Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

スラムの女の子との出会い。インドでゲストハウスを始めるという決断。

5a148911 b654 4578 82a8 67d40aba16f5.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
895,000円
パトロン数
84人
募集終了まで残り
終了

現在44%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2017-12-01に募集を開始し、84人の支援により895,000円の資金を集め、2018-02-17に募集を終了しました

スラムでは清掃員として低賃金で働き、かつ不衛生な環境で生活せざるを得ない人たちがたくさんいます。私は首都デリーでの旅行者向けゲストハウス運営を通して、一人旅の女性でも安心してインド旅行ができる空間・サービスを提供しつつ、同時に低所得者層の人材の価値向上に貢献したいと考えています。

5日間で400,000円突破。感謝いたします。

5a26a640 f788 4d31 9de9 3a720aba16f5.png?ixlib=rails 2.1

【インド3日目!】

こんにちは!

クラウドファンディング5日目にして400,000円を突破いたしました。

ご支援や応援していただきとても感謝です。

インドに来て3日目、様々な方にアポイントメントを取ってお会いし、いろんな収穫がありました。

昨日はインドで日本食が手に入るコンビニとして親しまれている大和屋にてお話いただきました。インドで十数年働いておられる方で、ビジネスをする上でのインド人との付き合い方や難しさなどをご教授いただきました。

その後、Happy Hunterというインドのダージリン地方にあるマカイバリ茶園の紅茶を扱う、デリー市内の有名な紅茶専門店に訪れました。リターンのためのチャイセットを購入し、日本に持ち帰ります。

また本日は英語留学やIT留学を推進しているMISAOの事業家の方にお説教をいただきました。ビジネスの構成が甘い、バリューが不明瞭でわからない、法的な問題はプライオリティが高いなど。。。ここまで鋭い意見をいただけることに感謝です。

これから皆さんにより共感していただけるよう、また自分の活動が最大限活かせるようなビジネスモデルの構築、サービス提供を改めて考えていきたいと感じました。

今後とも一生懸命精進してまいりますので、ご支援・ご教授よろしくお願い致します。