チョロギ(シソ科)の薬草(天然植物)から抽出した特許成分『チョロギエキス』配合の、「記憶力を維持したい」・「思い出す力を保ちたい」あなたに画期的な健康補助食品「長老喜(チョロギ)」誕生。チョロギエキス50%高含有の「世界初のサプリメント」。原材料のチョロギが希少なため、限定1,000個のみ販売。

プロジェクト本文

●新着情報

「富山大学大学院医学薬学研究部の久米教授と、弊社株式会社RoyalSomaとの共同研究の成果が発表されています。」

<研究内容>
 Nrf2-ARE 経路活性化(チョロギ由来ハルパゴゲニン)による、生体に及ぼす影響について

<共同研究成果>※一部抜粋
「体内に備わっているNrf2-ARE経路を活性化する物質を摂取することで、老化や認知症などの様々な病気の原因の一つである酸化ストレスへの抵抗性を獲得した状態を維持できると考えられます。チョロギ由来のハルパゴゲニンもその一つとして有効性が期待できると考えています。」
※研究結果については、下記のURLよりダイレクトにページに移行できます。
http://www.pha.u-toyama.ac.jp/phapha2/research.html#list04

 ※チョロギ由来ハルパゴゲニン



健康補助食品「長老喜(チョロギ)」はチョロギというシソ科の薬草(天然植物)から抽出した純粋なエキスを50%もの高含有とした「世界初のサプリメント」です。薬学的根拠に基づいて企画開発された製品です。原材料のチョロギが非常に希少なため、限定1,000個のみの販売です。
※世界初:2019年1月31日現在


軽度認知障害(MCI)は「認知症の一歩手前」と言われる状態です。例えば、約束自体を忘れてしまうのが「認知症」、人に言われたり、メモを見て思い出すのが「軽度認知障害(MCI)」です。

超高齢社会と言われる現在、65歳以上の高齢者の4人に1人は軽度認知障害(MCI)もしくは認知症であると言われています。中でも軽度認知障害(MCI)は約400万人もいるとされ、4年以内にその約50%は認知症へ進行いたします。

MCIの早期発見には?

チョロギは、シソ科の多年草植物であり日本には江戸時代に中国から伝わりました。

日本の食卓でもその特徴的な形とともに親しまれており、この塊茎を塩漬けにしたり茹でたりして食べます。食感はユリ根に似て、味は生姜のようにピリッと辛い味がします。
古書『本草綱目』には「徐風破血、下気精神」とあり、外からの病の侵入から身体を守り、血の滞りを治し、気を静め精神を安定させる効果があると記されています。

チョロギは高さ60cmほどに育ち、6月~7月頃に薄い青紫の花を咲かせ、10月~11月頃に根にできる塊茎を収穫し食用とされています。塊茎は長さ1~3cm程度の巻貝のような形をしているのが特徴です。

チョロギサプリメントが全世界にもたらす恵み。
現在、日本国民の5人に1人は65歳以上の高齢者であり、今後ますますその割合は大きくなることが予測されています。そして、加齢によって発症のリスクが増す疾患は数多く存在し、心疾患・脳疾患のみならずガンにまで多岐わたります。また、米国では65歳以上の高齢者の内40%以上の人々が老人性難聴を発症しているとの報告もあるほど。

こういった状況の中で、•ガン •生活習慣病 •心臓疾患 •脳疾患などを含む多くの疾患に関与する「酸化ストレス」を軽減し、高齢者に対する健康維持に有益な効果をもたらすことが期待できるチョロギエキスは、日本国内だけでなく「全世界の高齢者とそのご家族を救う奇跡のエキス」です。

チョロギエキスが認知を予防し、軽減するものとして、これからの将来、一家にひとつなくてはならないものになります。


チョロギの効能は「認知機能(記憶力)サポート・脳梗塞症状の予防や改善の可能性がある」とされ、ラット由来の細胞を使用した「抗酸化酵素の誘導活性実験」、さらに京都府亀岡市内の瀬尾医院で実施されたヒト臨床試験でその有効性が改めて示唆されました。

そして、チョロギは体内で生じる「酸化ストレスの軽減」が期待できるという結論に至ったのです。
酸化ストレスは
•ガン •生活習慣病 •心臓疾患 •脳疾患
を含む多くの疾患に関与することが報告されています。そのため、チョロギは、「記憶力を維持したい」・「思い出す力を保ちたい」という認知機能(記憶力)サポートや、もの忘れ対策の予防や改善をされたい方におすすめです。

さらに、チョロギの代表的な機能である「酸化ストレスの軽減」の恩恵というものは実はとても多岐にわたります。「追い込み期の集中力が明暗を分ける受験生」・「プレゼンが付いてまわる会社員」・「常に的確な判断力と決断力が求められる経営者」など、脳機能をフル活用する場面や様々な職種の方を強力にサポートします。

■共同発案者
京都府亀岡市 ~NPO法人チョロギ村~

NPO法人 チョロギ村 代表 森 隆治
京都府・亀岡市生まれ
京都大学 薬学部卒業。京都府庁を経て、日東薬品工業株式会社 常務取締役研究開発本部長を務める。2016年にNPO法人チョロギ村を設立。

チョロギという名前に聞き覚えの無い方も多くいるかもしれませんが、チョロギに含まれる成分は『脳血管性認知症の予防/改善のための組成物』として特許(特許第6162536号)を取得でき、それは世界初の発見となりました。

私の母は85歳頃から認知症が進み、最後は私の顔を見ても分からない状態でした。その母の姿に非人間性を感じて大きなショックを受けました。

そこでチョロギのエキスを作り、大学と共同研究して薬理試験を実施し、人においても認知対策が期待できる可能性が高いに至りました。

私は、チョロギの加工食品やチョロギエキスを使った食品をぜひ多くの人に食べていただきたいと思っています。そして一人でも多く「健康で長生き」して欲しいと願っています。

GMP認定の国内(富山県)工場で安全性や衛生面においても国内最高水準の環境で製造しております。

さらに「脳血管性認知症の予防/改善のための組成物」として特許取得済み(特許第6162536号)・安全性試験実施済み・非遺伝子組み換え+ノンアレルギー原材料のみを使用など、安心・安全という観点でも高品質な製品になりますので、老若男女問わずどなた様でも安心してご使用いただけます。

※GMP認定とは

Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といい、GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求め、(公財)日本健康・栄養食品協会が認定を行います。


1日あたり12粒を目安に水またはぬるま湯とともにお飲みください。毎食後、間食後、就寝前など、1日あたり3~5回程度に分けてこまめにお飲みいだたくのことを推奨しています。



数年前から年齢を重ねていくにつれ、物忘れがだんだんとひどくなり、人の名前を思い出せなかったり、“タブレット”という言葉が出てこなくて「あれだよ、あれ!」と思いながら生活するのがつらいと感じていました……。そんな時に長老喜が認知症に効果があることが分かって、最初は半信半疑でしたが試してみることにしました。明確な効果が出るまでは少し時間がかかりましたが、根気強く続けたことで、今では人の名前もすぐにでてくるようになり、日常生活でとても助かっています。
(福島県の70代 Kさん) ※個人の感想であり効果効能を示すものではありません。


株式会社ロワイヤル・ソーマは、厳選された材料からつくられる健康食品やサプリメントを通して、国内外の人たちの健康増進、特に認知症の改善、記憶能力の向上を提供したいと考えております。それにより、日々皆様が健康体で、生活を楽しむための手助けをすることが、私どものミッションです。

当社がそれらの使命を果たすために一番大切にしていること、それは「家族との絆」です。認知症の発症者は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人に増加すると予想されます。そこにおいては、様々な家族間のケア、そしてそれに付随するサポートが必要になってくることは顕著です。

しかし、このペースで認知症発症率が進んでいけば、家族や施設の受け入れ態勢にも限界が訪れるものと推察されます。そして何より、発症者ご自身の罪悪感や家族のストレスも社会問題化しかねません。そこで、当社はサプリメントを通して認知症の緩和に貢献し、家族の絆、そして笑顔を未来へ向けて生み出していきたいと考えております。

そのための行動指針として、私どもは「安全性」「原材料へのこだわり」「徹底した品質保障」を何よりも大切にして参ります。飲用者の皆様が、心から「これを飲んでいて良かった」と思っていただけるようなサプリメントづくりと、皆様ひとりひとりに対するメッセージを大切にしていく心づもりです。

当社ロワイヤル・ソーマは、社会問題とも言える認知症の改善に寄与し、家族間の関係性がより豊かになることを、自社のあるべき姿として捉えております。そして、それをひいては国内だけでなく国外にも波及させていくことができれば、これほど嬉しいことはありません。

株式会社ロワイヤルソーマCEO
代表取締役 石田 優輝

 

会社名 株式会社Royal Soma (ロワイヤル ソーマ)
設立 2009年7月1日
代表者 代表取締役 石田優輝
本社住所
〒104-0061東京都中央区銀座8-11-5正金ビル2F
従業員数17名
お問合せ先 contact@royal-soma.com
資本金 5,000,000円
事業内容 サプリメントの開発、販売
顧問税理士 下村昇治
顧問司法書士 宮川靖
相談役 脇田尚揮
相談役 紀田翔一

【協力会社】
株式会社アップライズ
合同会社ミンストレール
合同会社LIKEWORKS

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください