2019/01/02 08:43

イノベーションドーナツ|松本です
皆さま、明けましておめでとうございます

新年のご挨拶も兼ねて、講演会「児童養護施設で育った子どもの未来を、他人事にしないため、まずは100人に伝えたい」から4ヶ月めのご報告です


講演が終わってこの4ヶ月は、イノベーションドーナツの活動を改めて考えなおした4ヶ月でした。※いろいろ考えた履歴はこちら

「無理のない支援」に挑んで2ヶ月経ったいま、思うこと。
講演から3カ月めの、備忘録


だけど、

自分が「出来ること」に焦点をあてて考えるんじゃなく、
自分が「見つめている人たち」に焦点をあわせて、

そのあとに、自分が「出来ること」を考えた方がいいな、と。


その結果、見つめていきたいのは、やっぱり、実親と暮らせない子どもたち。

その存在を知ってもらうこと、身近にすること。


そのために今年の目標は、ホップ-ステップ-ジャンプでいう、
「ホップ」の年にしたいと思っています。

善意の押し付けではなく、本当に必要な支援を、私にも、周囲にも無理なく、継続するには
どんなカタチがいいのかな、ということを考えつつ、いろいろ見極めつつ、

知識も経験も、そして軍資金も(笑)、蓄積していく年に。


三年後、我が息子が小学校入るまでにカタチにしたい未来に向けて
「準備」の年にしたいと思っています。

というわけで、新年最初にお知らせをひとつ。


昨年の講演会にもご参加くださった、
ジュンブライダル代表の前川順さまから、素敵なイベントをご案内いただきました。

「GETTOKNOWEACHOTHER」

1月13日(日)13時〜17時

社会的養護の当事者の声から知る、考えるイベントだそうです。
トークショー、映画上映、ダンス、ライブ、etc…どのイベントも特に気になりますが、私が知っている中で特にお勧めしたいのが、ご自身も児童養護施設ご出身の映画監督・西坂來人さんの映画「RAIL ROAD SWITCH」

参加費は無料です。私も知人と参加したいと思っています。


では今年一年が皆さまにとって、素敵な一年になりますように。

2019年もどうぞ宜しくお願い致します!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?