クリスマスの2日間、東京郊外に希望と幸福の場所『ハートランド』が出現します。ハートランドの中心には、幹は樹齢100年の“ 幸福の木 ”と呼ばれるエンジュで、70mのシルクを草木染した葉をつけた、最も美しいツリー「幸福の世界樹」が立っています。

プロジェクト本文

私たちについて

この写真は今年、代々木公園で行われたYES festival!のもの

こんにちは!私たちは、双子の姉妹のNaho Mahoです。あーす・じぷしー(EARTH GYPSY)という名前で、作家・アーティスト・活動家として活躍しています。


著書に「EARTH GYPSY-はじまりの物語-(TOBOOKS)」「MIRACLE-奇跡の毎日が始まる-(KADOKAWA)」「受け入れの法則(徳間書店)」があります。


詳しくはあーす・じぷしーHPへ▷こちら

(写真左側)Mahoは共感覚といい、音・場所・人など目に見えない微細な揺れを色で感じる共感覚を持っています。Nahoはそれをメッセージとして本や作品を製作しています。


私たちは見えない大切なもの(The Divine One)を様々な形でアートしています。


感受性が豊かだったことや、双子という環境もあり、

小さい頃から永遠にあいこができたり、同時に同じものを選んだり、お互いが話さなくても理解しあえたり…


言葉を超えたコミュニケーションに馴染みがありました。


成長していくにつれ、二人だけのその独特な感覚は、二人の間だけにとどまらず、他者との間にも広がっていきます。


人との間だけではありません。

自分の人生全体とも深い安心感と繋がりを感じていました。


人生をかけた実験

2013年、私たちは少し変わった実験を試みます。

それは、”600ドルとアメリカまでの片道切符だけで、どこまで行けるのか”というものです。

大好きなペルーの世界遺産の街クスコ


自分たちのこの感覚と現実が、どこまで重なり合うのかを知りたかったのです。

結果は219日、アメリカから南米ペルーまで約7ヶ月も旅をすることになるのですが、

その旅の中で、私たちは本当に多くのことを学びました。

ペルーの小さな村で友人となった「J」

この世界を、愛や希望で見た時、どのようなものが返ってくるのか、またその逆はどうかー。

携帯も使えない中、自分のどの感覚に従えばいいのか、

また、どのような時待てばいいのかー。

旅は、信じられないようなたくさんの奇跡を運んでくれました。

本当の人生の美しい流れが、

私たちを呼んでいるように感じる時もありました。

たくさんの出来事が、この世界からもたらされているのだと気づきました。


宿代と交換に、ホステルに描いた壁画



私たちが、目に見えない何か(The Divine One)に、耳を傾け、見えないそれを見ようとし、たった1ミリでもその美しさを信じることができたらー、


そしてほんの少し、自分の人生に招き入れることができたらー、

私たちの人生は、奇跡でいっぱいになるでしょう。


道ゆく人と制作した巨大アート。沖縄平和記念堂へ奉納されました。

アルケミストを翻訳した「山川紘矢・亜希子さん」をゲストに開催したアルケミストトーク
600人で会場は満杯になりました

愛や希望は連鎖し、世界や誰かへ返していく循環となり、

そんなに遠くない未来、世界が随分と変わったのを、みんなで見る時がやってきます。

それが私たちEARTH GYPSYの活動の目的です。


“幸福の世界樹”を立てて、
この世界に2日間だけの“ハートランド”を作るアートプロジェクト

木材の町・木場に大きくもひっそりとそびえ立つ、『EARTH+GALLERY』というギャラリーがあります。


クリスマスの二日間、この場所は、大きく美しい“幸福の世界樹”が立つ、幸福の場所『ハートランド』となります!

奇跡と美しい循環を描いた、ハートランドMAP!

“幸福の世界樹”は、ハートランドの真ん中に立ち、ハートランドと、ここへ訪れた人を暖かく見守っていま


もし、クリスマスに見えない大切なもの(The Divine One)をもらえるのなら、

それは、一番欲しかったプレゼントかもしれませんーー。


それでは一足先に、その日を少し覗いてみましょう。


12/24・25のハートランドでのクリスマス

2018年、平成最後のクリスマスーー

この日ーー、

GALLERYの立派な正面玄関は閉まっています。


しかし『ハートランド入口』と書かれた、

木でできた案内板が目に止まるでしょう。



それは、GALLERY横の茂みに隠れた、

木で作られた細い小道をさしています。


木場の川を横目に、小道を歩き、

かがんで入る程の小さなドアから中へ入ると、

色とりどりの美しい世界が飛び込んできます。


そこはまるで別次元。


中央には、カラフルに染まったシルクの葉が覆う、

1本の大きな木“幸福の世界樹”が立っているのです。


木の周りには、美しい色彩の絵画が並べられ


バイオリン弾きがバイオリンを弾いています。



そしてプレゼントの入った箱が

そこら中に散らばっているのです。



ーあなたへのプレゼントを、用意しました。あなたのものを1つ持って帰ってくださいー


壁の張り紙にはそう書かれています。


宝石や指輪が入っていそうな"小さな箱"を開けると、


そこには、深く呼びかけられるような、

大切な何かを思い出すようなー、


紛れもなく自分に宛てられた

メッセージが入っているのでした。


このアートプロジェクトのヴィジョン

新しい世界樹を立てようー。

ハートランドの中心となる『世界樹』とは、インド・ヨーロッパ・シベリア・イギリスなど、世界各国の神話に登場する、この世界を表した大樹です。


ハートランドにある『幸福の世界樹』は、神話で言われている世界樹とは少し違います。


この世界樹はー、

『この世の夜が明けて、幸福な世界がやって来たときだけ、目に見ることの出来る幸福の世界樹』なのです。


この一本の大きな大樹を中心に、美しい循環が広がっています。

また、世界樹とは様々な次元の世界を内包し存在しています。


目に見えるこの世界だけではなく、心の世界(ハートランド)が広がり、人と人との豊かなコミュニケーションが簡単となります。


また、ハートランドのすべてのしくみは、"善意"や"愛"という動機から始まっており、

その一点から美しい循環が広がるのです。

“幸福の世界樹”を中心とした美しい循環


ハートランドの世界からは、いつでも祝福とギフトがもたらされ、受け取ることができます。そして、自分自身も誰かの素晴らしいギフトとなり得ます。


クリスマスという特別な時間に、24日・25日のたった2日間だけ、この“幸福の世界樹”が姿を現します。



私たちが古い神話を書き換え、新しい神話を描くとしたらー、


人の精神と文明の錆びた時代から、

次の暦へと針が進んだ黄金の幸福の時代『ハートランド』が、突然現れたらー、


その体感と、体験は、自分の人生に新しい風穴をあけ、自分自身を内側から押し拡げるのではないでしょうか。


考え方や選択が変わり、私たちは自分の中に新しい何かを発見するかもしれません。


それは愛や希望など、いつもの日常的の世界ではあまり重要とされていなかったものかもしれません。


だけれどそれこそ『世界樹』のある、ハートランドへのチケットなのです。


このアートプロジェクトの願い

アートとは、私たちの深層心理に働きかけ、
新しいインスピレーションやヴィジョンをもたらしてくれます。

私たちがその感覚を、生活や仕事に持ち帰り、新しいプロジェクトや製作、家族や他者とのコミュニケーションの中で還元していきます。

太陽が昇ったのを見ると、朝が来たと分かるように、
この樹が現れたということは、新しい幸せの時代が来たと分かるようなー、


次の時代にとっての、
太陽の役割としてこの『幸福の世界樹』を立てたいと考えています。


”平和な時代”がそれぞれの中で膨らみ、各々の持ち場から社会へと循環していきますように。


奇跡の出会いが重なって、ハートランドはできました。

『幸福の世界樹』の幹は、100年の銘木・エンジュ400キロ・3m超ある、幸福の木と呼ばれるエンジュ

ギャラリーのある、東京の江東区にある木場は、江戸初期から続く木材の街です。

“幸福の世界樹”の幹の部分は、木場の70年以上続く木材屋“ハセマン”さん(HP)が所有する、樹齢100年の銘木が使用されます。

ギャラリーでの打ち合わせ中に出会った、“ハセマン”で務める高木くんとの偶然の出会いから、今回このアートプロジェクトのために貸してもらえることになりました!

ハートランドへの小道を作る高木くん(写真右側)

そして、たくさんある銘木の中から、偶然選んだものは、エンジュと言い「幸福の木」「出世の木」と言われ、古くから幸運を呼ぶ縁起の良い樹として大切にされてきた、大変吉兆なシンボルツリーだったのです。


もう一つ奇跡が重なっていて、ハセマンの創始者長谷川万次郎商店さんは、“幸福の世界樹”設営初日の12月23日に78年目の誕生日を迎えるそうです。


『世界樹』の葉は、70mあるシルクを草木染めしたもの


エンジュとの出会いから数日して、“幸福の世界樹”の幹がエンジュでできていることをポロっと伝えると、「エンジュはとても吉兆の木で、草木染の材料にもなっている木だよ!」という話が飛び出しました。


エシカルファッションを代表するLiv:raの小森優美さん(Liv:ra▷HP


「最も美しいツリーなら、シルクで草木染をしよう!」と提案してくれたことから、草木染のプロデュースは小森優美さん。色の監修は共感覚を持つアーティストMahoShonoが実現しました。

シルクの草木染は、それはそれは、きれいだそうです!

色のテーマは「BLESS(祝福)」。

私たちが、世界から祝福をもらったときの感覚を色で表します。

当日、70mの草木染シルクが、祝福の色に染まった葉となり、ハートランドを覆います。


“幸福の世界樹”から『幸福のハンカチ BLESS』ができ、届けられるという循環


なんと、クリスマスの2日間が終わった後、その色とりどりのシルクの葉たちは、一枚ずつ丁寧に『幸福のハンカチBLESS』『幸福のストールBRIGHT』して縫われ姿を変え、

“幸福の世界樹”からの幸福のおすそ分けとしてたくさんの人へ届けられます。(リターンとしてお送りします)

ハンカチとスカーフの代金は“幸福の世界樹”を立てる資金となり、

そのハンカチは“幸福の世界樹”の枝葉となった、色とりどりのシルクで制作されるという、美しい循環の中、この“幸福の世界樹”は存在します。


美しい思いが集まってできたハートランド

“幸福の世界樹”の下には、MahoShonoの作品が飾られます

新作「インカの記憶」も展示されます。

世界樹の周りには、20点以上のMahoShonoの色や絵が展示され、今回初展示となる新作も見ることができます。

色は、言葉ではない言語です。

愛や奇跡と言った目に見えないものを、見えるようにしてくれる、この世界からもらった贈り物だと感じます。

この世界のヴェールの向こう側から贈られる色という言葉は、ときには窮屈な思考の世界から、私たちは決して一人ではないのだと、

満天の星空を見上げたような壮大さと懐かしさに連れて行ってもくれます。

宝物を思い出す

WORLD TREE(世界樹)

I左上から「あなたは見つけました」/「運命を選ぶ」/「YES」/「CHANGE」

ハートランドには、あなたへのプレゼントが必ずある

Nahoがひとつひとつ違うメッセージを書いています

この日、ハートランド中にプレゼントの入った小さな箱がいくつも置いてあります。

ハートランドに訪れた人たちすべての人に、必ずひとつ、その人のためのプレゼントが用意されているのです。

300個のプレゼントの箱に入っているものは、高価な宝石や、指輪ではなく、一人ひとりに宛てられたメッセージです。

“ 世界中どこにいても、全ての人はこの世界から、見えない大切なもの(The Divine One)を、いつも、もらっています。という意図が込められています。


ハートランドへ続く小道プロジェクト

『幸福の世界樹』のあるハートランドへの入り口は、木の看板の矢印を辿り、細長く続く小道を抜けた先にあります。

今回、会場となるEARTH+GARALLYさんの、通常の正面玄関は開いていません。

その代わり、この2日間だけのハートランドへ続く小道が現れます。

こちらも偶然居合わせた3人から始まった小道制作。

12/9から小道の制作が始まりました。


“幸福の世界樹”は、みんなで立てるプロジェクトです!
ぜひ、ハートランドへあなたも参加してください^^

日程 |12/24・12/25  一般展示13:00-22:00

入場料|一般1,200円/ペア2,000円(小学生未満:無料)

場所 |EARTH +GALLERY 江東区木場3-18-17

アクセス|東西線 木場駅3番出口から徒歩6分 東西線 大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分

矢印矢印HPはこちら 矢印矢印


▷関連記事⒈クリスマスに最も美しい”世界樹”を立てるアートプロジェクト!

▷関連記事⒉クラウドファンディング開始!クリスマス、みんなで“幸福の世界樹”を立てよう。


このアートプロジェクトは、”もたらされた”と感じる瞬間が重なり続け、たくさんの人が自然と関わり形となりました!

クリスマスに、ハートランドを是非訪れてみませんか?
誰でも訪れることができます。

また、場所が遠くて来られない人も、クラウドファンディングを通して是非このプロジェクトにご参加ください。

『幸福の世界樹』が、あなたの人生の祝福の目印となりますように。

この日、多くの人が不確かだけど、
確実にある、見えない大切なもの(The Divine One)を受け取りますように。

このプロジェクトを見つけてくれて、ありがとうございました。


ーハートランド制作委員会 代表EARTH GYPSY


資金の使い道

・世界樹を立てる費用(木の使用料・運搬・安全に建てる費用)/150,000円

・世界樹の葉の費用(シルクを草木染めで染める)/150,000円

・ハートランドへの入り口の小道の制作費/150,000円

・絵の展示、インスタレーションの制作費/150,000円

・ギャラリー使用料/200,000円

・リターンの制作・発送費用/150,000円

・当日の運営費/50,000円

                             合計 :1,000,000円 



協力者一覧EARTH +gallery ディレクター佐竹さん
HP

Liv;ra代表・デザイナー小森優美さんLiv:raHP


アトリエトロッコ
デザイナー 石川寛
|HP|

レンタルキッズコーナー
Little TREE|HP


Image ヴァイオリニスト -羽純-さん
|BLOG|

<このプロジェクトはAll-in方式です>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    無事、幸福の世界樹が立ちました!

    2018/12/30 19:29

    みなさん!お待たせしました!ご報告が遅れてすみません。 あまりにも、受け取るものが多すぎた2日間で、形のないプレゼントをどう嚙み砕いたらいいのか、 文字に起こせるまで、ゆっくりと消化していました。 文字だけではきちんとお伝えできそうにないので、写真をたくさん入れながら伝えていこうと思います。 ...

  • 活動報告

    子供も参加できます!木のキッズスペース『旅するリトルツリー』さんも参加♪

    2018/12/20 10:05

    日本中を旅している、木で作られたキッズ・スペースを知っていますか??当日、なんと『旅するおもちゃ リトル・ツリー』さんがギャラリー2Fにやっててくれます! ぎゃーー!と遊ぶ派手なおもちゃではなく、工夫された木のおもちゃで5感を使って心に働きかけていくように設計されているそうです^^ スペースの...

  • 活動報告

    おかげさまで、目標金額の100万円を達成しました!

    2018/12/18 14:00

    12/17 の夜に、目標金額を達成しました^^!44名の方が支援してくれています。(12/18現在)(44名の方はキャンプファイヤーからメールを送りましたので確認ください^^)暖かいコメントも全部読んでいます本当にありがとうございます募集終了まであと6日。クラウドファンディングは、募集終了まで...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください