他ではなかなか見られない編み込みレザーのデザインにとことんこだわりました。インドの卓越した革職人が編み込んだレザーとキャンバスを生地を使用したおしゃれリュックをお届けします。美しい外観 、実用的 、ちょっとした遊び心を取り入れた唯一無二のリュックに仕上がりました。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

株式会社セレンディです。主にかばんと財布小物の企画生産販売を東京の品川区で営んでおります。
今回は弊社のブランド「PlusH・プラスエイチ」のプロダクトの一環として企画生産しています。


ブランド「PlusH・プラスエイチ」の「H」は「HOT」の意味が込められています。
日本では「熱い」の意味で使われている「HOT」ですが、英語圏では「スゴクいい!」という意味で使う場合もあります。


普通のかばんや小物に、プラス「H」。「スゴクいい!」デザインや機能をプラスすることで、これまでにない商品、自分の趣味に合うとは思ってもみなかったアイテム、何の前触れもなく突然ハッとさせられたり魅了されたりしたりする商品。

「普通とは違う面白み」を提供したい。そんな情熱が秘められたブランドコンセプトです。今回のリュックもその思いを落とし込んだプロダクトにしました。


▼このプロジェクトで実現したいこと

生産者に適切なお金が落ちる、労働環境に配慮した持続可能な仕組みを作りたい。
独自性がある、魅力的なもの作りでお客様にも喜んでいただきたい。



▼プロジェクトをやろうと思った理由


昨今よく言われる大量発注・大量生産を生かすことによってコスパを追及しますと、最終的には人件費を抑えるというしわ寄せが労働者にいきます。生産性が落ちると罰せられる恐れがあるため、トイレ休憩を取ることを控えるような劣悪な労働環境を明らかにする調査報告も次々と出てきています。


私たちは関わった方々がやってよかった、支援者の人も支援してよかった、いい商品に出会えてよかったという気持ちになれるために、生産者に適切なお金が落ちる、長期的かつ継続的にもの作りができる。そういう思いでこのプロジェクト進めています。


▼これまでの活動

数年前に異業種からカバン業界に参入しました。なぜなら以前は教育関係の会社を運営していましたが、やはり自分には、いちからつくるという物作り系の仕事方が合っているということに気づいたからです。


この業界のことは最初は全然ぜんぜん知識がなくて、戸惑うことがよくありましたが、反面業界にどっぷり浸かっていない分、気づくことも多々あります。


これからは単独ではなく、このボーダーレスな時代、国内外問わず世界中から、才能あるデザイナーさん、卓越した技術を持った職人さんや工場に協力またはコラボを仰ぎながら、まだまだ新興ですが、独自性があるものを企画デザインしたプロダクトを世に出していこうと思っています。
ご支援いただければとてもうれしいです。


▼資金の使い道

今回のプロダクト、リュックの生産、刺繍やデザイン料、送料、発送人件費等を含めてかかった費用に使わせていただきます。

▼リターンについて

リターンとしましては以下のAタイプとBタイプのリュックをお届けします。

・インド人の職人さんが手間ひまかけた編み込んだレザー×無地レザー×上品な帆布素材を使用したナチュラルテイストのリュックサックです。


普段使いにちょうどよいサイズでポケットの編み込み模様がアクセントになっています。カジュアル過ぎないおしゃれなデザインに仕上がりました。

・サイズ:約 横幅26cm×高さ31cm×マチ幅11cm 約600g ※多少の誤差はご容赦下さいませ。
・素材:編み込み牛革、無地牛革、帆布
・本体前面:ラウンドファスナーポケット×1 (内部:オープンポケット×1、ペン差し×2) 

・本体内部:オープンポケット×1、ファスナーポケット×1 

・サイド:オープンポケット×2

 ・ショルダーベルト:長さ調節可能

※天然皮革は、自然が造り出した繊維のために、シワ、スジ、細かな傷等が付いている場合がございますのでご了承ください。

※モニターにより色合い等が若干異なる場合もございます。ご容赦下さいませ。


○今回は、予算の関係上、A,Bデザイン各【45個】づつ、
半端な数字ですが合計【90個限定】だけしか生産しておりません。
お早めにご検討ください。

・編み込みのデザインは2タイプ生産しています。


・両サイドにはオープンポケットがあり折りたたみ傘など収納できて便利です。
※オープンポケットは無地の牛革を使用。

・ファスナーの持ち手部分とショルダーの部分も編み込みと同系色の無地の牛革を使用しています。

・底面の革が汚れにくいように底鋲付けています。

・前面のラウンドファスナーポケットにはオープンポケットとペン差しが付いています。

・前面ポケットはB6サイズの大きさのものは収納可能です。

・両サイドにはオープンポケットがあり折りたたみ傘など収納できて便利です。

前面の裏側にファスナーポケットが付いています。Aサイズの大きさのものは収納できます。

・上部はマジックテープで留められます。ファスナーポケットも付いていて小物も収納できます。

・本体内部は、B5サイズのノートやパソコンは十分収納できるスペースがあります。

※本体内部の見えない箇所にスエード生地のPlus H キャラロゴのネームタグが付いています。

ちょっとした遊び心ですが、アクセントとしてtwo tails のネコをチャームとしてつけています。ネコのイラストは日本人のイラストレーターさんに猫マタ(シッポが二つある江戸時代のネコの妖怪)をモチーフにしたネコを描いていただきました。

ちなみに、この人は、今年1月19日のテレビ番組 『世界ふしぎ発見!』放送1500回!のイラストを担当された三善千愛さんです。

時々デザイン依頼をしていましたがテレビの仕事もされているとは全然知りませんでした。年初のメールで、テレビ番組のイラストを担当するのでご覧ください、というメールが届いて初めて知りました。しかも今回初めてではなく4度目だということでさらに驚かされました。

この猫又は刺繍用に去年描いていただいたものです。

※イラストレーター・三善 千愛・Webサイト:http://chai-co.net/ ※敬称略



刺繍は西日本の老舗の刺繍専門工場に依頼しました。

非常に細密な刺繍で、長年培かわれた特殊な技法を駆使することによってカラーの濃淡やグラジェーション、また頭のタオル模様の細部にいたるまできれいに表現されています。

これこそ真似できない 匠のなせる業です。


カジュアルパンツスタイルにもバッチシ!

リュックはやっぱり楽ちん。

きれい目な服にも似合います。

両方とも編み込み革の美しさはピカイチです。お好みの方をお選びください。


・ここからインド工場の生産現場を紹介させていただきます。

いつ、どこで、だれが、どんな風に作られているリュックなのか

少しでも知っていただければと思います。

インドの革職人の女性が「Aタイプ」の牛革を一本一本丁寧に編み込んでいる工程です。

非常に手間ひまがかかる作業で最も重要なプロセスとして時間をかけて行います。

・フロントポケットの裏の部分を生産している工程です。


・「Bタイプ」のデザインの編み込みを、手作業で革を一本づつ丁寧に編み込んで

いる工程です。職人が丹誠込めて仕上げた編み込みはクオリティーの高さだけでなく、

温もりのある味わいも魅力です。

BタイプはAタイプと違う趣があります。あなたはどちらお好みですか?

さて、どちらの方が人気があるんだろう?と思ったりしますが、ふたを開けて

みるまで分かりません。

・リュックの肩にかけるベルトの部分の牛革を生産している工程です。

・内部のファスナーポケットの部分を縫っている工程です。集中して縫っている

様子が伝わってきます。

・チャームの部分を確認しているところです。

このリュックの生産には多くのインド人の職人さんが関わって、丁寧に

完成まではかなりの時間を要します。生産工程を少しでも知っていただきたい

と思い画像を掲載しました。

猫の刺繍パッチを縫い付けた工程です。

背面には「Plus H」のロゴをエンボス加工しました。チャームの側面は切りっぱなしではなくきれいに処理されます。




▼実施スケジュール

3月1日:プロジェクト開始

4月10日:プロジェクト終了

4月下旬~5月上旬にかけて順次支援者の方にリターンを発送させていただきます。

▼最後に

なぜ今回インドで生産したのかと申しますと、
インドの革職人は非常に卓越した技術を持っています。


日本よりも進んでいるデジタルITテクノロジー。13億人を超える人口。「いずれ中国を超えて世界の工場になる」と評価されるほどの豊富な労働力。インドという国家のポテンシャルは計り知れません。

そして特筆すべきなのは、試行錯誤を繰り返してあらゆるもののクオリティを高めていく事を好む国民性です(これは日本人と共通する点です)。インドの職人についてもそれは同じであり、日本の職人と同等かそれ以上の仕事をします。

実際、ヨーロッパの多くのハイブランドは、生産工場をパクリ問題の多い中国からインドに移行しています。

そして多くの業界人が「インドの革職人の実力は日本人と同等、いや凌駕しているよ」と高く評価しています。


私たちが企画とデザインを、インドの工場で生産を。だからこそ、ハイクオリティかつリーズナブル。皆様の日常のパートナーになれるリュックをお届けしたいと思います。

ご支援のほどよろしくお願いします。


【Q&A】

・消費税と送料は価格と別ですか?

>消費税・送料はリターンの価格に含まれています。

・タイプの変更は可能ですか?

>数量限定販売ですので、恐れ入りますが変更はお受けできません。

・キャンセルは可能ですか?

>数量限定販売ですので、恐れ入りますがキャンセルはお受けできません。

・発送時期はいつですか?

>4月下旬から5月上旬にかけて順次発送させていただきます。※多少前後する場合があります。

※不明な点がありましたら、「メッセージで意見や問い合わせを送る」から

お問い合わせください。

【特定商取引法に関する記載】

◇販売事業者名
株式会社セレンディ SerenyCo.
代表者 木山憲明

◇事業者の所在地
141-0031
東京都品川区西五反田四丁目32番1号
東京日産西五反田ビル2号館 別館2階
TEL:03-5740-6377
FAX:03-5740-7588
mail:serendy8@gmail.com
※こちらではお申し込みは受け付けておりません。お問い合わせは当ページの「メッセージで意見や問い合わせを送る」ボタンよりお願い致します。

◇リターン価格
各リターン記載の通りです。
※商品内容に関してはリターン欄記載の通りです。

◇申込期限
当ページ記載のプロジェクト終了期限通りです。

◇支払い方法
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/Paidy後払い(毎月月末締め、締切日の属する月の翌月10日までにコンビニ、銀行振込または口座振替でお支払いください。毎月1日に請求書を発行し、3日までにEメール・SMS(ショートメッセージ)にてご案内いたします)。お支払いの手数料に関して、Paidyの口座振替を選択した場合はお客様のご負担はありませんが、コンビニ払いの場合 350円(税込)、Paidyでのコンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込、Paidyでの銀行振込をご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

・支払い時期
当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◇引渡し時期
各リターン詳細に記載の発送時期を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって多少前後する場合がありますがその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◇キャンセル・返品
当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはお受けできませんのでご注意ください。
尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。


以上よろしくおねがいします。

■SerendyCo.:Plus H について

instagram : https://www.instagram.com/plus_h_by_serendyco
twiter:https://twitter.com/KPrettysoon
facebook : https://www.facebook.com/Plus-H%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%81-291313204781937/
HP:https://plush.bingo/


  • 活動報告

    進捗状況の報告です。

    2019/03/29 18:42

    こんにちわ。いよいよは花見の季節ですね。暖かかったり、また寒くなったりとここ2~3日温暖差が激しい日が続いてます。風を引かぬようお気をつけてください。さて、リュックの生産は順調に進んでおります。今回は画像はありませんが、パーツの生産は終了して、縫い付けて組み立てに進んでおりますので安心してくだ...

  • 活動報告

    ・生産の進捗状況を報告させていただきます。

    2019/03/13 17:11

    ・リュックの背面の部分の工程です。大部パーツも出来上がりつつあります。順調に生産は進んでおりますので安心してください。

  • 活動報告

    進捗状況の報告です。

    2019/03/05 10:44

    順調にバッグの生産は進んでおります。側面のパーツの部分を乾燥させています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください