り、舞台、また共に太鼓を打ち、そして時には共に太鼓をつくりそれを贈呈するなど、様々な地域で積極的に交流をおこなってきました。
それが、世界ツアーの中で身近に感じた戦争、争いを少しでも遠ざけることになると信じております。

また、それと同時に地域に根ざすことをとても大事に考えております。
その理由は、地元の山や自然が好きだからです。
広島の素晴らしい風景や、空気を皆さんに感じていただくために、楽曲はもちろんですが、
和太鼓も皮の切り出しから全て自分達でおこない、この地域でしか生まれない表現を行っております。
また、町内会や、消防団なども地域に根を下ろすことと大切に考え、積極的に参加しております。
ですので、西日本豪雨の時は連日出動し、復旧救助活動をおこないました。
その中で、アーティストとして自分にしか出来ないこともあるのでは、と考えており
このプロジェクトを始動しました。

ツアー経費[海外ツアー、広島県内向けライブ経費、関東関西などツアー経費]
制作費[CD制作費、MV制作費、グッズ制作費]
その他[広告費(フライヤー、ポスターなど)、CAMPFIRE手数料、リターン送料)

1/26 広島市 アルパーク天満屋 ライブ
3/31 広島市 基町クレド ライブ
4/28 広島市 エールエール広島 ライブ
   音源ダウンロード開始
5/5  stony brook university cherry blossom festival ゲスト出演 in New York
5/6  NY university ライブ in New York
5/7  Hunter College ライブ in New York
5/8  LaGuardia Community college  ライブ in New York
7月以降の活動
   ・CD発売
   ・MV公開   
   ・コンサート


『森本ケンタ×我龍』のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

「8月6日って何の日か知ってる?」

音楽活動をする中で、広島以外の友人や関係者にこんな会話を投げかけていました。

僕にとって【音楽と共に生きる】がメインテーマなら、これはそこに寄り添っているサブテーマ、1つの役割だと思ってきました。
いや、広島に住んでいるとこれは当たり前になっていったような気がします。

五輪・万博は、世界中の人々が日本に関心を寄せる時 です。
多くのお客様をこの国に迎えるこのタイミングで、1日だけでもいい、広島を旅程に加えてもらいたい。
自分の目で見て、そして耳で聞いて、その時に感じた心の感触を自国に持って帰ってほしい。

これは、些細なきっかけ作りかもしれない。
でもそれがのちに大きな変化をもたらす事も大いにあり得える。
森本ケンタと我龍の出会いも、本当に些細なきっかけでした。
あなたが今、たまたまこのプロジェクトを目にしたのも同じです。

未来へのきっかけを一緒に作りませんか。
ご賛同よろしくお願いします。

森本ケンタ


我龍代表、和太鼓打ちの竹内孝志です。プロジェクトを御覧いただきましてありがとうございます。

私は、我龍の活動を通じて全国、そして、イスラエル、フランス、NY、シンガポール、台湾、韓国など、様々な地域を訪ねました。
その中で感じたことは、世界は決して平和ではないこと。
今まで、テレビの中で起こっていたことを、実際に目の当りにしました。
地域や国が違えば様々な考え方があります。時にはすれ違うこともあるかもしれません。
そして、自分たちに、戦争を終わらせることはできないと、痛感しました。

しかし、舞台をご覧頂いたり、太鼓を一緒に打ったり、時には一緒に和太鼓をつくったりしていく中で、お互いを理解しようという気持ちが芽生え、絆は強まっていきます。
私は、この繋がり、絆を一番大事にしています。
心と心の繋がりが、少しでも争いを遠ざけることになると信じ、
それが、広島のアーティストとしての使命だと強く思っております。

このプロジェクト【森本ケンタ×我龍】はアーティスト活動がしたいだけの理由ではありません。
みんなでアーティスト【森本ケンタ×我龍】というツールを利用して、広島を盛り上げ、広島や日本がもっと世界と繋がっていけたらと思っています。

自分たちだけで活動しているのでは、どこまでいっても個でしかありません。
重要なのは、みんなで繋がるみんなのプロジェクトということです。
ですので、クラウドファンディングを利用させていただきました。
是非皆さんにこのプロジェクトの一員になっていただけたらと思います。

みんなでチームになって、広島を、日本を盛り上げていきましょう。
私は、そのためには努力は惜しみません。
世界中の人が絆を感じられる日が来ることを信じています。

我龍 / 代表 竹内孝志




みなさまからいただきましたご支援に対して、しっかりと恩返しができるよう活動してまいります。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

森本ケンタ x 我龍(竹内孝志、香本俊介、竹内裕樹)

<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください