【食べ物屋さん】ができる支援(食)が繋ぐ 新しい出会い…震災で 自宅が水に浸かり 見知らぬ土地へ避難せざるを得なかった 沢山の被災者…知らない人達の中で孤立する『高齢者』…縁あって 当店の周りに 避難して来られた方々。一緒にご飯を作って皆んなで食べて 大きな家族になりましょう

プロジェクト本文

はじめまして。
私達は、西日本豪雨災害で被害が大きかった 倉敷市真備町のJR最寄り駅『新倉敷駅』前にある
いざかや 楽らく 
と申します

家族経営の小さなお店です

被災に遭われて 辛く 大変な思いをされてる方々に何か 出来ないかと考えて

今回 私共の店舗を使い

『楽らく寄合所』を開設する事にしました


楽らくの 周りには とても多くの被災者が

みなし仮設住宅で避難生活を送っています

被災直後から 私達は、現地の方に少しでも笑顔になってもらいたくて 当店のミニたい焼き、お弁当、食事の炊き出しをしていました。

(皆さんから集まった たい焼き募金で

3000匹のミニたい焼きを炊き出し)

(入居されたばかりの仮設住宅へ

たい焼きのゲリラ配布)

(お弁当を配ってた地区へ 涼しくなったので、約束の海鮮丼の炊き出し 200人分)


(台所が使えない在宅避難者へ  お弁当作りの調理支援   3080食)

活動ブログ


(今までの 活動の記録として 震災後から

ブログを始めました)


その事もあって 多くの被災者が遊びに来てくれます


そこで 色々お話しをしていくと必ず 出てくる話題が


『避難所を出て みなし仮設に移った途端情報が入って来ない』

『新しい地区に来たから 土地勘が無くて、病院、買い物 、交通手段…誰に聞けば良いのかわからない』

『同じ アパートに住んでる高齢者、多分…真備からの避難者やとは思うけど、声をかけるきっかけが無い』

などでした

そこで 家族で話合い

『この店の営業時間外を被災者に解放して皆んなが集まれる コミュニティの場にしよう』

また、被災者の声で

『今まで 本当に多くの支援を受けた。

これからは 誰かの為に何かしたい』

『ただで 何かをしてもらうのも心苦しい

お金を払って 堂々としたい』

などの 考えを尊重して、

楽らく寄合所にて出来る支援活動は

『参加型 こども食堂』と する事にしました

12月9日 第1回 こども食堂開催

(ほぼ 全員被災者です   それぞれが出来る事を…)

(こども達の顔(*≧艸≦))

(ほとんどの方がはじめまして)

(真備っ子のヒーロー 

龍神マビレンジャーも 応援に駆けつけてくれました)


1月からは 高齢者が参加したくなるような 憩いの場(お茶会)も 月に2回 開催します


2019年 楽らく寄合所 
年間スケジュール

こども食堂 1回 40人 1ヶ月 2回開催

憩いの場     1回 60人 1ヶ月 2回開催


開催日

こども食堂  第2.4日曜日

(1月のみ 第3.4日曜日)

憩いの場  第2.4木曜日

(1月のみ 第3.4木曜日)


必要経費

1回経費(食材.飲み物.おやつ)

こども食堂 1人600円×40人=24000円

憩いの場    1人300円×60人=18000円

年間経費

こども食堂 24回×24000円=576000

憩いの場    24回×18000円=432000

        合計 1008000円

それぞれの参加費 、食堂募金を 活動資金として 

寄合所の通帳に入金する

食堂の活動資金は ブログ、ツイッターにて  通帳を提示する事によって報告する

▼最後に

私達は 西日本豪雨災害直後から

その時々のニーズに合った支援活動をして来ました

県外ボランティアさん

地元ボランティアさん

行政

被災者

支援者…

多くの方々と お話しして来ました

そして 今、私達に出来る支援活動はみなし仮設住宅の方を全力でサポートする事だと思いました

被災者が いつまでも 受け身では無く

誰かの為に…

 出来る範囲で…

前に進んで行かれるお手伝いをさせて

頂きたいと思います


〜微力だけど  無力じゃない〜


1人でも多くの方に笑顔を。

                                     楽らく 寄合所

  • 2019/05/24 18:35

    【第14回 こども食堂】今回は 手巻き寿司にしてみました海鮮丼よりこっちの方が 楽らく的には良かったかも…会話も弾み凄く盛り上がりました今日はこどもの参加が無くて平均年齢70歳くらい被災者で ツイッターでのフォロワーさんが同じみなしに避難してる高齢者2人に 支援物資を届けてくれて『近くに 被災...

  • 2019/05/24 18:32

    【第12回 こども食堂】3月から高齢者対象のお茶会が無くなったので こども食堂へカウントします新潟、埼玉、岡山から学生ボラさんとベテランボラさんが来てくれました玉島地区の住民さんが開催してくれた招待会に来てくれてた方も多く参加して頂き(事前予約無し)定員オーバーまぁ 皆んな 楽しそうにお喋りし...

  • 2019/05/24 18:28

    近所に避難してる被災者の方とお友達になりたいと玉島地区の住民さんが早朝より準備し被災者の方をもてなしてくれました婦人会の方による『フラダンス』『剣舞』1個づつ手揚げで 信州そば用の『かき揚げ』も作ってくれて最後は 1日 厨房で料理を作ってくれた玉島母さん達が それぞれの席に座ってお話しタイム被...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください