2017/08/17 12:24

少し時間差ありますが、メンバーの笹尾より2日目のレポートが届きましたので紹介します。

==
ガザ現地にきております笹尾です!ガザ入域してからはやくも4日が経ち、GEC2017の2日目が終了しました。

 

2日目は、朝から全10チームのプレゼンテーションが行われました。各チーム、10分間でビジネスアイディアを発表し、その後10分間のQ&Aセッションで審査員からの質問に答えます。

 

因みに、今年度の審査員はガザと日本からそれぞれ3名の合計6名。ガザ側はUNRWAガザ職業訓練学校のJamil Hamadd(ジャミール・ハマッド)校長、ハンユニス職業訓練学校のGhassan Abu-Orf (ガッサン・アブオーフ)校長、UNDPガザ事務所プログラムコーディネーター Abeer Al Yazji(アビール・アル・ヤッジ)さん、日本側からはUNRWA保健局長の清田先生、ARUN合同会社の功能聡子さん、そして私です。尚、審査に於いては実効性、持続性、クリエィティビティ、公共性の4点を評価します。

 

先日の記事でご紹介した通り、10チームのビジネスアイディアは様々な分野にわたり、また各チームのビジネスステージも多様で、中には既に製品を販売し、黒字化できているチームもあります。審査員からは「受益者は誰か」「どのように今のビジネスを拡大する予定か」「どんなソーシャルインパクトを与えられるのか」等たくさんの質問が投げかけられました。

 

私も審査員のひとりとして10チームのアイディアを聞き、スコアリングさせていただきましたが、各チームのサービス/製品を正確に理解し、またその根底にある社会への問題意識に耳を傾け、その上で上記4つの観点で評価を下すのは想像以上に難しいものでした。もっともっと彼らの考えを深く聞いた上でジャッジできればと思いましたが、わずか3日間のビジネスコンテストですのでそうはいきません。各審査員が熟考の末につけたスコアを集計し、明日のファイナルプレゼンテーションに進む6チームを選出しました。集計にあたっては審査員の間でも各ビジネスアイディアに対する熱い議論が繰り広げられました。

 

明日はいよいよGEC2017の最終日。

一体、ファイナリス6チームのうちどのチームが優勝し、来年3月に行われるジャパンツアーの切符を手に入れるのか。

 

東京でも中継イベントによりファイナルプレゼンテーションの熱気をお届けします!是非日比谷に足を運んでいただき、優勝者決定の瞬間を一緒に見届けてください!

 

[プレゼンをする参加者(Ana Arabi)]

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?