5b598567 a0e4 492e 8aaa 4c690aae07a2.png?ixlib=rails 2.1

*「名医とつながる!たけしの家庭の医学」2018.7.24にて。
禅寺の住職がきれいな姿勢を保つのは坐蒲による効果が大きいとテレビで紹介!

≪「zafuざふ」は、坐禅時に使用するだけでなく、空気量を調整することで、テレビで紹介された「巻きタオル簡易坐蒲」にもなる優れものの坐蒲です。≫

《テレビ内容振り返り》

つまずき・転倒を防ぐ科

出演者がつまずいた経験を話した。背骨のエキスパート白土修先生は建国な背骨はS字状で体に負担がかからない、腰の背骨はまっすぐになりやすいと説明した。背骨がまっすぐになった状態をゲストが体験しつまずきやすくなる理由を白土先生が解説。前かがみになり骨盤が倒れ膝が出る。膝が曲がるとバランスが崩れすり足、歩幅が狭くなる。背骨がまっすぐになったらどうすればいいのか。

見事なS字を保つ背骨賢者の深澤さんはどうやってS字を保っているのか。その謎を探るため自宅を訪問。深澤さんは禅寺の和尚。座禅の様子を拝見するときれいな姿勢を保つ。禅寺の住職がキレイな姿勢を保つのは座布による効果が大きい。座布による正しい姿勢が背骨に負担のかからない姿勢を維持する。座布の理論に医学界が注目し背骨改善に取り入れている。白土先生は身近なもので座布を代用できると話す。使うのはバスタオル。そのやり方を紹介。

バスタオルを巻きタオルにして簡易座布を作り椅子のお尻側に置いてお尻の後ろ半分が乗るように座ると、骨盤が立ち背筋を伸ばしやすくなる。出演者が巻きタオルを試した。この座り方を続けると背骨がS字になる。腹筋と背筋のバランスが乱れている後藤浩行さんに巻きタオル改善法はどれだけ効果があるのか検証。仕事机で作業開始。背中を丸める姿が背骨変形の最大の要因。3時間前傾姿勢のまま。後藤さんは前傾姿勢の生活が続き背骨が変形したと考えられる。

◎ご購入はこちらまで。
【販売元・価格 案内】
◇販売元◇

〇シマーズ〇
http://www.shimars.co.jp/
03-6222-8360
info@shimars.co.jp

〇ZENstyle〇
http://zenstyle.theshop.jp/categories/697965
info@zenstyle.jp

◎情報サイトはこちら
https://www.facebook.com/zafuanrakuzazen/
http://bosan32000.wixsite.com/sinsindo
https://camp-fire.jp/projects/view/19244

コメント