2019年4月7日(日)に、フランス航空教育団来日100周年記念式典を実施します。日仏交流の証、そしてフランスが日本の航空技術の発展に大きく貢献してくれたことをいつでも思い出すことができ、次の100年後も語り継げるよう、桜の木の植樹を行いたいと考えています。ご支援よろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

初めまして。

私たちは、埼玉県所沢市に事務局を置く

「フランス航空教育団来日100周年記念イベント所沢実行委員会」です。

この度は、数あるプロジェクトの中から、

興味を持っていただきありがとうございます。


 今から100年前の1919年、航空技術で世界から遅れを取っていた日本に技術を教えるために、世界一の航空技術を持っていたフランスから、フォール大佐率いる63名の航空教育団が来日しました。彼らは1年3ヶ月の間、ここ、埼玉県所沢市をはじめとする日本各地(岐阜県各務原市、千葉県千葉市、静岡県浜松市、東京都文京区、愛知県名古屋市)で教育し、日本の航空史の黎明期に大きく貢献しました。

 現在の日本の航空技術の礎をつくった先人たちの功績を称え、日本とフランスの交流を更に深めることを目的として、2019年4月6日(土)~7日(日)に埼玉県所沢市で「フランス航空教育団来日100周年記念イベント」を開催します。


 埼玉県所沢市は「日本で初めて飛行場ができたまち」として、「日本航空発祥の地」と呼ばれています。飛行場の跡地は「所沢航空記念公園」という公園に生まれ変わり、憩いの場として多くの方に愛されています。

 その公園内には、フランス航空教育団を率いたフォール大佐の銅像が建立されており、その功績は所沢市内の小学生は必ず勉強するくらい、レガシーとして今もなお、所沢に残っています。

 現在の日本の航空技術の礎をつくった先人たちの功績を称え、日本とフランスの交流を更に深めることを目的として、2019年4月6日(土)~7日(日)に埼玉県所沢市で「フランス航空教育団来日100周年記念イベント」を開催し、盛大にお祝いいたします。

 また、航空教育団員の名前が刻まれていたフォール大佐像のプレートは、第二次大戦後に所在不明となり、後に別のものが掛けられていましたが、この度、フランス大使館から、オリジナルを復元したプレートの贈呈も予定されています。

 このイベントを通じて、フランス航空教育団から始まる日本とフランスの交流を語り継ぎ、次の100年にその思いを受け継いで欲しいという願いを込めて、フォール大佐像の近くに桜の木を植樹したい。

 そんな思いから今回、皆様にお願いすることに至りました。


 皆様から頂いた資金は、以下の目的で使用させていただきます。

〇植樹用の桜、記念看板の設置費等 
                                                         165,000円
〇返礼品                
                                                         250,000円
〇CAMPFIRE手数料              
                                                             85,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
             合計 500,000円

※イベントにて植樹した残額についてはイベント運営費に活用させていただきます。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


今回のために限定グッズを返礼品としてご用意いたしました。

〇1,000円コース
  イベント公式ロゴマークステッカー 
+ お礼のお手紙


〇3,000円コース
  モーテルキーホルダー(「陸軍乙式型偵察機(サルムソン2A2)」をデザイン)
+ お礼のお手紙

〇6,000円コース
  マフラータオル(「陸軍乙式型偵察機(サルムソン2A2)」をデザイン)
+ お礼のお手紙

〇10,000円コース
  記念植樹プレートへの支援者名の刻印
+ マフラータオル
(「陸軍乙式型偵察機(サルムソン2A2)」をデザイン) 
+ モーテルキーホルダー
(「陸軍乙式型偵察機(サルムソン2A2)」をデザイン) 
+ イベント公式ロゴマークステッカー 
+ 記念本への名前掲載 
+ お礼のお手紙

記念プレートには支援者様の名前を刻印いたします。
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

 埼玉県所沢市は、フランス航空教育団来日100周年をみんなでお祝いし、永く永くフォール大佐像を大切にして、語り継いでいってもらいたい。そんな思いから、皆様にお願いさせていただいています。

 ぜひ、ご協力をお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください