台湾花蓮地震で観光客が激減した花蓮。そんな花蓮を元気づけるために、日本統治時代に日本人移民村・林田村があった花蓮縣鳳林鎮で7月27日に「花蓮地震復興支援活動 日本夏祭り2019」が開催されます。日本から若手アーティストが参加しますが、そのための資金を募っています。日本夏祭りの成功を応援してください。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

皆さん初めまして。台湾花蓮地震復興支援活動 日本夏祭り2019応援隊のリーダー、KYOUです。今年23歳になる奈良県在住の台湾愛いっぱいの女性です。

1年前の2018年2月6日に台湾花蓮を大地震が襲いました。そのため、花蓮の主力産業である観光業に大きな打撃を与えました。地震発生から1年経った今も、以前ほどの観光客は花蓮には戻って来ていません。

日本は東日本大震災の時に台湾より多額の義援金を頂きました。また、台湾から救助隊も派遣して頂きました。

今回の地震は台湾の首都圏ではなく、台湾東部で発生したため、地震発生当時は日本のメディアでも取り上げていましたが、今では完全に忘れられた状態になっています。

しかし、今でも避難生活を余儀なくされている被災者の方や、風評被害で激減した観光客で大打撃を受けている観光業の人達が大勢います。

花蓮の皆さんに少しで元気を取り戻して欲しいと思い、2018年7月29日に花蓮県鳳林鎮にある、花蓮縣鳳林鎮公所(役場)、旧花蓮縣鳳林鎮観光・教育・文化・産業國際交流会(現、花蓮縣鳳林鎮国際交流会。以後、現在の名称で表記します)、和歌山県熊野高校の方々のご協力を得て、「第一回日本夏祭り2018」を花蓮縣鳳林鎮で開催しました。この時は日本の和歌山縣の高校生が応援に駆け付けてくれました。


大好評に終わった、第一回日本夏祭り。大勢の花蓮の皆さんに笑顔と元気をお届け出来ました。

今年は2019年7月27日に「第二回日本夏祭り2019」を昨年同様、鳳林で開催します。

今回は日本の若手アーティスの皆さんにご出演をお願いし、昨年以上に日本人のパワーで花蓮の人々に元気をお届けしようとしています。


▼このプロジェクトで実現したいこと

現地の花蓮縣鳳林鎮国際交流会が、日本統治時代に日本人移民村・林田村があった鳳林鎮で「日本夏祭り2019」を7月27日に開催することになっています。お祭りには、日本から若手のアーティストの方々にご出演をお願いし、昨年以上に日本人のパワーで花蓮の人々に元気をお届けしようとしています。

若手アーティスト達にとっては、海外でのパフォーマンスの機会が与えられるのです。

現在、出演が決まっているのが、和楽器バンド TRA innovation 、 juggling performer
(ジャグリングパフォーマー)Araki Akihisa(アラキ アキヒサ)、 薩摩琵琶奏者 菊地恵介 、 元WorldOrderメンバーで、ロボットダンス&KARATECISEの落合将人 、 書道家の脇田龍峯 の1組&3名の若手アーティス達です。


                                                            TRAinnovation


                                         脇田龍峯                             


                   落合将人


                  Araki Akihisa

「花蓮の皆さんに元気を届けたい」という気持ちで、出演料はほとんどない状態で彼らは参加してくださることに快諾してくださいました。

しかし、一番大きな問題は渡航費と滞在費です。やはりここまでの負担は若手のアーティストには荷が重すぎます。

渡航費、滞在費について支援したいと思い、今回のクラウドファンディングへの参加を決めました。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

日本からアーティスト達を招くのに、花蓮縣鳳林鎮国際交流会は、地元の方々からの寄付を募っています。しかし、復興支援活動なのに、地元の方々から寄付を募っていては意味がありません。また、先にも述べました様に、東日本大震災の際に助けてくれた台湾への恩返しとして、この復興支援活動を日本人として応援したいと思い、花蓮縣鳳林鎮国際交流会へ応援の申し出を行いました。

今こそ、台湾へ恩返しをしたい」と強く思いました。

若手日本人達がほぼ出演料なしに近い状態で花蓮の人達に元気を届けようとしてくれています。

芸のない私たちは夏祭りには出演出来ませんが、せめて資金面で少しでもお手伝いできればと思い、今回、クラウドファンファンディングに参加することを決めました。

▼これまでの活動

2018年7月29日に開催された「第一回日本夏祭り」の際、友人知人たちに声をかけ、少額ながら支援をさせて頂きました。


▼資金の使い道

集まった資金は、今回の夏祭りのの出演してくださる方々の渡航費用、滞在費用に活用しさせて頂きます。


▼リターンについて

    5,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「小銭入れ」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット

10,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「小物用ポーチ」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット、お祭り当日のDVD(著作権は起案者に帰属します)

 30,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「小物用ポーチ+小銭入れ」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット、お祭り当日のDVD(著作権は起案者に帰属します)

 50,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「ショルダーバック」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット、お祭り当日のDVD(著作権は起案者に帰属します)、花蓮自然と歴史の旅・現地無料案内(花蓮までの旅費、食事代、宿泊費は含みません)

100,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「ショルダーバック・小物ポーチ、小銭入れ三点セット」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット、お祭り当日のDVD(著作権は起案者に帰属します)、花蓮自然と歴史の旅・現地無料案内(花蓮までの旅費、食事代は含みません)、花蓮縣鳳林鎮古田荘ご宿泊券(一泊二日)

300,000円:サンキューレター、台湾原住民手工芸品「ショルダーバック・小物ポーチ・小銭入れ三点セット」、太魯閣渓谷絵葉書10枚セット、お祭り当日のDVD(著作権は起案者に帰属します)、花蓮自然と歴史の旅・現地無料案内(花蓮までの旅費、食事代は含みません)、花蓮縣鳳林鎮古田荘ご宿泊券(二泊三日)


台湾原住民手工芸品 小銭入れ


台湾原住民手工芸品 小物ポーチ

台湾原住民手工芸品 ショルダーバック


全ての商品、色柄は変更する場合がございます。小物ポーチは中身は含みません。


▼実施スケジュール

2019年1月:日本夏祭り2019応援隊結成

2019年3月~4月:クラウドファンディング実施

2019年5月:集まった支援金で出演者渡航のための各種手配を行う

2019年5月~6月:お祭り当日の参観者を日本で募集

2019年7月27日:花蓮地震復興支援活動 日本夏祭り2019に参加


▼最後に

日本とは兄弟同然の台湾。その台湾東部、花蓮縣で昨年、大きな地震がありました。それ以降、花蓮は元気を失っています。

花蓮に日本から元気を届けるために、日本の若手アーティストが花蓮鳳林鎮日本夏祭り2019に出演します。彼らに夏祭りに参加して頂き、花蓮の皆さんに笑顔と元気を届けて頂きたいと願っております。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

花蓮縣鳳林鎮日本夏祭り2019を皆さんで応援しませんか!!どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願いします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください