タシケント郊外の市民も利用する大きな墓地。その一角に第二次大戦終戦後、日本に帰る事なく現地で亡くなった抑留日本兵79名が眠る日本人墓地があります。
ここに絵本のウスタさんも眠っています。
かつて抑留兵だった菊池さんとともに、この墓地を訪れました。
現在この墓地を守っているホランさんのおじいさんパジルさんが、帰国叶わず亡くなった日本兵のためにこの墓地を作ったのだそうです。そして親子三代にわたりこの墓地を綺麗に整え守ってくださっています。


菊池さんは、かつての同士へ声をかけながら、慰霊塔にビールをふるまいました。その光景を見るわたしたちも無念のうちに亡くなった方々を想い、胸が詰まりました。
もしウズベキスタンに行かれる事がありましたら、是非この墓地に足を運び、眠っている79名の日本兵に手を合わせるとともに、手厚く葬ってくださっている現地の方に感謝を伝えていただきたいと願います。

コメント